Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

君の膵臓をたべたい (2)

「君の膵臓をたべたい」の感想が(つづく)で中断していたので、今頃ですが、10月2日の続きです。

この物語の主人公は「僕」です。名前は最後まで出てきません。性格がかなり暗いところは個人的に似ているのか、「僕」という表現に何か親近感があります。まだ映画やアニメは見てないので、名前が最後まで出てこないという特徴をどう処理したのか気になっています。

こういう時、僕は嘘をつくことをためらわない。
(p.47)

これは、桜良と仲がいいのか訊かれて「べつに」と答えたことを指しているのですが、いつも嘘をつくわけではなく、TPOに応じて嘘をつくというのは賢い生き方なのでしょう。無意識に、本当のことだと思い込んで嘘をつくような人はいても、嘘をつかない人間はいないでしょう。

孤独派というと、最近のラノベではよくあるキャラかもしれませんが、

その点交友関係がない僕は、人を傷つけるようなことはしない。
(p.105)

人と干渉しないから傷つけなくて済むという発想は、阿良々木暦のようです。私も一匹狼派なのかもしれませんが、干渉しなくても勝手に他人を傷つけることは結構あったような気がしますね。勝手に誤解して勝手に自爆されても困るというか、干渉しても結局同じなら、どうしようもなので、どうでもいいという結論になってしまうのですが。

こんな「自分のルール」もあります。

僕は手に入れた本は順番に読む
(p.171)

FIFOのようです。私は割とランダムアクセスで、しかも並行処理しています。今も数冊並行して読んでいるので頭の中がごちゃごちゃです。

YouTube によれば、日本人が帰宅したときに「ただいま」というのが外国人には不思議なようですが、そんなシーンが出てきます。

誰もいない空間に元気に挨拶するのは頭のおかしい人だよ
(p.146)

これに対して桜良は家に挨拶したと反論します。家神様に挨拶しているという説もあるようです。日本にはたくさん神様がいますから。そういえば、外国人が日本で暮らしていると Oh my God! と言わなくなるらしいです。God って単数ですからね。

桜良とゲームをするシーンで、ゲームの説明が出てくるのですが、

最初は、格闘ゲームをやった。コントローラーのボタンを押すだけで画面の中の人間が簡単に相手を傷つけ、傷つけられる様を楽しむという、極悪非道なあれだ。
(p.148)

なかなかいい表現です。この種のゲームにはヴァーチャルな世界で極悪非道なことを実行することで、現実世界で実行することを避ける効果がある、と考えられています【本当?】。

「僕」はロジカル人間なので、多数だと正しいという確率的なソリューションは否定的なようです。

僕は、心底呆れる。どうして彼らは多数派の考えが正しいと信じているのだろうか。
(p.177)

いっそ「多数派が正しい」という定義にしてしまえば丸く収まるような気もします。全ての人が同じ妄想を見るとき、それは現実になる、と吾妻ひでお氏も言ってます。

彼女に僕の価値観を理解してもらおうとは思わなかった。彼女は僕とは反対の人間なのだから。
(p.179)

理解してもらおうと思わない、という思想にも個人的に共感できます。私が「僕」の年齢の頃は自分で作詞して作曲していたのですが、その時のポリシーは、理解を求めない、あるいは、大勢に分かってもらうということは諦めて、100人に1人しか分からなくてもいいので好きなように作る、というものでした。結局誰にも伝わらないです。それは今もあまり変わってないのですが、テクニカルライターとしては許されないので、やはりTPOで表現は変えています。このブログはどっちだよ、といわれたらもちろん100人に1人に決まっています。

興味深かったのが、桜良の「生きる」の定義で、こんな感じです。

「きっと誰かと心を通わせること、そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」
(p.192)

ロビンソン・クルーソーみたいな孤独な生活は生きていることにならないのでしょうか。自分と心を通わせるという解釈が可能かもしれませんが。興味深いというのは、この定義なら AI にも実装できそうだと思ったからです。

「僕」が桜良とカフェで待ち合わせをするときに、先に着いた「僕」はこんなことをしています。

ふいに僕はなぜだか外を眺めていた。
(p.213)

これは私もよくやることなので分かります。カフェから外を見ていると、とても面白い。ただ単にいろんな人がいるだけなのですが、それが。ちなみに、今はこれカフェで書いてますが、後ろは壁で、外は見えません。壁を後ろにするのは、ビジネスメールみたいなのも読むので、覗き見されないためです。

最後に出てくる遺書は、とても奥が深いことが書いてありますが、

もしかしたら私に何かを伝えたいと思ってた人もいるかもしれない。もしそうだったら。私以外の人には、伝えたいことを全て伝えるようにしてください。
(p.244)

それがとても難しいことなんですよね。現実的に可能なのかな、ちょっと疑問です。

私の魅力は、私の周りにいる誰かがいないと成立しないって。
(p.252)

客観的評価というのは第三者の視点が必要になりますから、当然のこととして、二人の方向性について、

僕らの方向性が違うと、彼女がよく言った。
当たり前だった。
僕らは、同じ方向を見ていなかった。
ずっと、お互いを見ていたんだ。
反対側から、対岸をずっと見ていたんだ。
(p.257)

相手の立場で考える、というのがありますが、それは結局想像でしかない。自分の枠内での相手のシミュレーションですから、物凄く大きな誤差があるでしょう。反対側から対岸を見るというのは、お互い持っていないピースを合わせたら絵が完成するようなイメージですね。そういう相手はなかなか見つからないものです。


君の膵臓をたべたい
住野 よる 著
双葉文庫
ISBN: 978-4575519945

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし

日本はやっと本当に消費税が10%になるということでザワザワしているが、高消費税の国、デンマークの生活はどのようなものか、リアルなデータを示しつつ紹介してくれる本。

デンマークの消費税は25%。しかも、高いのは消費税率だけではない。納税の例が出ている(p.115)のだが、年収が426,348クローネ(639万5220円)に対して、税金は153,447クローネ(230万1705円)となっていて、収入の36%が税金として差し引かれている。さらに、年金や健康保険料まで加算した国民負担率を比べると、

2007年の主要先進国のデータでデンマークの国民負担率は71.7%でトップ。日本の国民負担率が39.5%ですから全く違う社会モデルであることがわかります。
(p.116)

稼いだ3割しか手元に残らないのだ。7割も国に持っていかれて、これはボッタクリなのかというと、その見返りが手厚い社会保障制度なのである。それが国民の満足度につながっている。医療費は基本的に無償、出産も無償、教育は大学まで無償、失業対策や高齢者への福祉制度も充実していて、至れり尽くせりだ。

給料はどうなっているのかというと、

デンマークでは、どの企業に勤めても職種が同じなら給料は同じです。
(p.60)

同一労働同一賃金らしい。企業間の格差がないというのが凄い。職種は持っている資格でどれを選べるかが決まる。学校は資格を得るためのステップなのだ。

これに比べて、

日本は総所得からの徴収が約4割なので国が提供する福祉サービスは限定されますが、その分、国民の懐には約6割が残っており自分で使い道を自由に選べるモデル
(p.118)

社会保障・福祉の最低限のラインは低いが、その分は自分で何とかしてね、ということ。社会モデルが違うから、安易に消費税率だけで比較することはできない。そういえば最近またベーシックインカムの話をTVで見たような…

日本は大学の学費が高いとか、それを払うために奨学金を借りたら返せなくなったとかいうネタで、これもザワザワしている状況だが、ネットを見ていて思うのが、学費はタダにしろ、でも大学で遊びたい、というアホな生徒が多すぎる。

コペンハーゲン大学の例でみると、毎年入学する学生数に対し卒業する学生の割合は3割程度
(p.64)

留年率が7割になるのはなぜかというと、

膨大な数の教科書や教材を読破し理解しなければならないため
(p.64)

という。どの程度の量かというと、具体的には、

3年間の学士過程で読まなければならない教材は何百冊にもなる
(p.65)

「過程」は「課程」の間違いだと思うが、何百冊という英文のテキストを読まないといけない厳しさらしい。日本は自国語(日本語)のテキストだけで殆どの科目を学習できる数少ない国らしいが(とはいっても英語論文を読めないと卒業できない学部は結構あるだろう)、外国語のテキストを何百冊も読まないと卒業できないのは結構ハードな話だ。もちろん、それをクリアできたら資格がgetできていい条件で就職できるのだが、結局、デンマークの大学生は遊んでいる暇はないようだ。

そんなに大変なのにどうして大学に行くのだろう。

高卒レベルの教育を受けた人の所得と、一般にデンマークで大卒とされる長期高等教育卒業者の所得とを比べると、大卒の人達の給与額は倍近くにもなります。
(p.146)

長期高等教育というのは、日本でいう大学院。給料が倍という数字は例示されているが、ざっくりいえば高卒の月収が40万で、大卒が80万という感じである。給料を倍にしたければ勉強しろ、ということだ。

ところで、タイトルに「幸せな国」と書いてあるので、幸せって何、という話にも触れておきたいのだが、デンマークでは自殺率が高いのが問題になっているという。

10万人あたりの人口比でEU諸国の自殺者数を見ると、最も多いのがリトアニアの30.4人、次いでハンガリーの26.0人。そしてデンマークは11.9人で27ヶ国中15番目
(p.139)

これは2009年の数字で、日本はこの時点で24.4人、アメリカ11.0人。2016年の時点では、リトアニアは25.7人、ハンガリーは13.6人、デンマークは9.7人。日本は14.3人、アメリカが13.7人である。デンマーク、日本は減少しており、アメリカは増えている。ここで、デンマークの自殺の原因について、

高福祉を実現しながらもすべての国民に幸せを提供できるものではないことの表れです。お金や生活に不安がなくなっても、それで人間は満たされるものではないという難しさがここにうかがえます。
(p.140)

確かに幸せというのはお金で買えるわけではない。大富豪になれば幸せかというと、そうとも限らない。そもそも、本当に幸せな人は、今幸せであることに気付かないかもしれないのである。


消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし
ケンジ・ステファン・スズキ 著
角川SSC新書
ISBN: 978-4047315341

知的戦闘力を高める 独学の技法 (8)

物凄く間が開いてしまったが、「独学の技法」の評が完結していなかったので、再開する。

前回は4月13日、アンダーラインを引いて後で転記する、という話の途中で終わってしまった。どの程度の量にすべきとか、転記したときに何を書くか、といった細かい話が出ているが、ちなみに私の場合はこのブログのように、印象に残ったところを1行から数行の範囲でメモにしておいて、ちょっとした感想を書くようなスタイルだ。

タグを付けておくというアイデアは面白い。タグ付けによって分類すると、同一テーマに関するドキュメントがまとまる。この効果は分かりやすいが、

タグ付けにより、思いがけない「組み合わせ」を生み出す
(p.216)

この視点は注目したい。タグを付けて分類したものだけを見たときに、新たな特徴が見えてくる可能性はある。タグを付けるときは文章からタグの方向で考えているから、タグから文章という逆方向には別の意味が発生するかもしれない。

ということで、アンダーラインの話はここまで。最終章の第5章は、「なぜ教養が「知の武器」になるのか?」について書かれている。特に、歴史、経済学、哲学、経営学、心理学、音楽、脳科学、文学、詩、宗教、自然科学の11ジャンルに対しては、何の役に立つかを説明してくれている。

その前に、リベラルアーツを学ぶ意味として指摘されている点を列挙してみる。

イノベーションを起こす武器となる
(p.228)
キャリアを守る武器になる
(p.232)
コミュニケーションの武器となる
(p.235)
領域横断の武器となる
(p.238)
世界を変える武器になる
(p.241)

世界を変えるというのはスケールがデカすぎるかもしれないが、結局のところ、マルチ人間が望まれるか、専門分野に特化したエキスパートを他の人が仲介するようなモデルがいいのか、意見が分かれるかもしれない。ただ、上に立つ人ほどマルチな能力が要求されることは間違いない。

3番目の「コミュニケーションの武器」というのは、話のネタになるということで、分かりやすいと思う。ネタがネタとして成立するためには通じなければならない。そのためには相手が知っているであろうことを自分も知らなければいけないのである。

ビジネスが想定する社会をクラス分けしたとき、個々は独立した存在ではなく、ネットワーク的に絡み合うことで全体が成立する。その全体を把握するためには、専門的な知識だけでは無理で、専門外の分野の知識を持つことで初めて対応できる仕組みになっているのだ。

(続く)


知的戦闘力を高める 独学の技法
山口 周 著
ダイヤモンド社
ISBN: 978-4478103395

雑記

今日は禅の本をちょっと読みました。いろいろエピソードが出てきましたが、例えば、一日不作一日不食。一日プログラムを作らないなら一日食わずに過ごせという意味です【違】。

しかし、今日はまだコード書いてないですね。

雑記

今日は Rails の本をちょっと再読した程度で、禅の本は進みませんでした。木曜日なのでモーニングを買って読みました。(2018年46号)

新連載の「テロール教授の怪しい授業」が怪しい感じでテンポもよく、なかなかの雰囲気です。読み切りの「あなたに耳ったけ!」は、私も結構耳に結晶的な耳垢ができるタイプなので共感ありありです。

東大医学部生が教える 本当に頭がいい人の勉強法

タイトルを見ると、頭のいい人向けの勉強法で、そうでない人にはできません…みたいな想像をするかもしれないが、ま、そういわれてみればそうかも、という感じはしないでもない。

著者の葛西さんは東大理三に現役合格。数学が超絶得意系の人なので、大半が数学の話になっている。ときどきパズル的な数学の問題が出ているが、勉強法とか殆ど出てこない。どうやって数学が得意になったかというと、ルーツはそろばんにあった。

小学3年生くらいで4ケタ×4ケタの暗算ができるようになり、4年になるとそろばんのプリントの5ケタもそろばんを使わず暗算でやったほうが速くなり、10歳のときに暗算十段を取得しました。
(p.183)

そろばんが得意だと計算が得意になる。算数が得意になる。そこから数学が得意になる。論理的思考が得意になれば、他の科目も引き上げてくれる、という仕組みのようだ。しかし、この勉強法は、まず小学生のときにそろばん、暗算を得意にしておかないと真似できない。受験生になってからあわてても全く間に合わない。

そこは妥協するとして、数学を勉強するコツも紹介してくれているのだが、

それは自分でどんどん解くことだと思います。
それと自分で手順を探せるまで考え抜く訓練だと思います。
(p.017)

何かありきたりすぎて、これで参考にするのは難しいような気もする。ちょっと面白いのは、後半の「考え抜く」というところ。これは昨今流行している解法暗記とは逆を行っている。

解法暗記は考えても分からないときにあまり悩まないで、参考書に出ている解法を暗記して、それを当てはめて問題を解くというやり方。葛西さんは、考え抜く訓練をしろという。このあたりが頭がいい人向けなのかもしれない。

東大二次の数学がクリアできる条件としても、

 普段から頭を使う習慣のあった人
(p.089)

だろうという。もっとも、これも普通に言われていることで、東大を狙うのなら自分の頭で考えろ、という格言みたいな言葉もある。

では、東大を受験する人はどんな勉強をすべきか。

自分に合っている参考書を選んで地道に進めて、問題集を解き進めて、過去問をやって、志望者がたくさん受ける模試を受けることです。
(p.046)

それだけ?

と突っ込みたくなるような常識的なことしか指摘してくれない。よく考えてみると、ここに書かれている「地道に進めて」や「問題集を解き進めて」の中身がとても難しいことも分かるのだが、詳細は自分で考えろということか。これは後に少しヒントになりそうなことも書いてあって、

参考書や問題集を買ったら、まず全部で何ページあるか見て、終わらせたい時期を決めます。
次に、その日までの日数でページ数を割って、1日あたりのページ数を決めます。

(p.113)

Yahoo!知恵袋の受験カテゴリを見ていると、こんなことが絶対に出来ていない人が大勢いると確信できる。〇〇を今からやって間に合いますか、という質問が FAQ なのだ。1日あたりの作業を決めるなんて、できる人なら中学受験の小学生でも一人でできるもん、程度のことなのだが、できない人は高3になってもできないのだ。まあできないものは仕方ないのだが。

ともかく、葛西さんは東大進学がデフォルトのような進学校ではなく都立高校に進学した。だから、授業の進度には困ったようだ。

学校の進度は想像以上に遅く、物理Iや化学Iも2年からだったので、現役で確実に東大に入るためには、勉強は自分で進める必要がありました。
(p.068)

やはり先行学習をしたようである。これも数学が得意だと、そこに時間を取られずに済んだのは幸運だったのだろう。

数学というのはやはりキー科目のようで、最近、とある掲示板で、東大は数学0点でも合格できるのか、という話題が出ていた。実際にそんな人がいたという話を私は聞いたことがないが、

自分が受けた2013年に6問ある数学のうち、1問も解けずに合格した人がいました。次の年にもいたようです。
(p.091)

6問ということは、文系ではなく理系の話である(文系は4問)。東大数学は奇問を出さないので有名だというのに、数学が1問も解けないレベルの人を東大に入れていいのか、という疑問がないわけでもないが、1問も解けないというのは0点という意味ではなく、部分点はあったと考えるべきだろう。全問手を出して3割でもあれば36点は入るから、約2問解けたのと同じことになる。

数学以外では、英作文でこういうの書いた、というのが面白かった。

姉「見て! きれいなお花」
弟「僕、お花なんか興味ない」
姉「そんな、駄目よ。人間は自然なしでは生きられないのよ」
(p.134)

興味ないものを無理に押し付けてはダメな気もするけど、…とかいうのは突っ込むベクトルが間違っているのかな。


東大医学部生が教える 本当に頭がいい人の勉強法
葛西 祐美 著
二見書房
ISBN: 978-4576171326