Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代)

今日は歯医者に行ってきたのですが、渋谷に30分ほど早く着いたので買ってきました、

プレジデントファミリー。昨日紹介した「東大生179人の小学生時代」という特集です。今回の記事で面白いのは、ずっと勉強三昧かと思いきや、ある時期までかなり落ちこぼれている人達の話。

あまり受験勉強をせずに進学した私立中高一貫校でも成績は低迷し、中2のときに学校から「このままでは高校に進めない可能性がある」と通告されてしまった。
(p.15)

別の人ですが、

「このままだと、高校に上がれない可能性もあります」と、面談で先生にハッパをかけられた。
(p.17)

まあでも全員そうでもない。「偏差値79! 理三合格者の素顔拝見」のところには、

たしか高1のとき、鉄緑会の模試で1位になって、先生に呼び出され、「こんなに点数取らなくてもいい」って言われてたよね。
(p.40)

これは今年理三に入った2人の対談なのだけど、そういう人も出てきます。しかし愛読書がドラえもんあさりちゃんというのがよく分からない。他には

中学受験が終わったときは『ワンピース』を65冊ほど大人買いしたとか。
(p.22)

みたいな人もいます。マンガで読解力が強化されたのか?

もう一つ興味深かったのが、日比谷高校から東大に合格した人の対談記事、「部活を頑張る子ほど成績が上がるのはなぜか」。とはいっても部活のせいで成績が上がらない生徒もたくさんいると思うのですが。記事に出てくる生徒は1年の1学期の学年順位が280番あたりで、これを1年期末に2桁台にしたというのは結構頑張ったみたいですね。

日比谷高校では9月に行われる星陵祭も手を抜かないのが伝統です。
(p.77)

夏休みに学園祭の練習があるわけです。勉強とどう両立させるか詳しく分かりませんが、

練習して勉強、また練習して勉強というローテーションがあったことで、かえって切り替えができて、勉強に集中できた
(p.78)

何かヘンな気もしますけど、まあそういうものなのかな。なお、今号をまとめると「子供を東大に入れたければ、子供の話を聞け」てな感じでした。


プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代)
プレジデント社 発行

雑記

今日もプログラム…というかデータと戦っていたので、本は読んでない。いや、少し読んでるな。これも推理小説なので途中では書き辛い。どんでん返しとかありそうだし。で、今日は数日前から買おうと思っていたのにまだgetしていない本を。

プレジデントファミリーは、たまに東大生特集をするのだが、これが案外面白いから買っている。何か普通じゃない子供とか、こんなに普通なのかという子供とか、いろいろ意表をついた人が出てくる。購入したら何か書きます。


プレジデントFamily(ファミリー)2017年10月号(2017秋号:東大生179人の小学生時代)
プレジデント社 発行

雑記

今日は推理小説を読んでいた。読破できる感じで読み進めていたら、挑戦状とか出てきたので、そこで stop している。

中学生や高校生で、読解力がないという人がいる。新聞の社説を読めとか、推薦図書を読めとか、いろいろなアイデアがあるようだが、私は、推理小説を薦めている。推理小説は読解できないと犯人が分からないからだ。

子供の頃に江戸川乱歩とか読むと、読解力が上がるかもしれない。怪傑ゾロリはどうだろう。定かではない。

 

家なき子

最近何となく読んだのだが、子供の頃にも読んだかな。炭鉱に閉じ込められるエピソードとか、覚えてない。

捨て子のレミが旅芸人のビタリスに売られて一緒に旅をする物語。ビタリスは吹雪のとき死んでしまい、そこからは一人で旅をすることになる。大学に受からないからニートになるしかないとかホザいている日本の青少年がこういう境遇に置かれたら1秒で餓死してしまうだろう。もちろん学校になんて行けないから、ビタリスが字を教えてやることになる。この時のレミの考え方が凄い。

しかし、勉強には、それにあてられる時間より、実はもっとだいじなことがあるものだ。それは、勉強に対する熱心さだ。勉強がしっかり頭に入るためには、勉強に費やす時間よりも、学ぼうとする意志がだいじなのだ。
(p.69)

レミは勉強する時間がないから、旅をしながら隙間時間に勉強しているのである。レミは字が読めるようになり、楽譜も読めるようになるのだが、その後、ひょんなことで出会ったアーサーという子供に文章暗記のコツを教えてあげる。最近は本を読めない人がいるという。文章からシーンをイメージできないというのだ。そういう人はこの本を読めばいいのでは…と思ったが、しまった、読めないか。困ったものだ。


家なき子
H マロ 著
Hector Malot 原著
福永 武彦・大久保輝臣 翻訳
河出文庫
ISBN: 978-4309461632

Fコース

バーチャという仮想現実世界のゲームの話。Fコースというのは、このゲームのコースです。AからFまであるらしい。ちなみに、Aコースという作品もありますが、そちらは私は読んでいません。

主人公は諸岡智里。

テストの点では、誰にも負けない。でも私には、夢や希望がない。家は裕福で環境には恵まれている。しかし、憧れの職業など今まで一つもなかった。
(p.109)

かなり屈折しています。実際はテストの点でも負けている人が多いかもしれませんが、夢がないというのはネットでよく見かけます。昔は単純で、お金が欲しいとか、それだけで夢になりました。今はそういうのではダメなんですね。

柳沢瑠華は智里の幼馴染です。中学まで普通だったのが、高校に入って不良になりました。

口調は乱暴になったし、顔はこんな化け物のようになってしまった。
(p.24)

持田菜穂子は瑠華の子分。そして、瑠華の妹のかや乃。この4人がプレイヤーです。ミッションは1時間以内に美術館に侵入してバッジスという画家の「手をつなぐ二人」という絵を盗み出すこと。

何かリアルなのかバーチャルなのかよく分からない設定です。個人的にはフィクションにしても設定があり得ないような気がしました。小説だから騙されてしまうけど、リアルにこんなことがあったらすぐに破綻するでしょう。そもそも、今時コンビニでも必ず監視カメラがあるのに、そんな簡単に警備中の美術館に入れるものなのでしょうか。唯一リアルな気がしたのは、

プレイしたいと思っている自分が、どこかにいる。
(p.167)

ここでしょうね。ここだけはリアルです。


Fコース
山田 悠介 著
角川文庫
ISBN: 978-4041049273

雑記

実は今日は1冊読んでいるのだけど、これは明日紹介します。ということで今日は雑記。

久しぶりに、といっても2週間ぶりだが、借りた本を返しに図書館に行ってきた。

時間外でも返却ボックスがあるのだが、ちょっと立ち寄るのが手間なので、どうせ立ち寄るのなら、何か面白そうな本はないかと探したくなる。小学生の頃はよく本を読んでいた。本があればいくらでも時間を潰せる。中学生の頃はよく覚えていないが、高校生になると、学校帰りに文庫本を1冊立ち読みしてから帰るようなことがあった。大学生になったら、古書店で1冊買って、下北沢の喫茶店で読んでいた。

本と読んだ場所とが思い出の中でリンクしている。校舎の隅っこの図書室や、書店や喫茶店を思い出す。電子書籍になると、どこにいても本が手に入るから、場所という情報は意味を失う。読んだ場所だけがリンクされることになる。未知の世界がやってくるような気がする。

 

ウィトゲンシュタインVS.チューリング―計算、AI、ロボットの哲学

今日は台風も近くなってきたので【謎】雑記で書き始めたのですが、カテゴリは書籍も入れちゃいます。以前買って、最近ざっと読み直した本なのですが、ちゃんと説明しようとしたらとても重いので。

私は大学でIT系の学部だったので、チューリングは当然のように学びました。最近は逆にやらないのかもしれませんが、チューリングマシンの停止問題は数学でもやったかもしれません。しかし、ヴィトゲンシュタインは講義では聞いたこともなかったです。計算機のカリキュラムには出てこなかったのですね。

実はチューリングヴィトゲンシュタインは論争したことで有名で、この本にはそのあたりがロジカルに紹介されています。解説もたくさんあって、どちらかを専門的に学んだことがあるならば、面白いかもしれません。

ところで、私は「ヴィトゲンシュタイン」のように、ウに濁点を付けることにしてます。一般的には、濁点なしの「ウィトゲンシュタイン」が普通で、書名もそうなっています。発音としては v の音なのですが、オーストリアではこの音が弱いので「ウ」に聞こえるということです。そのため、日本では「ウ」が主流なのですが、そこまで知っていてなお「ヴ」と書くのに拘る理由は、長くなりそうなので今回は略です。

ウィトゲンシュタインVS.チューリング―計算、AI、ロボットの哲学
水本 正晴 著
勁草書房
ISBN: 978-4326102174