Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

女無用―反町大膳秘伝書

時間がないないと言いながらチマチマと本を読んでいるのですが、実は今日も1冊読んでしまいました。といっても、30分程度で読み切っているのですが、読むのと感想を書くのとではエネルギーが何か違うようです。

ということで、少し前に読んだ本を紹介します。五味康祐さんの「女無用」。時間がないので(笑)、サラっといきます。

反町大膳秘伝書、というサブタイトルです。五味さんの秘伝書といえば剣の奥義とか出てくるイメージですが、この本の秘伝というのはそっちじゃありません。

「和尚、女人を歓ばせる術いかに」
(p.83)

こっちです。秘奥技というか、艶技でしょうか。アッチの話です。従ってあまり詳しいことは書けません。和尚と呼んだのは暈華律師、とても怪しい人物ですが、それはそうとして、この作品、Amazon で見た感じでは誰もレビューしていません。流石にヤバいって。

例えば、極意の壱「夢の枕」、この章だけでも次から次へとエピソードが出てきていつもの五味節なのです。太守飛驒守忠高が脾疳(貧血症の一種)という病気になったとき、人の生肉を食えば治るとか言い出します。しかも、

女の、それも処女の肉を以て奇薬といたす
(p.36)

パワハラどころの話ではありません。処女を並べて確認の検査をした後で一人を選んで、腿の肉を四五寸削ぎ取ります。これを刺身のようにして太守に食わせたら治っちゃったという話です。腿の肉を食わせるというのは戦国譚でも出てくるネタですが…

極意の弐「爪返し」では、この太守に子ができない。この時代、世継ぎができないのは一大事ですから、何とかならんか、ということで懐妊させるやり方【謎】を例の浪人、つまり大膳に教わろう、という話になるわけです。しかもそういうのは実際にやって見せないと分からんだろうということで、実際にヤッてレクチャーする、みたいな。エロいといえばエロいのですが、何か時代がズレていて妙に興奮していいのかどうかよく分からず茫然としてしまいます。

この章で槍の勝負のシーンがあります。

うてば響く如く大膳の手からガラリと槍が抛げ出された。同じく又右衛門が槍を捨てた。
(p.66)

二人とも槍を捨ててしまうのですね、槍の勝負なのに何で。理由はこの後に書いてありますが、騙されたような理屈です。しかも勝負はついたのに常陸介光貞は目にホコリが入って見えなかったとか言って引き揚げてしまう。大人のやりとりです。

極意の四「短槍の突き」の長楽翁、このジジイもなかなかいい味を出しています。文庫本でも出ているようなので、縁があったら読んでみても損はないと思います。

 

女無用―反町大膳秘伝書
五味 康祐 著
文藝春秋新社

雑記

今日は図書館に行って予約していた本を受け取ってきました。一応読み切ったのですが、これはまた…みたいな感じなので、落ち着いてから書きたいと思います。

棚にふわっと置いてあった本を衝動借りしてしまいました。

まだ斜め読みしかしていませんが、この前、奈良に行ってきたときに阿修羅像を見てきたので、X線で撮影した画像とか、中はこうなっていたのか、みたいな感じで面白いです。

 

阿修羅像のひみつ 興福寺中金堂落慶記念
朝日選書
ISBN: 978-4022630759

雑記

今日もほとほと疲れたのでパスします。「無心ということ」は読み進めていますが、まあ予想通りというか、無心とは何かというと、心が無いということで、心が無いのかと問い詰めると、無い心があるみたいなことを言いだして、わけが分かりません。

徳山の紹介のところは面白いです。

徳山は禅宗の坊さんで、「道い得るも三十棒、道い得ざるも三十棒」と言って、何でも叩きつけるので有名な人なのです。
(p.64)

(笑)

今だとパワハラで逮捕されそうな話ですね。

 

無心ということ
鈴木大拙
角川文庫
昭和三十年六月五日 初版発行
昭和五十三年三月二十日 改版十九版発行
(ISBN なし)

雑記

今日は何か紹介するつもりでしたが、奇妙に疲れたのでパスします。何かエナジーを吸い取られたような感じです。

鈴木大拙さんの「一禅者の思索」は読破しました。今、付箋が大量に付いた状態です。ここからまとめに入らなければなりません。読む本は同じく鈴木大拙さんの「無心ということ」に入りました。これもなかなか深そうな本であります。

雑記

今日は昨日紹介した本を読み切りました。ファンタジー的には指輪物語ですが、ノリとしては山岡荘八さんの「徳川家康」や「織田信長」を彷彿とさせます。

で、今日は鈴木大拙さんの本、これはじわじわと読み続けていて、前回からの続きなのてすが、なかなか終わりません。

 

雑記

今日もちょっち疲れたのでパスします。今日、電車の中で読んでたのは、この本。

この本は原文で読むべきなんでしょうね、古い英語で書かれているらしいので、多分私の英語力では読めないと思いますが。

 

ウロボロス
E.R. エディスン 著
山崎 淳 翻訳
創元推理文庫
ISBN: 978-4488538019

羊くんと踊れば

何が羊くんなのかさっぱり分からなかったけど、ミステリー的なほのぼの話、でいいのかな。舞台が巣鴨の地蔵通りなので、個人的には微妙な土地勘があるのでヘンに共感が持てた。

主人公の浅野薫は30歳。高校の教師である。祖父の満治に月に2回会いに行く約束になっている。暑い日に見に行ったら死んでいた。残された預金通帳を調べると600万円引き出されていて、何に使ったのか分からない。薫がそれを調べることになる。ヒントは祖父の入れ墨。

駅前でバッタリ出会った元教え子のにキャバクラに連れていかれて、入れ墨つながりで会うことになるのがこれも教え子の若葉。彫り師の見習い件助手、と自己紹介をするが、

「あの子は天才とバカは紙一重の、ホントすれすれなのっ。中学のときあたしが貸した『ブラック・ジャック』にハマって『モグリの名医になる』って猛勉強はじめたくらいだもん」
「そんな理由で、東大に?」
(p.043)

関係ないが、ページ数の頭に0を付けるのって、何でだ? 桁数を揃えたい?

若葉は東大理三に現役で合格するパワーがあるのに、入れ墨に魂を抜かれてしまって二か月で東大を退学して彫りの世界に入ってしまう。まさかと思うが実在のモデルがいたら怖いかも。

話が後半に進むにつれ、戦争話が出てくる。キャバクラと戦争のギャップがすごい。

「戦争が終わって私らは、二度とあんなことは起こすまいと頑張ってきた。そのおかげでこの国は、見違えるほど自由になったと思っていた。でもな」
 そこでいったん言葉を切って、長治郎は心底不思議そうに、薫の目の色を覗き込んだ。」
「アンタら本当に、自由なのかね」
(p.198)

これはいい質問だ。こういう人に会えたら、あんたらのおかげで今でも慰安婦だの徴用工だなので叩かれまくって大いに迷惑しているから、さっさと責任取ってくれ、と一度言ってみたいものだ。自由なんてものがなかったら大昔に片付いている話のような気がしてしょうがない。まだ100年は続きそうなのでもはや諦めるしかないのか。


羊くんと踊れば
坂井 希久子 著
文藝春秋
ISBN: 978-4163810003