Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

神様のスイッチ

今日紹介するのは藤石波矢さんの「神様のスイッチ」。アクションというかバイオレンス?

ヤクザの抗争に警察が絡んできて大変なドンパチ騒ぎになるのですが、登場人物ごとに視点がどんどん切り替わる構成で、非常にテンポ良く話が進んでいって、ハッと気付いたら終わっていた、みたいな。

ストーリーは今回おいといて、バックグラウンドが東京なので近所感があったので、そこに注目してみます。といいつつ最初はスタバの話。私はスタバによく行く派なのです。今日も2店言ってますが、コーヒーがどうというより、パソコンを使いながら、スタバに集う人の話をこっそり盗み聞きするのが趣味なのです。いろいろ面白い人が多いのです。

ところで、スタバというと注文が難しいという伝説もありますが、

和寿が「ホットコーヒー」と言った時は拍子抜けした。
(p.11)

そういえば私はホットコーヒーと言って頼んだ記憶がありません。いつもは「ドリップのトール」なのです。これだとホットかアイスか問われることがあるのですが、ホットコーヒーと注文したらドリップのホットに決まっているからその方が情報量が多いわけです。試しに一度「ホットコーヒー」と言ってみましたが、ちゃんと想定通りのものが出てきました。

てなわけで東京巡りになります。

浜松町駅から徒歩五分。メニューの豊富さが売りの居酒屋『腹くちい』は、
(p.33)

浜松町は実はかなり詳しいのです…と言いたいところですが、案外広いので、狭い範囲の知っているところしか知りません。ちなみに、先日の日曜には浜松町の吉野家で牛丼を食べました。日曜夜だと客が全然いない、ていうか私の他に1人しかいませんでした。24時間営業です。ちなみに平日昼は混雑しているはずです。

『腹くちい』を出て大門駅に向かいながら
(p.115)

浜松町と大門は、地理的にほぼ同じ場所です。浜松町はJR、大門は都営地下鉄浅草線大江戸線が交錯しています。

東京モノレール浜松町駅北口前に、喫煙所がある。
(p.133)

羽田空港に出るにはJRならモノレール、浅草線京急と直結しているので便利な場所なのですが、

大江戸線大門駅の入り口近く、屋外に設置された喫煙所で
(p.124)

はて、どこですかね? A6出口の方でしたっけ。ちなみに大江戸線大門駅は最近、といっても半年ほど経っているかもしれませんが、日本生命浜松町クレアタワーというビルが完成して出入口が1つ増えています。屋外のエスカレーターが特徴です。

大門を離れて、次は高田馬場へ。

高田馬場で美味しいパン屋を見つけたんです」
(p.76)

馬場は学生の頃は結構行きましたけど、とはいってもゲーセン位しか知らないですけど、その後は殆ど行ったことがないと思います。目白に一時期住んでいたので、それなりに土地勘はあるのです。

二駅で中井駅に到着した。
(p.109)

高田馬場からは西武新宿線で2駅目。ちなみに間の駅は下落合です。私はさらに1つ先の新井薬師駅に、昔、割とよく行ったことがあったので、このあたりも何となく分かります。ただ、ここも最近はあまり行きません。二十年ほど前でしょうか。

春日井くんの家って、光が丘じゃない
(p.125)

光が丘は大江戸線の終点の駅。

光が丘。ショッピングモールも公共施設も充実していて、住むには不便のない街だ。
(p.282)

高層マンションが林立していて、抗争話にはもってこい…というわけではないですけど。広い公園もあって、桜の季節は賑やかになります。この本には「住民の高齢化が進んでいる」と書いてありますが、どうも妙に詳しいですね。確かにドトールとか入るとお年寄りが多いことに気付きます。ただ、比較的早い時間に閉店する店が多かったと思います。

電車は国立競技場駅に停車し
(p.138)

これも大江戸線の駅です。サッカーなどの試合がある日には超絶大混雑します。

ハッと目が覚めたのは、練馬駅に電車が停まる瞬間だった。降りるべき中井駅は三つ手前だ。
(p.181)

寝過ごしちゃいましたね。大江戸線に乗ると分かりますが、寝ている人は異様に多いです。リニアモーターの磁気が人間を眠らせているような気がします。練馬駅は降りる人が多いので、人の動きで目が覚めたりします。とはいえ最近は寝ないでスマホを使っている人がとても増えました。中井からは、落合南長崎新江古田、その次か練馬です。ちなみに「江古田」と「新江古田」を正しく発音できるのは地元の人か鉄道マニアです。

次は車の移動ですが、こんな感じ。

緊急通報が入ったのは、南千住から上野に引き返し、谷根千方面に流そうとしていた時だった。
(p.188)
GPSで追跡したトラックは四谷方面に走行する。
(p.200)
池袋駅近く、明治通りを走行中に
(p.229)

池袋は先日の暴走車のニュースでまた有名になりましたが、何か呪われた街のような気がします。以前も暴走車が歩道に乗り上げて事故っているし、その前は無差別殺人事件がありました。デュラララ!!の聖地にもなっていますが。

新大久保にある焼肉店のホールで
(p.249)

言わずと知れたコリアンタウンです。焼肉系の店が多いとの噂ですが、私は新宿拠点なのですが、新大久保には十年以上行ったことがないと思います。

秋葉原駅浅草橋駅の中間地点、神田川の岸に沿うように
(p.254)

秋葉原も最近行ってないですね。最後に行ったのはまさかのメイドバーかもしれません。行くと浦島太郎になりそうな気がします。

ちょっと気になったのが、ここ。

〈実はみらべるで材料買ってました〉
みらべるはうちの近所にあるスーパーだ。
(p.182)

みらべるって、いくら何でもローカルすぎるネタのような気がしますが、中井にあるスーパーです。東京に約10店舗展開しているようです。雰囲気的には少しアットホーム的な、昔ながらのスーパーといったところでしょうか。気になる人はググってみてください。

f:id:Phinloda:20190428122215j:plain

みらべる

最後にいい言葉を一つ紹介します。

「八方美人というのは楽じゃないだろ。一方に美人でいるだけでも大変なのに、君はすごいよ」
(p.59)

確かに(笑)。個人的には特定の方向だけ向いているというのは、それだけにキツいという感じもしますけどね。

 

神様のスイッチ
藤石 波矢 著
講談社タイガ
ISBN: 978-4065143087