Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

書籍

ようこそ実力至上主義の教室へ10

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ10」です。 今回は退学者を強制的に出すための試験が行われます。ルールは各クラスで賞賛すべき生徒を3人、批判すべき生徒を3人選ぶというもの。賞賛票が首位になった生徒には報償が与えられますが、最下位は退学に…

ようこそ実力至上主義の教室へ9

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ9」です。季節はバレンタインなのでチョコレート話も出てきます。 軽井沢の抱えているトラブルは龍園を潰した時点で一応の解決を見たため、軽井沢が平田とカップルを続ける理由は消滅しています。そこで二人がフリ…

ようこそ実力至上主義の教室へ8

今日は「ようこそ実力至上主義の教室へ8」です。 今回は混合合宿、林間学校みたいなものです。混合というのは学年・クラスを越えた混合チームで競うというところです。高円寺が相変わらず我が道を行くというのが面白いです。イノシシ追いかけるって何なんで…

ようこそ実力至上主義の教室へ7.5

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ7.5」です。 今回は7巻で龍園が表舞台から転落した後の伏線張り、ってところでしょうか。クリスマスなので、Wデートとか、学園モノっぽいイベントもあります。 それにこの伝説の木の下ってなに? (p.32) その種のイ…

ようこそ実力至上主義の教室へ7

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ7」です。 今回は龍園と綾小路の対決です。女の子は新キャラ椎名さん登場。綾小路の父親も登場します。これはラスボスっぽいですね。まだ最後まで読んでないから知らないですが、CLAMP流なら最後に裏切る役です。St…

ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 中

今日の本は「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 中」。実は結構前に読んでいるんですよね。 この巻は地下4階まで進みます。暗黒領域とか出てきます。そういえば、Wizardry のマップとか絶対に作ったはずなのですが、どこにあるのでしょう…

ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 上

今日の本は「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》 上」。 死の迷宮の攻略に挑むパーティーの話です。ゴブリンスレイヤーは出てきません。ゴブリンスレイヤー本編にもブルーリボンの話が出てきましたが、この世界は Wizardry の世界をかなり…

ようこそ実力至上主義の教室へ6

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ6」です。 今回は試験バトル。クラスで作成した問題を他のクラスに解かせる、というガチの学力勝負です。というのは表向きで、裏では櫛田と堀北の退学を賭けた勝負が進行中。というのもさらに裏があって、真のボス…

ようこそ実力至上主義の教室へ4.5

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ4.5」です。 細かいのを除くと夏休みのエピソードが5話、ショートストーリーで入っています。この中の「他クラスとの交流会」はプールの更衣室盗撮の話、アニメ化されています。水着回はDVDの売り上げも上がるので…

ようこそ実力至上主義の教室へ5

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ5」です。 今回は体育祭。定期的なイベントですが、ペナルティとか特別報酬があるのは特別試験とあまり変わりません。1、2位を取った生徒は定期試験の得点に加点してもらえるボーナスがあるので、体力自慢の生徒が…

ようこそ実力至上主義の教室へ4

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ4」です。 今回も特別試験ですが、ちょっとルールが分かりにくいです。 A~Dの4クラスから各3~4名が参加して十数名のグループを作ります。この中に一人だけ優待者がいて、それが誰かを当てる、というのがミッショ…

ゴブリンスレイヤー12

今日の本は「ゴブリンスレイヤー12」。 今回はいつものパーティの女性だけ、男性だけがチームを組んで行動します。いつものキャラはそれぞれのパーティーで別々の冒険に出ています。 棍棒剣士と至高神の聖女と白兎猟兵が組んだ初心者パーティーは、ゴブリン…

ゴブリンスレイヤー11

今日の本は「ゴブリンスレイヤー11」。 今回は女商人と砂漠を旅します。最後はいつものパーティーでドラゴンと戦ってあわや全滅の危機。流石にゴブリンとドラゴンでは格が違うようです。 ストーリー紹介【なにが】はこれ位にして、あまり関係ないところをい…

ゴブリンスレイヤー10

今日の本は「ゴブリンスレイヤー10」 今回は葡萄園の警備の話から始まります。もちろんゴブリンの足跡があるので警戒するという話に続くのですが、ゴブリンゾンビとかチャリオットとか出てきて苦戦します。 ならず者の集まるローグ・ギルドで情報収集しよう…

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神

今日の本は「夢をかなえるゾウ2」。 今回の主人公は34歳の売れない芸人、西野勤太郎。いきなり300万円の借金を背負わされ、ガネーシャとコンビを組んで優勝賞金1千万円のゴッド・オブ・コントの優勝を狙うというストーリーです。 西野は才能ナシのあがり症、…

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

今日の本は津田 久資さんの「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」。ビジネスマン向けの、論理思考の紹介本である。かなり読みやすい。 冒頭のツカミの所で、まずクイズが出てくる。テレビ番組の「人気のパンランキング」で、3位はあんパン、2位はメロンパン…

ゴブリンスレイヤー9

今日の本は「ゴブリンスレイヤー9」。 今回は、ゴブリンスレイヤーは牛飼娘と2人だけで行動中にゴブリンに襲われて大ピンチです。いつものパーティーの他のメンバーは氷の魔女と戦うという、それはそれでキツいバトル。 弱肉強食というのは世界を巡る偉大な…

ゴブリンスレイヤー8

今日の本は「ゴブリンスレイヤー8」。このシリーズ、表紙をめくって出てくる最初のカラーページの絵が、表紙とちょっとだけ違うのですが、それがどうしたと言われても(笑)。 今回は剣の乙女が都まで行くということで、護衛を依頼されます。いつものチームが…

ゴブリンスレイヤー7

今日の本は「ゴブリンスレイヤー7」。 今回のあらすじ。妖精弓手の姉が結婚するという知らせが来て、いつものパーティのメンバーと、牛飼い娘、ギルドの受付嬢がエルフの国に招待されます。そのまま結婚式と思いきや、やはりゴブリンが出てくるのです。 今回…

ゴブリンスレイヤー6

今日の本は「ゴブリンスレイヤー6」。 今回のゲストは少年魔術師。ゴブリンだけを退治したいという変わった少年です。パーティも組まずに一人でやると聞いたゴブリンスレイヤーが、 「馬鹿げている」 (p.69) おまえがいうな的なセリフですが。 女神官が昇給…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2

今日の本は「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2」。 孤電の術士という、何かエロい女魔術師がメインゲスト。かなり強烈な人です。ゴブリンスレイヤーと組んでゴブリン退治をすることになり、それと並行して、魔女と槍使いがパーティを組むようになるエピソ…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

今日の本は「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン」。ゴブリンスレイヤーが新人冒険者になった頃の話です。 グダグダになる初戦とか、キツい戦いが出てきます。鉱山で大百足を退治する話には、若い頃(?)の重戦士、女騎士、槍使い、魔女など出てきます。本編の…

ゴブリンスレイヤー5

今日の本は、ゴブリンスレイヤーの5巻。この巻は「ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-」というタイトルでアニメ化されています。 令嬢剣士がゴブリン退治に行って帰ってきません。この令嬢を助けてゴブリンを退治するというのが今回のミッション。雪山にあ…

ゴブリンスレイヤー4

今日の本は「ゴブリンスレイヤー4」。 10個のショートストーリーが入っています。第1章のエピソードはアニメの第5話に埋め込まれています。 第5章「彼がいない日のお話」は、牛飼娘、女神官、ギルドの監察官、受付嬢、妖精弓手(エルフ)、といった女性キャラ…

ようこそ実力至上主義の教室へ3

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ3」です。 この巻はアニメの後半で放送された、無人島サバイバルです。アニメを先に見ているので謎解きができなかったのが残念。今回はクラスメートと交流を避けがちな堀北が集団生活を頑張ります。とはいっても結…

ようこそ実力至上主義の教室へ2

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ2」。 アニメとちょっと違う流れのところもあります。今回は須藤がやらかして停学の危機に陥りますが、これを綾小路達がうまく相手ハメて対処するというストーリーです。櫛田と堀北のピリピリした緊張感も面白いで…

ようこそ実力至上主義の教室へ

今日の本はラノベで、「ようこそ実力至上主義の教室へ」。アニメは昨年紹介しています。とはいえ殆ど何も紹介していませんが(笑)。 ざっくり背景世界を紹介しておくと、外の世界と隔離された高校で3年間生活して、最下位のクラス、D組から下剋上していく、と…

ゴブリンスレイヤー3

今日の本はゴブリンスレイヤーの第3巻です。 ゴブリンスレイヤーはダブルデート。モテモテですね。ハーレム属性のラノベではなかったと思ったのですが、実はそうでもないのか。 今回は女騎士が露出系のアーマー【謎】に悩んだり、面白いシーンが結構あります…

ヘヴィーオブジェクト 七〇%の支配者

今日はヘヴィーオブジェクトの8冊目、「七〇%の支配者」です。 最初から最後までゲリラ戦ですが、メインは水中戦です。伏線だらけだし、AIまで出てくるし、訳がわかりません(笑)。ゲストキャラのマリアージュもいい味出していますね。 ところで、深海で電波…

1/2の騎士

今日の本は初野晴さんの「1/2の騎士」。 主人公は女子高生、マドカ。レズです。この主人公が少女だと思って恋した相手が何と男でした。女装が好きな少年、しかも幽霊、名前はサファイヤ。名前はリボンの騎士から取ったらしい。 ぼくの見る夢は秘密だよ、だれ…