Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

ようこそ実力至上主義の教室へ10

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ10」です。

今回は退学者を強制的に出すための試験が行われます。ルールは各クラスで賞賛すべき生徒を3人、批判すべき生徒を3人選ぶというもの。賞賛票が首位になった生徒には報償が与えられますが、最下位は退学になるという恐怖のイベントです。今回はルールが分かりやすいので読みやすい。

そうなると反感を持たれている葛城と龍園は大ピンチ、ていうか退学確定モードになるわけですが、そう簡単に話は進みません。今回の一番の見どころは、龍園を退学回避するところ。

退学候補といえば自己中の高円寺もそうですが、票を誰に入れるべきか、クラスメートに釘を刺します。

本当に必要なのは秘めた実力だよ
(p.52)

実力のある生徒を退学にするとクラスの今後のためにならないという主張、だから実力のある高円寺は退学にすべきではないというロジックです。人間がそんなに合理的に判断するのかという点については疑惑がないわけでもない。

ヒドい試験だと文句続出ですが、茶柱先生は当たり前のことを言います。

社会に出れば誰かを切り捨てなければならない事態というものは必ず訪れる。その時はトップや管理職の者がその鉄槌を下さなければならない。
(p.205)

まあそうですね。トップが責任とって退陣、というパターンもよくありますが。

今回気になったセリフとしては、龍園から伊吹へのこの言葉は面白いですね。

おまえは強いが、俺に言わせれば隙も多い。
(p.224)

確かに。達人になれば隙もないのかもしれませんが、中途半端に強い者ほど何かと隙があるものです。力で何とかなると考えてしまう、あるいは力を出すことに集中しすぎてそこが隙になる。

Aクラスの司令塔、坂柳のこの行動も実に興味深い。

神室に対して、坂柳は半分真実、そして半分嘘を教える。
(p.242)

情報を全て伝えることほどバカな話はないのです。

で、今回の一言。

目と目を見れば、信用できるかどうかはある程度判断することが可能だ。
(p.308)

これはとても危険な技です。「ある程度」といううのがポイント。素人はやめておけと忠告しておきます。


ようこそ実力至上主義の教室へ10
衣笠彰梧
トモセ シュンサク イラスト
MF文庫J
ISBN: 978-4040655062

ようこそ実力至上主義の教室へ9

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ9」です。季節はバレンタインなのでチョコレート話も出てきます。

軽井沢の抱えているトラブルは龍園を潰した時点で一応の解決を見たため、軽井沢が平田とカップルを続ける理由は消滅しています。そこで二人がフリーになった途端、女子に人気のある平田の争奪戦が始まります。この学校の生徒にそんなことをしている余裕があるのか、というと、

「明日の保証がないからこそ、今を全力で楽しんでいるのかもしれないだろ」
(p.36)

刹那主義というのもありますね。仕事が忙しい人ほど chat に出てくるという説もあります。ストレスが原因のようです。

しかし、今回のメインのシナリオはバレンタインではなく、Aクラスの坂柳がBクラスの一ノ瀬を潰しにかかるというもの。

7巻のようなガチの殴り合いではなく、手は出さない情報戦です。噂を流す側と無視する側のメンタルの戦いです。これに一ノ瀬はなかなか乗ってきません。

Bクラスをかき乱すための坂柳さんの戦略。その唯一の攻略法は、沈黙にあると思ってるから
(p.88)

炎上に対する攻略は無視という説もありますね。

一ノ瀬が乗ってこないため被害者からの相談がない学校としては対応できない。悪い噂が流れているだけでは動く理由がない。そこで綾小路はさらに噂を上乗せして学校を動かすという作戦を実行します。その時に使うのが、学校が用意した掲示板。

生徒たちが自由に利用できる掲示板がある。ただし携帯には様々な使いやすいチャットアプリがあるため、99%利用されていない

ありがちな話です。使い勝手以前に、学校の用意している掲示板なんて監視されているに決まっているので書き辛いでしょう。

今回流される噂は「一ノ瀬は犯罪者」というものですが、

「犯罪者だからって悪人とは言えないし、犯罪者じゃないから善人だとは言えない」
(p.108)

悪人を定義する必要はあると思いますが、後半は特にその通りですね。

本巻の終盤で坂柳は綾小路に勝負を挑みます。次の試験の順位が上の方が勝ち。坂柳は負けたら退学、勝ったらCクラスの黒幕が綾小路であることを公表する、というもので、後の話の予告編(笑)です。

今回、綾小路は櫛田と取引をして情報を聞き出していますが、櫛田いわく、

表面上はニコニコして仲良くしても、裏じゃ皆誰かを嫌ってる。罵り合ってる。それが普通。
(p.239)

女子はそういうものだと言うのですが、リアルの世界はどうなのでしょうか。


ようこそ実力至上主義の教室へ9
衣笠彰梧
トモセ シュンサク イラスト
MF文庫J
ISBN: 978-4040651576

ようこそ実力至上主義の教室へ8

今日は「ようこそ実力至上主義の教室へ8」です。

今回は混合合宿、林間学校みたいなものです。混合というのは学年・クラスを越えた混合チームで競うというところです。高円寺が相変わらず我が道を行くというのが面白いです。イノシシ追いかけるって何なんですかね。

合宿で学ぶ項目なんですけど、

『道徳』『精神鍛錬』『規律』『主体性』
(p.24)

何をするかこれではよく分かりません。座禅を組んで作務をするとか。

ストーリーはおいといて、気になったところをいくつか。

社会の前では無個性でいろ、ということではない。個性を出すのは自由だが、社会に出るからには相手を思いやる気持ちを絶対に忘れてはならない、ということだ。
(p.115)

思いやるというのは微妙な表現です。相手が何をしたいのか自分勝手に想像してそれに基づいて行動する、というのがその正体かもしれません。他人の考えていることなど、分かるわけありません。自分の行動パターンを相手に当てはめるしかないのです。

十牛図
(p.116)

これ昔、ハマりました。牛にしたのは十牛図ができた当時の時代背景としては当然かもしれませんが、今は牛を飼う家が少ないし、当時のような飼い方でもなさそうなので、殆どの人にとってはピンと来ないのではないかと思います。十猫図【謎】の方が分かりやすいかも。

休憩中に親睦を深めるためにトランプ勝負というシーンがあります。何も賭けないのは面白くないので食事当番を賭ける、という流れになるのですが、生徒会長の南雲はイカサマを仕込みます。

開封から開けたトランプだが、南雲は最初にディーラー役を務めた際に、ジョーカーへとマーキングしたのだろう、細工が施されてあった。
(p.150)

かぐや様は告らせたい」にも書記のイカサマが炸裂するシーンが出てきますが、最近の高校生のカードゲームではイカサマが普通に行われているのでしょうか。

今日の一言は、

頑張った人間が成功報酬を得る。それは社会では当たり前のことだ。
(p.39)

実世界はそう単純ではないですけどね。


ようこそ実力至上主義の教室へ8
衣笠彰梧
トモセ シュンサク イラスト
MF文庫J
ISBN: 978-4040698618

雑記

今日は鹿肉バーガーを食べたので雑記にします。

以前から気になっていたのですが、今日はたまたま待ち行列もなかったので買ってみました。ちょっとお値段が高いですが、美味かったです。

昨日の投稿で「100点満で」となっているというご指摘があったので確認してみると、質問が既にそうなっていました。保存したページをコピペしただけなのですが、細かいところに気付きませんでした。

知恵袋は結構面白い質問が多いです。自分の考え方がいかに狭いものか、思い知らされます。

今日見た感動の質問は、今はメガネをかけているが、大学に入学するまでにコンタクトレンズにする予定。メガネをかけたままの写真が学生証になっても問題はないか、というもの。ベストアンサーは、メガネを外して写真を撮ればいいのでは、というもの。

そういうことは自分で気付いて欲しいですが、意外と盲点かも。

ようこそ実力至上主義の教室へ7.5

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ7.5」です。

今回は7巻で龍園が表舞台から転落した後の伏線張り、ってところでしょうか。クリスマスなので、Wデートとか、学園モノっぽいイベントもあります。

それにこの伝説の木の下ってなに?
(p.32)

その種のイベントもあるのか。ときめもって最後にプレイしたのいつだろ?

ところで、面白いと思ったのは綾小路の趣味。映画鑑賞なのです。

様々なことに興味を持つことは意外と大切だ。オレにとって映画鑑賞は、趣味になりつつあった。
息抜きに最適なうえ、新しい知識を吸収することが出来る。映画で様々なモノに触れることで好奇心を刺激されることもしばしばある。
(p.71)

そういえば「はたらく魔王さま!」の趣味も映画鑑賞でした。映画というのは住民の共有している知識という機能もあるので、異世界人が未知の社会を理解するには好都合、といったところでしょうか。綾小路は異世界人ではありませんが。

今回は伊吹がやたら絡んできます。 映画館で伊吹と出くわすシーンとか、倉庫に閉じ込められるシーンとか。伊吹はいろいろ納得していないようで、結局綾小路に勝負を挑んで軽くあしらわれますが、何でそんなに強いのか綾小路に訊ねて返ってきた言葉が、

日々の鍛錬を繰り返す。
(p.107)

軽いジョークということになっていますが、反論の余地がありません。

他にちょっと気になったのが、このセリフ。

中学が終わったら義務教育も終わりって言うけどさ、実質高校までが義務教育みたいなものじゃない? 中卒だと何かとバカにされちゃうわけだし
(p.234)

佐藤の言葉。今回は佐藤が告るシーンもあります。個人的には中卒よりも、中卒レベルの学力もない高校生の方がよほどバカだと思います。ちなみに、大学受験カテゴリで最近あった質問を紹介します。

「34問中7割って何問くらいですか?」
「20問中6割正解で合格だと、何問解ければいいのでしょうか?」
「100点満で200点換算する時、何点取れば150点なんですか」

これが大学を受験する高校生の学力というのが現実なのです。高校が実質義務教育という前に、何かすることがないのでしょうか。


ようこそ実力至上主義の教室へ7.5
衣笠彰梧
トモセ シュンサク イラスト
MF文庫J
ISBN: 978-4040696751

ようこそ実力至上主義の教室へ7

今日の本は「ようこそ実力至上主義の教室へ7」です。

今回は龍園と綾小路の対決です。女の子は新キャラ椎名さん登場。綾小路の父親も登場します。これはラスボスっぽいですね。まだ最後まで読んでないから知らないですが、CLAMP流なら最後に裏切る役です。StarWars のダースベーターみたいな雰囲気があります。

龍園はまだDクラスのラスボスXが綾小路だと特定できていません。そこで直接探りを入れるために高円寺に接触します。もちろん高円寺は全く動じません。いつものペースです。

常識が通用しないっていうのは、ある意味最強だよな。
(p.178)

何をすればどう動くか想定した対策ができませんからね。龍園が出した結論は、

コイツは俺とは違う方向に狂った人間
(p.168)

どっちもあさっての方向という点は変わりません。

今回の一言はこれ。

蓋を開けてみると案外大したことないケースがほとんどだ。
(p.66)

案ずるより産めよ、ヤスシ【謎】ってね。


ようこそ実力至上主義の教室へ7
衣笠彰梧
トモセ シュンサク イラスト
MF文庫J
ISBN: 978-4040694580

例のアレ

f:id:Phinloda:20211203120944j:plain

電線の上の猫(?)

なぜ写真に取らないと言われたので、実は撮影してあるのですがデータ転送とか面倒だったので。とりあえず、謎の物体にしか見えませんがこんな感じです。暗い室内から窓越しの撮影で、スマホが斜めを向いているので上下軸が傾いています。

最新の iPhone とか Xperia だと暗くても綺麗に撮れるのでしょうか。