Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

雑記

今日はいろいろ疲れたのでお休みなのである。ちょっと読み始めたのが、村上春樹さんのアンダーグラウンド

ちょっと量があるので気合を入れて読まねばなるまい。

ちんぷんかん

しゃばけシリーズの6冊目。5つの短編が入ってる。

1つ目の「鬼と子鬼」は若だんなが火事で煙を吸ってしまってあの世に逝ってしまう話。ていうか実際は三途の川の手前でふらふら彷徨っている状態なので、死んだかどうか微妙だけど。

「以前来たときは、ちゃんと四十九日かけて、冥土を歩いた筈だけどな」
(p.14)

凄いことを思い出す。なんんと既に死んでいる、一度。あの世から現世に引き戻されて、また死んでしまう忙しい人生のようだ。三途の川だから六文銭の話も出てくる。これって現在(2018年)だと、どうすればいいんだろう。六文なんて単位の貨幣は持ってないし、円だといくらなんだろ。Suica も使えるのだろうか。Tポイントが使えると無駄にならないからいいかもしれないし、ビットコインとかどうだろ。実際は金属を入れると火葬場が困るので六文銭を描いた紙を入れるらしい。燃えてしまったら仏様の方が困りそうな気もするが、とにかく、冥界から現世に戻る下りはメルヘンを読んでいるみたいで面白い。

2つ目の「ちんぷんかん」は秋英という小坊主の話。小坊主だが妖退治で有名な寛朝の弟子になる。ていうか、秋英が小坊主の状態から物語は始まるのだがアッという間に13年が経過して、ようやく妖退治の話を聞く役が回ってきて、ここからが本番です、みたいな。若だんなも登場するが、その前に、寛朝に妖怪退治を依頼してくる客には3種類あるという分類が面白いので紹介したい。

まず第一は、単なる暮らしの悩みを妖のせいと勘違いして相談しに来る人たち。
(p.91)

妖は関係ないといくら説明しても聞く耳持たない相手だ。今の世の中、大抵これなんだろうな。

そして二組目は、本当に妖や怪異に出会ってしまった御仁らだ。急を要する話。
(p.92)

これは法力の強い寛朝が直接対応する。そして、

最後は、不可思議ではあるが、緊急の対処が必要とは思えぬ相談事だ
(p.92)

何か変だというのは分かった。それで? みたいなケース。

この分類法、ソフト開発に使えるような気がする。ソフト開発は怪異ではなくバグを取る仕事だが、それバグじゃなくて仕様通りだという場合、今すぐ取らないとまずい危険なバグの場合、バグなんだけど運用でカバーできるからすぐに対応しなくていい場合。この3つにまずは分類しよう。既にやってるか。さて、秋英はこの3番目のケースを対応しろと言われる。バグじゃなくて怪異の方ね。やり方も教えてもらって、

「大概の話は、ただ聞くだけでいいはずだ」
(p.94)

起こってしまったらどうにもならない場合は、相談されてもどうしようもないし、まあ道理だろう。コストを考えれば、何でも対応すればいいというものではない。障害票は起こすけど保留。さて、若だんなが寛朝と相談していると、

ぎょえええっ
(p.109)

すごい声がする。秋英が叫んだのだが、寛朝は動じない(笑)。仏だけにほっとけ、とかいう。乞うご期待。

3つ目の「男ぶり」は、若だんなのおっかさんのおたえさんの話。卵が次々と出現するのだが誰が置いたのかわからない、という卵の謎に立ち向かう。オチはちょっとリアルだ。ちなみに、おたえさんは能力者、じゃなくて妖が見えるタイプの人。若だんなの母だから当たり前か。

4つ目の「今昔」は陰陽師対決。伏線として若だんなの兄の松之助の縁談がややこしくなるネタが困った感じで面白い。この話は金次が存在感をアピールする。金次という景気がよさそうな名前だが、金次は貧乏神なのだ。縁起が良くなさそうだが、正真正銘の神様だから神としての能力を持っている。ある日、若だんなが妖たちとお菓子を食べていると顔に何か貼り付いて、どうにも取れない。これを金次が簡単に取って、

おやや、この和紙札は式神じゃないか。
(p.207)

本物の神様にとっては、式神なんて敷紙程度のものらしい。軽くあしらっている。この話はリアルな意味で何かちょっと怖いかもしれない。

最後は「はるがいくよ」、桜の花びらの話。桜の木も年季が入れば妖になる。その花びらが人間になって、名前は小紅。花びらだから、

小紅の生きる時間は、たった半月しかないっていうのか?
(p.298)

ということになる。これはどうにもならない。世のことわり、ということになっている。それでも若だんなは諦めない。

あの花びらをですね、散らないようにする方法は、ないもんでしょうか
(p.309)

ガッツは買うに値すると思う。しかしこの話も奥が深いからおすすめの一作なのだ。読み終わってから考え込んでしまうところが、ちんぷんかんの最後を飾るにふさわしい。


ちんぷんかん
畠中 恵 著
新潮文庫
ISBN: 978-4101461267

雑記

昨日紹介した「文明論之概略」は読み終わりました。評するのに時間がかかりそうですが、最近、日本に来て迷惑行為をする外人が話題になっていましたが、この本に出てくるのは、

馬や車に乗って意気揚々として、人に避けて通らせるのは西洋人が多い。偶然巡査や通行人、あるいは馬車や人力車夫なりが、西洋人と口論することがあると、彼らは周囲を無視して殴る蹴る、弱くて卑屈な日本人は応じる気力もなくて、外国人はどうしようもないと言って、恨みをのんで訴訟しない者も多い。
(p.312)

当時は日本は海外から差別されていたのですが、今も変わらないのではありませんか。人種差別というのは日本人が想像しているほど甘いものではないです。

今日から読み始めているのが、この本。

これはこれで、いろいろ興味深いネタが満載です。

雑記

毎日一冊読むのもキツいので、今日はお休みです。最近何を読んでいるかというと、福澤諭吉さんの文明論之概略

この本、先崎彰容さんが現代日本語に翻訳してくれたので、普通に読みやすいのが特徴。

格言的な言葉は無茶苦茶たくさん出てくる。例えば、

愚かな者に権力を付与し、妄信させれば必ず大悪事をなす。
(p.177)

具体的にいろんな人の顔が目に浮かんできませんか。

うそうそ

しゃばけシリーズで5冊目。これはいいタイトルだなぁ、と一撃【違】でやられた感じ。

本のタイトルになっている「うそうそ」が何と3ページで終わってしまう。しかも意味が分からない(笑)。ウソだけど。ちゃんと最初に意味が書いてあって、「たずねまわるさま。きょろきょろ。うろうろ。」だそうです。江戸語辞典というのが気になるなぁ。

さて、その後は「一 江戸通町」から「六 地獄谷」までが1つの長編。「うそうそ」はその前振りなのだ。

千年ほど迷い、うそうそ己を捜し続けている。
(p.6)

これが山神さまのお言葉。探しているのは山神さまではなくて、この文は山神さまのお側にそのような別の神様がいるという意味だ。

本編の方は、いつもの若だんなが湯治に出かけるところから始まる。今なら東京から箱根なんて小田急ロマンスカーで一発だが、当時の湯治はそう簡単に行けるものではない。しかも脆弱性のある若だんなのことだから、たどり着けるかどうかというレベルで既に怪しいから面白い。

伏線として出てくるのが朝顔。江戸時代から朝顔コンテストは有名なのがあったらしいが、若だんなの兄である松之助いわく、

あの襤褸切れみたいにあちこち切れていて、おまけに変に重なって、花だか何だか分からないもの…
(p.106)

小説家になれそうな、見事な表現力だ。

この話のもう一つの鍵になっているのが、

「この方は、箱根の山神様の御子で、比女様と申されます。姫神様で」
(p.141)

見た目は幼女なのだが、神様だけに長生きらしい。

「随分、物凄く久しぶりに粟粥を食べる気がするわ」
 お比女が嬉しそうな声を出す。数百年は食べていないのかもしれない。
(p.208)

そりゃ久しぶりだ罠。私は食べたことあったかな、縄文時代の竪穴式住居で食べたのはそんな感じだったかも。私も結構長生きなのかな。

生まれてきた者は皆、強いところも弱いところも、どっちも身の内に持ってるもんらしい
(p.253)

新龍という名前の雲助、つまり駕籠担ぎの言葉だ。この雲助、たまに奥の深いことを言う。

しかし助かってみりゃあ、やっぱり生きていた方が楽しいし、うれしいこともあるんだわさ
(p.253)

もちろん若だんなもイイコトを言う。

「できることを増やしてるんだ。するともっと、やりたいことが出てくるから不思議だよ」
(p.302)

病弱なりの努力はしている若だんなであった。


うそうそ
畠中 恵 著
新潮文庫
ISBN: 978-4101461250

おまけのこ

しゃばけシリーズの4冊目。5つの短編が入っている。

「こわい」は狐者異(こわい)の話…かと思ったのだが、長崎屋の若だんなが幼馴染の栄吉が気合を入れて作った饅頭を食べたら、思わず吐き出してしまい、

「不味かったんだっ。それで喉を通らなかったんだよっ」
(p.18)

実はまんじゅう怖いって話か?

冗談抜きにすると、この狐者異の怖いところは、

災難が狐者異と関わった者の、周りにも及ぶからですよ
(p.47)

確かにそれは怖いよね。

2つ目の短編「畳紙」(たとうがみ)は、レギュラーの妖の屏風のぞきが活躍する。この妖、割と地味な感じの陰キャラなのだが、この作品で少し印象が変わった。案外こまめに世話したがるタイプかも。さて、この話のヒロインはお雛さん。可愛らしい名前とは裏腹に怒涛の化粧しまくり娘で、

塗り壁妖怪の孫
(p.71)

と言われるほど顔を白くしている。美白を超えた白かな。黒で塗ったらガングロか。でもれっきとした人間なのだ。顔をそこまで塗らないと表に出る勇気がないというのは、妖よりも化物レベルが高いかもしれないが、匿名でネットに出るときだけやたら元気な人とかにちょっと似た気配がした。しかしこの次に続く言葉が、

しかしどんな突飛なものでも、何度も見ていれば慣れるらしい。
(p.72)

それは真理かもしれないが、どんだけ凄い想定なのか想像を超えているのかもしれない。アノニマスのあの仮面レベルじゃないのか。

3番目の「動く影」は若だんなが子供の頃の話だ。

子供の目にだけ見える怪異なのだ!
(p.144)

子供のときだけ妖精が見えるというのはピーターパンかな。電影少女に出てくるレンタルショップもそうだっけ。しかし大人になったら見えなくなるものは現実世界にたくさんあるような気がするぞ。ところで、この話に出てくる、

『今昔百鬼拾遺』

ネタ本なのかな。この後、一太郎が影女の説明をするのだが、影女のページは国立国会図書館デジタルコレクションで見ることができる(国立国会図書館デジタルコレクション - 百鬼夜行拾遺 3巻. [1] 13コマ目)。ま、本に出ている通りなのだが、影女は障子に逆立ちした女らしき影が描かれている。

4番目は「ありんすこく」。タイトルページの絵は投扇興。若だんなが吉原で禿のかえでと勝負して負けてしまって、

勝ったご褒美は何が良いか聞いたら、廓の外に出たい、足抜けしたいんだって。
(p.204)

ということで大作戦になるのだが、オチを読むと結局そういうやり方なのか…みたいなパワープレイで解決してしまうのが納得できない、ていうかそれで片付くのならさっさとやってしまえば話が早いのに(笑)。しかし心の臓が悪いというかえでちゃんにそんなことして大丈夫なのか。話の中では大丈夫なんだけど。

さて、5番目の「おまけのこ」。本のタイトルにもなっている。この編では鳴家(やなり)が活躍する。というか割と酷い目にあう。ちなみに、鳴家というのは家をギシギシさせる妖なのだが、実は私の家にもたくさんいる。「おまけのこ」とはこの鳴家のこと。途中に出てくる、翡翠に見せかけた模造品を見て、若だんなはこんなことを言う。

本当にいい工夫だよねえ。高直な品を騙し取るためなら、人は知恵を回せるらしい。
(p.303)

鋭いこと。IMEが今壊れていて「高直」(こうじき)を入力するのに難儀したのだが、実は直っても変換できないなんてことはないだろうね。ありゃ、書き方が若だんなみたいになってしまったよ。


おまけのこ
畠中 恵 著
新潮文庫
ISBN: 978-4101461243

東大卒貧困ワーカー

この本、タイトルが「東大卒貧困ワーカー」だが、書いてあることは東大とは何の関係もない。ただ単にこの本の著者が東大卒だというだけのことである。

東大生なのに就活で全落ちしてどこも雇ってくれなくて途方に暮れるみたいな面白い話なのかと思って期待したのに、読んだら全然違う。騙された

もともと大阪の毎日放送でアナウンサーとして勤務していた
(p.17)

というから、その種のレトリックはお手の物なのだろう。まじ卍【違】騙された感が半端ないが、書いてある内容は普通にインパクトのあるドキュメンタリーである。本人が経験して書いているから臨場感もあるし、出てくる数字にも一応の説明があったりするから納得できる。例えば、

米国流で計算した日本の実質的な失業率は16%となる。
(p.17)

このような数字がポンと出てくるのは実に興味深い。

ロジックも合理的である。本人の体験から出てくる結論だから当たり前かもしれないが、例えば最低賃金について。

真っ先にやってほしいのは「非正規でも8時間働ける」ように求人を改めさせることだ。最低賃金は生活保障の枠組みとして機能していない。
(p.31)

これは何のことかというと、1日2時間とか3時間の仕事だと、最低賃金が守られていても生活できないでしょ、という話。

働き方改革が微妙に流行語になっているけど、政府は底辺層の企業や労働者が何をやっているか知らないのか、頓珍漢な対策をする。最低賃金引き上げがその典型的な例だ。賃金が少ないから最低賃金を決めよう。最低ラインを決めたら労働者の収入が上がるだろう。発想はだいたいそんな所だろうか。現実は違う。最低賃金を上げたら、そんなに払えないから雇えなくなる。働く側にしてみれば仕事がなくなる。会社側としては仕事が片付かないから潰れる。結局、うまくいってない中小企業が倒産して、うまくいってる大企業だけが残る。統計的な数字は改善されるから、政府としては万歳だ。あれ、政府としてはうまくいってるのか、これが思惑通りだとしたら、底辺でジタバタしている人達がうまいことヤラれていることになる。

話を戻すと、個人的には最低賃金が払えないと雇えないと思い込んでいたのだが、まだそこに穴があって、先に紹介したように払える時間だけ雇うという手があったのだ。8時間分の賃金は出せなくても、2時間や3時間なら何とかなる。労働者はそれじゃ食えないかもしれないが、企業側は少し助かる。後はそっち側の問題なのだ。

軽作業の話も面白い。

重労働なのに「軽作業」と称して労働者を集めるのも、人材企業が制定したルールでは「手を使って物を運ぶ作業」はすべて「軽作業」と呼ばれるからセーフ
(p.41)

20kgの米俵を2俵ずつ運ぶような仕事でも、機械を使わなかったら軽作業らしい。宇宙人ジョーンズが活躍するわけだ。軽作業だから荷物も軽いだろうというのは認知バイアスで心理学的に説明できそうだが、そういう話ではない。

同一労働同一賃金の話で面白かったのは、ビールの売り子が女性なのはなぜかという件。神宮球場は昔、男性が売っていたらしいのだが、

ひとりの若い女性を試しに採用したところ、連日トップの売り上げを記録。間もなく全員女性になった。
(p.45)

看板娘なんて、昔からある枯れた作戦なんですけどね。もちろんここで重要なのは、同一労働とは何だということ。倍の売り上げなのに同じ賃金でいいのかという話が出てくる。それが性別だけで決まってしまう。

驚愕したのが研修期間詐欺。これって、本当にあるのかな。あるのなら、報道されて炎上してもおかしくないような話なのだが。

店員の高校生が店先にへたり込んですすり泣く事件があり、常連客が話を聞いたところ、店員が3ヶ月足らずで次々に辞めさせられていることがわかった。
(p.55)

研修期間は時給が安いということを悪用して、どんどん採用して研修期間内にクビにするらしい。

交通費の話はこの前ラジオでとある芸人が、交通費自腹なので結局持ち出しになるという話をしていた。この本の場合は、

日給は一律8000円で通勤費の支給は400円が上限
(p.64)

これで実際の電車代が往復2000円かかるので、実質6400円にしかならない。確かに目減りしたが、持ち出しにならなくてよかった感じがする。ていうか、普通は持ち出しになるならわざわざ働かない。しかし芸人の場合は呼ばれてナンボの世界なので、行かないわけにいかないという辛さがあるという。上には上、いや、下には下がいるのだ。

キツい話ばかりではなく、こんな意外なネタもある。ネカフェ人。本に出てくる人は居酒屋のヘルプで日雇いの仕事なのだが、

1日働くと賃金は1万円以上、ネットカフェの逗留費の他に、支出は食費とスマホ代だけだから、金銭的に追い詰められてはいない。
(p.94)

割と楽しい毎日らしい。ホームレスといえばそうなのだが、昔だと河原乞食…というのは失礼かもしれないが。河原乞食も大変なのかもしれないけど、家はないけど気軽な生活って人生としてどうなんだろ。悪くはないような気もする。病気になったらどうするの、という人もいそうだが、そういう人達は、病気になったら死ぬだけのこと、と考えているかもしれない。

第六章「効率悪くてあたりまえ」では労働生産性の問題を取り上げている。ここで興味深いのは、OECDが戦犯だという指摘だ。OECDとは経済協力開発機構のこと。センター試験に出そうだな。この本は、まず1996年に OECDが次のように提言したことを指摘する。

長期雇用や年功賃金制度などの日本の雇用慣行は、市場の資源配分機能を生かしていない。雇用が安定していれば労働者は転職する必要に迫られないので、勤勉に働き技術を習得する動機が弱まる。
(p.103)

この箇所だけでも、ハァ、何言ってるの? みたいな不審な匂いがプンプンするのだが、とにかく、具体的に何をすればいいかは、

具体的には民間職業紹介と労働者派遣事業を拡大することと、正社員の解雇に関する基準を緩和すること
(p.104)

このように提言したそうだ。その結果、正規は減り派遣は増えた。ただし、正社員の解雇に関する基準は反対が強く、あまり変わらなかったようである。おそらく採用数を減らす方向で調整したのだろう。その結果どうなったのかは 2016年の OECD のテレビ出演の内容が面白い。

日本の50代、60代の中高年は、労働生産性が高い他の先進国=スウェーデンデンマークの同世代と比べて最も能力が高いと指摘。
(p.110)

この50代、60代というのは、今から20年前は30代、40代。つまり、

OECDが切り捨てた終身雇用一辺倒の世界で育てられた最後の世代
(p.110)

だという。切り捨てろと提言した世代が長期的には労働生産性を高める役割を果たしていたことが分かったのだ。しかし、これから20年間の50代、60代が減っていく時代はどうなるのだろう。

驚いたことに、現在、OECDは日本が企業単位で正社員教育に力を入れてきたことを高く評価しているという。
(p.110-111)

確かにそれは驚きである。これから20年間は、そのような正社員が激減していく。これは別のラジオ番組で聞いたのだが、技術を持っている社員が定年退職していなくなり困る企業が増えているという。派遣に頼ったために正社員が不足し、その結果、世代間の技術継承ができなくなってきているという。そんな日本の未来は…ウォウウォウ、面白そうだ。

この本の後半は、個人的には特に興味深い問題も出てこないようだが、小ネタは面白い。とはいっても、どこかで聞いたような話が多い。例えばにぎり寿司のシャリを食べない人の話。

「そんなにシャリが嫌いでしたら、お造りもありますが……」と言うと、「気を使わなくていいのよ。私たちは気にしてないから」とさわやかに応えていた。
(p.122)

こういう話を見ると、日本人が百年後に滅んでいても私は別に不思議だとは思わない。私の世代は、米粒を残したらぶん殴られたものだ。今は親といえども子供をぶん殴ったら警察が飛んできて逮捕する。余談だが、先日、とある寿司系の居酒屋に行ったら昼メニューの丼物しかおしながきに出てなかったのだが、私は一杯飲んで刺身でもつまみたい気分だったので、これをメシ抜きにして刺身だけで出せるか訊ねてみたら、当たり前のように出してくれた。そういえば丼物の白飯抜きは業界用語では(かしら)と言ったはずだ。バイトっぽい店員さんに通じるかどうかは不明だが…実際、新宿あたりの居酒屋だと、業界用語よりも中国語の方が通じそうな気がする。

介護業界のトラブルのニュースはよく見かけるが、

よく報道される、職員による入所者への暴言や虐待より、入所者による職員への暴言や暴力のほうがむしろ多いという。
(p.132)

それは目から鱗的な話だな。確かにそういう噂が広まったら困るのは入所者じゃなくて介護する側だから、報道に出てくるのは一方的になるだろう。これが病院だと、立場としては医師や看護師の方が患者よりも上かもしれないが、いや最近はそうでもないのか。それはそうとして、介護業界はどうなのだろう。入所者の立場は「お客様は神様です」なのだろうか。どうでもいいことが気になってしまう。

最低賃金ネタは最初にも紹介したが、

最低賃金での収入が生活保護費よりも少ない逆転現象は解消されていない。
(p.144)

よく聞く話だが、これは生活保護になると、次のような優遇措置があるためだという。

医療費はゼロ、都民税や個人事業税、固定資産税、都市計画税軽自動車税NHK受信料が減免される。国民年金の保険料納付も免除、上下水道料金が減免、
(p.144)

このあたりまでは知っていたが、

ゴミの指定収集袋の無料支給、都営交通の無料乗車券支給
(p.144)

その特例は知らなかった…。とにかく、このあたりの利益を合算すれば、生活保護世帯の

実質年収は約260万円
(p.145)

で、非正規社員の7割が、

年収200万円未満
(p.145)

という調査結果が出ているから、働いた方が厳しいという計算になるそうだ。私は数字を検証したわけではないが、この件は大勢が同じことを言ってるからそう大きくは外れてないだろう。年収200万円未満あたりは、生活保護と同等の優遇措置をすべきなのではないか。

ちょっと気になったのが、コレ。

ある新聞が、女子高生が教育支援を受けられず高卒でアルバイトになった場合と、大学に進学して就職した場合の生涯賃金を比較した。すると65歳の段階で1億5000万円もの差がついた。
(p.153)

なるほど、ちなみに、高卒で就職した場合と、大学に進学してアルバイトになった場合の比較はどうなのかと気になったのは私だけ?

実は国立私立を問わず低所得家庭の子供は学費免除とする大学はたくさんあり、加えて神奈川大学のように年に100万円程度の奨学金を給付する大学まである。さらに公に発表していなくても、入試の成績がその大学の平均レベルより高い学生は個別に優遇する大学もある。
(p.156)

給付まであるのか。しかし公に発表していないのに、どうやって調べたんだろう。記者の特権発動かな。


東大卒貧困ワーカー
新潮新書
中沢 彰吾 著
ISBN: 978-4106107221