Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

知的戦闘力を高める 独学の技法 (3)

今日も「知的戦闘力を高める 独学の技法」から。独学というのは今ではインターネットも有力なソースだが、最先端を戦っている人でもない限り、やはりは最も主流の情報源だろう。しかし、読書というのはただ本を読めばいいというものではない。

読書は、やり方によっては「バカ」になる危険性があるからです。
(p.65)

これはショーペンハウエルの指摘を紹介している。具体的には、

読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない。
(p.65)

確かに読書で洗脳されてしまうのはどうかと思うが、世の中本当にそんなに単純だろうか。あくまで私見だが、正しく読解しない人なんていくらでもいそうな気がするのだ。さらには、誤読から新しい発見が始まることもある。解釈力において、哲学者のレベルと一般庶民のレベルは本質的に違うのである。とはいえ、

もっとも大事なのは「自分がいますでに持っているもの」を、どのようにして活用するかを考えることです。
(p.76)

これはその通りだろう。自分の得意分野で勝負するのは常識だ。ありがちな間違いは、時流に合わせたスキルを追い求めるというもの。何でもかんでも最新の知識を手に入れようとする。それは無駄にはならないかもしれないが、流行に乗るだけではアドバンテージを得ることはできない。

しかし、ではその「ない物」を一生懸命に努力して獲得したとしてどうなるかというと、せいぜい「人並み」にしかならないわけです。
(p.75)

それでは競争に勝てないのだ。誰でも取れるような資格は、何かの助けになる程度のことはあっても、切り札にはならない。

第2章は「生産性の高いインプットの技法」。要するに読み方の話である。小説の読み方については、このような指摘がある。

司馬遼太郎の小説の多くは超一流のエンターテインメントですが、同時にまた組織論やリーダーシップのケーススタディとしても読むことができます。
(p.90)

山岡宗八さんの徳川家康などの時代小説もそうだ。極限すれば、誰のどんな小説でも日常生活の教訓となりえる。ラノベですら教訓譚は結構多い。問題は何を読むかではなく、想像を拡張・展開して新しいルールを見つけ出し、実際の問題解決に使えるようにする能力があるかどうかだ。

昨日も「ざっくり」がいいと指摘したが、将来こうなると考えられるからこのような知識を得ておこう…というような発想は無駄だからヤメろという話が出てくる。

キャリアの8割は本人も予測しなかった偶発的な出来事によって形成されている
(p.95)

心理学者ジョン・クランボルツ氏の調査結果。

デューク大学のキャシー・デビッドソンは「2011年度にアメリカの小学校に入学した子供の65%は、大学卒業時にいまは存在していない職業に就くだろう」と主張しています。
(p.96)

当時はYouTuber なんていませんでしたからね。つまり、未来予測なんてしても滅多に当たらないぞ、ということ。

ここで重要になるのが「何の役に立つのかよくわからないけれども、なんかある気がする」というグレーゾーンの直感です。これは人類学者のレヴィ・ストロースが言うところの「プリコラージュ」です。
(p.101)

プリコラージュというとカッコイイ印象があるかもしれない。どこかの都知事さんが使いそうな感じもするけど、「日曜大工」だという種明かしまで書いてあるから助かる。

「読書は短期目標でいい」という指摘を別の言葉で表現すれば、「無目的なインプットこそが大事」ということになります。なぜかというと「無目的なインプットをやってこなかった人は、肝心要の時期にアウトプットできなくなる」からです。
(p.105)

ま、ざっくりでいいからドンドン読んでいくのがいい。図書館が近くにあるのなら、新着図書みたいなのを手当たりしだいに読むのもいいと思う。ていうか、私はそういう選択もしている。このブログに何故この本が…というようなセレクトは、それである。

タイミング的にも、言われてから読んでいたら出遅れているだろう、ということで、

「インプットが必要になったとき」というのは、もう「舞台に立て」と言われているわけですから、そこで勉強をしているようでは、どうしても付け焼刃的な知識の表面的なインプットにならざるを得ません。
(p.108)

その意味でいえば、インターネットというのは最先端の情報を得る点でアドバンテージがあるといえるだろう。ただ、IT系の知識をgetしようとすると、どうしても英語が必要になってしまう。日本が最初というような情報はまだまだ少ない。

(つづく)


知的戦闘力を高める 独学の技法
山口 周 著
ダイヤモンド社
ISBN: 978-4478103395

知的戦闘力を高める 独学の技法 (2)

今日も殆ど本は読まなかった。「知的戦闘力を高める 独学の技法」の前回の続きを少し書いておく。

序章「知的戦闘力をどう上げるか」では、独学において、論語の有名な言葉『子曰、学而不思則罔、思而不学則殆。』をどう考えるべきかという話が出てくる。

論語が指摘する二つ目の過ちが「考えるだけで学ばない」ということです。
(p.38)

二つ目というのは『思而不学則殆』の後半を指している。自分で考えるだけで他の考え方、事例から学ばないのはリスキーだということだ。もちろん考えることは極めて重要であるが、考えるだけで「学ぶ」を忘れてしまうと、やはりよくないのである。要はバランスだ。

独学の戦略としては、ざっくりを良しとする。

「独学の戦略」を策定する際は、大まかな方向性を定める程度にとどめ、あえて大きな緩みや余白を残しておくことが大事です。「いったい何の役に立つのかわからない……けど、なんだかすごい」という情報は、いずれ必ず知的生産を支える大きな武器になります。
(p.45)

哲学は何の役に立つのか、というような質問を最近知恵袋で見かけた。その答はこの本の最後の方に出てくるからひとまずおいといて、哲学などの学問を役立たせるにはどうすればいいか。

特に文学・歴史・哲学などの人文科学系の知識は、私たちが日々携わっているビジネスとは直接的つながりを見いだすことが難しく、したがってなんらかの抽象化・構造化をした上でビジネスや実生活上への示唆を抽出すること、平たく言えば「意味付け」が必要になります。
(p.53)

抽象化というのはオブジェクト指向が分かっている人なら大丈夫だと思うが、共通要素をくくりだすような思考のこと。実装の上のレイヤーにある処理をテンプレートやパターンにして持っておくと楽だ。似たような事例に応用するためには、似ていることが判断できないといけない。そのベースになるのが抽象化なのである。このプロセスがあるから、細かい戦略を立ててもあまり意味がない。ざっくりで構わないのである。

独学の戦略として面白いと思ったのは、

独学の戦略とは、一言でいえば、「何について学ぶか」という大きな方向性を決めるということです。
 これは逆にいえば「何を学ばないかを決める」ということでもあります。
(p.60)

確かに、何を学ぶかというのは、視点を変えれば何を学ばないかを決めることだ。何をスルーするかを決めることで、決断が楽になることは、よくあるのだ。

(つづく)


知的戦闘力を高める 独学の技法
山口 周 著
ダイヤモンド社
ISBN: 978-4478103395

雑記

今日はちょっと疲れたのでお休みです。本は、昨日紹介した「知的戦闘力を高める 独学の技法」と、「Ruby on Rails 5の上手な使い方」を少し読みました。この「上手な使い方」は、細かいノウハウがドカドカと出てくるので、案外読むのに疲れます。でも面白い。

知的戦闘力を高める 独学の技法

昨日紹介した「知的戦闘力を高める独学の技法」を、少しずつ紹介していこうと思う。技法というのは「どうやって」に注目するイメージがあるが、この本は「なぜ」の説明が詳しい。「なぜ」に続いて「だからどうする」が書かれているので、納得できる。

独学というのは大きく、
「①戦略」「②インプット」「③抽象化・構造化」「④ストック」
 という四つのモジュールからなるシステムと考えることができます。
(p.5)

この4つの要素は後で細かく説明されている。

独学の目標は、学ぶことではなく、学んだことを活かすことだとして、

この独学法においては「覚えること」を目指さない
(p.8)

と言い切る。もちろん覚えることも重要なのだが、それ自体を目標にするのは本末転倒といいたいのだろう。理由として、

いったん脳にインプットした情報は、エッセンスだけを汲み取る形で丸ごと外に出してしまうわけです。
(p.9)

細かいことは覚えていなくても分かる。重要なのは、どのデータを見ればいいかを知っていることだ。そういう意味である。

どのような戦略で学べばいいか。キーワードは筆者の言う「クロスオーバー」、即ち複数のジャンルに対するある程度のエキスパート、という視点は注目すべきだろう。クロスオーバーが重要である理由としては、次のように説明されている。

イノベーションというのは常に「新しい結合」によって成し遂げられる
(p.19)
この「新しい結合」を成し遂げるためには、それまでに異質のものと考えられていた二つの領域を横断し、これをつなげていく人材が必要になります。
(p.19)

このような人材をクロスオーバー人材と表現している。もはや、一つの分野で尖っているだけでは勝負できない。そういう人は出揃っているという考え方だと思われる。

一点だけに注目せずに、複数の視点を持つという考え方は、独学の注意点にも現れている。

独学者がおかしやすい過ちの一つは、単に知識だけを詰め込むだけで思考しないということです。
(p.36)

例として世界史の年表暗記を紹介している。年号を覚えるだけでは意味がないという。もちろんそれは常識だ。むしろ覚えるべきことは、

そのような事件や事象がなぜ起きたのか
(p.37)

「なぜ」が重要だというのだ。これはあらゆる分野どころか人生そのものにも当てはまるだろう。もちろんプログラミングにも必要な思考回路だ。なぜ、Why。それが最も本質的なキーなのである。

歴史を学ぶことで、どうして知的戦闘力が高まるのか? それは歴史がケーススタディの宝庫だからです。私たちが日々向き合う現実の問題は唯一無二のものに見えますが、歴史を長く遡れば同様の事態に直面した事例は数限りなくあります。
(p.37)

高校生の中には、数学は社会に出たら役に立たないという人がいる。解法を暗記して何の役に立つのか。Yahoo!知恵袋に実際にあった質問である。数学の入試問題は、問題集や教科書に出ている問題と全く同じものが殆ど出ない。その意味で、歴史の「同様の事態」に似ている。全く同じ問題は出ないが、似たような問題は出るのだ。だから解法(解き方)を暗記するのだが、ここでもうひとつ重要なのは、似ているという判断をする能力だ。知っている問題と似た問題で、同じ解法を適用すれば解ける、その判断を瞬時にする必要がある。この能力が数学の問題を多数解くことで高められると、歴史をケーススタディとして応用するときに、似ているという判断をする処理に活かせるのだ。

即ち歴史というのは、

歴史というのは「人や組織の振る舞い」について、過去の事例をもとにして考察するという学問
(p.38)

なのである。

(つづく)


知的戦闘力を高める 独学の技法
山口 周 著
ダイヤモンド社
ISBN: 978-4478103395

雑記

今日は本どころじゃなかったのですが、これも一度書いた書評がどこかいった系のアレです。

独学というと読書というのが昔からの定番でしたが、今はネットとかでe-learning というようなやり方もあります。ただし、この本は、読書中心で独学する手法を紹介しつつ、どんな本がいいか、多数の本も紹介しています。という状況下で面白いと思ったのが、

読書は、やり方によっては「バカ」になる危険性がある
(p.65)

私の場合は最初からバカなので関係ないのです。

 

知的戦闘力を高める 独学の技法 単行本
山口 周 著
ダイヤモンド社
ISBN: 978-4478103395

ひなこまち

困ったものですが、書かないと仕方ないのでとにかく書いてみますか、「ひなこまち」です。「しゃばけ」シリーズの11冊目。

1つ目の話は「ろくでなしの船簞笥」。この簞笥という漢字を出すのに結構苦労した。ネットで見ると箪笥と書いてあるページが多かったので困ったものです。この話ですが、大きな炬燵を指物師に作らせて品物を受け取ると、「お願いです、助けてください」と書いた木札が入っている。意味が分かりません、ということで若だんなが困ってしまった。そこにやってきたのが困った七之助。上方の祖父の葬式に行ったら、

船簞笥は江戸の父に、形見として残す。中に入っているものは、あたしと弟にやると、祖父はそう言ったんですわ
(p.22)

ところがこの箪笥の引き出しが開きません。からくり細工になってるんですね。これを若だんなが開けるという話。もちろん中には怪異が入っているからいろんなややこしいことが起こるのです。

2つ目の話は「ばくのふだ」。ばくというのは夢を食べるという、アレですね。若だんなが寄席に落語を聞きに行きます。怪談が流行っているのですが、妖を引き連れて聞きに行くのですから洒落になってませんよね。冗談はよせ、みたいな。そこに刀を抜いた侍が乱入してくる。何とか逃げることに成功しますが、その後、獏が逃げ出したので捕まえてくれと寛朝がやってきて、だんだん謎が解けてきます。ま、ドタバタなんですが、貧乏神の金次のこのセリフがいい。

御坊、この世には怖い因果が、溢れているのさね
(p.98)

貧乏神に言われると確かに怖い。

3つ目はタイトルになっている「ひなこまち」。タイトルの意味は、

浅草にある人形問屋平賀屋が、美しい娘を一人雛小町に選び、その面を手本にして、立派な雛人形を作る事になったのだ。
(p.138)

モデルになった娘には大名家の側室になれるのでは、という噂が広まって大変な戦いに。この話は屏風のぞきが地味に活躍します。

4つ目の「さくらがり」は、またお花見にいく話。例によってドタバタします。どんな傷でも治るけど五倍痛いという薬が面白いです。

5つ目は「河童の秘薬」。最後に若だんなは夢の中に入ってしまいます。佐助と禰々子のバトルはストリートファイター級のようですが、おかげで夢の中から出て来れたというのはよく出来ていますね。

ひなこまち
畠中 恵 著
新潮文庫
ISBN: 978-4101461311

雑記

今日は本当の本当に何も読んでないのでパスです。「ひなこまち」は書いたつもりの書評が消滅しているのでもう一度書かないといけません。妖の話だけに消えるのがウマい。そういえば「えどさがし」を読むのを忘れていますね、1作飛ばしているようです。