Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

鴨川ホルモー

今日の本は万城目学さんの「鴨川ホルモー」。Amazon で表示されている文庫本のカラフルな表紙がどこなのか分からないけど、単行本の表紙はアビーロードじゃなくて四条通だと思う。作品に「四条烏丸交差点の会」とか出てくるし。蛇足しておくと烏丸はカラスマと読む。

京大大衆小説【謎】のジャンルの二大巨頭といえば「夜は短し歩けよ乙女」の森見さんと、この万城目さん。どちらがオカシイのか比較してみると私の判定では両者互角。どっちも変。しいて言うなら万城目さんの方がオカシイ感じで、森見さんはより派手にコワレている。で、この小説は、ジャンルはラブコメ。違う、という人がいるような気もするが気にしない。ホルモーって何やねん、というのは小説中に出てくるから説明したくないが、

一種の競技の名前
(p.5)

と書いてある。一種と言われても困る。これでは説明になっていないから蛇足すると、競技というよりはカードゲームみたいなものだ。カードじゃなくて戦うのはオニなのだが、アニメのカードゲーム系はモンスターが出て来て戦うからそういうモノだと思えばいい勝負だ。

舞台は京都。主人公の安倍は京大生である。

俺は近頃、深夜になると鴨川の川べりでしばらく涼んでから、部屋に戻って寝ることが習慣になっていた。
(p.42)

私の知っている京大生も多分そんな感じだったからリアルなのである。京都で安倍というともしかしてアレかと思う人がいるかもしれないが、ソレのような気配がある。つまり陰陽師のアレだが、この作品の安倍はどうも冴えない凡庸系。

ホルモーは団体戦で、戦うのは4つの大学のチーム。京都大学清流会、京都産業大学玄武組、立命館大学白虎隊、龍谷大学フェニックス。フェニックスというのは火の鳥じゃなくて朱雀だ。個人的には同志社女子大学の乙女たちが戦ってくれた方がアニメ映えしそうな気がする。4チームの中に同志社大学が出てこないのはキリスト教が日本の神とかオニと相性が悪いからだろうか。同志社大学は「モルホー六景」に出てくるらしいがそちらは未読。

今ならアプリでも作れば本当にチームバトルできそうな気もするが、実は既に大学間でバトってたりするのだろうか。

 

鴨川ホルモー
万城目 学 著
角川文庫
ISBN: 978-4043939015

猫SF傑作選 猫は宇宙で丸くなる

今日紹介する本は「猫は宇宙で丸くなる」。猫SF傑作選、ということで10作品が収録されています。

いくつか紹介します。まず、ジェフリー・D・コイストラさんの「パフ」。パフというと個人的にはマジックドラゴンですが、この作品ではもちろん猫の名前です。

主人公は動物を若いままにしておく技術を使って、パフという猫を若いまま長期間生存させておくことに成功します。若いということは学習能力が高い状態が長く続く、ということでパフは知能がどんどん上がっていきます。

こういう技術が実現すると、真っ先に人間に適用させそうな気がしますね。

ロバート・F・ヤングさんの「ピネロピへの贈りもの」。日本では「たんぽぽ娘」がなぜか超有名ですが、これは日本だけの現象のようです。ピネロピというのは猫の名前で、普通の猫です。SFなのは出てくる少年です。ほんわかした作品です。

デニス・ダンヴァーズさんの「ベンジャミンの治癒」は、ちょっとホラー入っています。

ベンジャミンというのは猫の名前です。主人公の「ぼく」は、ベンが死んだときに〈治癒の手〉というスキルを使って生き返らせます。ていうかほぼ不老不死にしてしまいます。「ほぼ」というのは最後は死んでしまうからですが、そういえば猫も何年か生きると化けるといいますが、ベンは途中から会話できるようになります。

同棲中のシャノンはそのスキルのことを知ってしまい、弟のオーブリーを救って欲しいと「ぼく」に頼みますが、それを断るシーンのニワトリが壮絶です。

ナンシー・スプリンガーさんの「化身」。私が最も好きなファンタジーの一つがナンシー・スプリンガーさんの「アイルの書」シリーズですが、この短編はそれに比べるとちょっとダークな感じです。ファンタジー系のRPGに出てくる歓楽街とか、スラムの雰囲気があります。

主人公のキャットは普段は猫の姿をしていますが、人間に変身して行動することもできます。文ストの夏目漱石みたいな感じです。キャットは町で「オリー」という男と出合います。オリーは他人の思考を読むことができます。「琴浦さん」にも占いシーンが出てきますが、思考が読めるというのは占い師にはいいスキルです。

後悔しない生涯など、なにほどのものだ。
(p.123)

ナンシー・スプリンガーさんの他の作品を読んでみてもそういう雰囲気がありありです。人生はファンタジーなのです。

ジョディ・リン・ナイさんの「宇宙に猫パンチ」。すごいタイトルですが、オリジナルの題名は Well Worth the Money。

宇宙人から提供された新しいエンジンを搭載した宇宙船「パンドラ」に乗ったのは3人のクルーと1匹の猫。パンドラは猫のためにネズミを叩くゲームをコントロールルームで起動し、猫を遊ばせたりします。気の利いたAIを搭載しているようです。

船は航行中にスムート星人の攻撃を受け、3人のクルーは麻痺してしまいます。動けるのは猫だけ。この猫がコントロールルームのスクリーンに表示された敵艦を猫パンチで攻撃して戦います。

ジェイムス・H・シュミッツさんの「チックタックとわたし」。

チックタックはカンムリネコ。ネコといってもネコの形をしているだけで謎の知的生命体です。人間を攻撃してガチで勝てる強さです。主人公のテルジーはカンムリネコとテレパシーで会話ができます。それで、カンムリネコと人類との交渉役に立つことになります。交渉といっても人類側の窓口となる調整官はテルジーをまるで信用していないので難航するわけで、ついに強硬手段に出ます。

いったん彼らが手の内をさらしたら、あなたが正しい行いをする時間は三十秒しか残されていません。
(p.320)

このクライマックスはなかなか痛快です。


猫SF傑作選 猫は宇宙で丸くなる
シオドア・スタージョンフリッツ・ライバー、他 著
中村 融 編集, 翻訳
ハジメ イラスト
竹書房文庫
ISBN: 978-4801911918

ガングレイヴ

今日はアニメで「ガングレイヴ」。2003年10月~2004年3月にかけて放映されました。オリジナルは PlayStation2対応のゲーム。

ジャンルはガンアクションSF。ミレニオンというファミリーに入ってのし上がっていくハリーとブランドンのストーリー。二人は親友でしたが、途中で何を間違えたのか、ハリーがブランドンを殺してしまいます。ブランドンはネクロライズという死者を蘇生する技術によってビヨンド・ザ・グレイヴとして蘇り、復讐を始めるのです。

アニメで印象に残ったのは九頭文治というブランドンの舎弟。元は一匹狼の殺し屋でしたが、ブランドンと殴り合いの勝負に負けて舎弟になりました。強い奴は尊敬するが弱い奴はとことん軽く扱うタイプですが、筋は通すという態度は昔の任侠映画みたいな感じです。

全体的にはアクションというより、友情と裏切りの人情話、とことん悲しい物語です。何でこうなるんだ、という言葉しかありません。

アマニタ・パンセリナ

今日の本は中島らもさんの「アマニタ・パンセリナ」。

ドラッグの話です。エッセイということなので実話だと思うのですが、大抵のドラッグが中島らもさん本人の経験に基づいた話になっています。実話にしては危なすぎてフィクションにしてもリアル過ぎるのです。

本には15のエッセイ、つまり15種類の薬物が出てきます。やたら具体的です。ドラッグの二「シャブ」では、

シャブは人間をオンとオフのふたつのスイッチしかない状態にしてしまう
(p.64)

とても気分のいい状態とダメダメな状態にしかなれない、ということのようです。なるほど。他の薬だと中間の状態もあるとのこと。

ドラッグの三「オピウム(阿片)」は、珍しく中島さんの経験談が出てきません。阿片について書かれた本の話が出てきます。例えば、トマス・ド・クインシーさんの『阿片中毒者の告白』という小説があるそうですが、中島さんの感想は、

「けっ」
(p.71)

だそうです。この作品、世間からの評価は高いらしいのですが、

みんなほんとは読んでいないのではないか。
(p.71)

と、ケチョンケチョンです。理由もちゃんと書いてあるのですが、例えば後半が、

思わず台所へ走っていって力一杯手打ちうどんを打ちたくなるくらい冗長
(p.74)

コシが強そうですね。

ドラッグの四「ヒクリさま(幻覚サボテン)」では、サボテンではありませんがバナナの話が出てきます。バナナの皮を吸ってトリップするというネタはマンガか何かで見た記憶があります。本当に吸った人がいたのでしょうか。ちなみに吸ったらどうなるのかというと、

バナナの皮には微量のブフォテニン(ガマの毒)が含有されているそうだ。
(p.79)

とのことなので、大量に吸えば何かが見えるかも。もちろんサボテンの話も出てくるというか、そちらがメインです。

ドラッグの五「咳止めシロップ」は、今市販されている咳止めシロップには含まれていない成分の話。

〝咳止めシロップが止められない〟というので悲観して自殺した高校生もいた。馬鹿な子だ。死ぬくらいなら、
〝続けりゃいい〟
ではないか。
(p.87)

同感ですと言いたいところですが、私は咳止めシロップ中毒になったことがないのでよく分かりません。ただ、中島さんは実際に中毒になった上でそう仰っているので、説得力があるのかないのか。ちなみに中毒から抜け出すために飲むのを止めたときの禁断症状が、

どこか遠くから「浜辺の歌」が聞こえてくる
(p.92)

説得力はともかくとして、リアルです。

咳止めシロップを飲むとスタミナが付くような気がする説があったそうで、これは次のように一刀両断しています。

「スタミナがつく」んではない。禁断時の極度のだるさが普通の状態に戻るだけの話
(p.100)

煙草もそうだという説は昔読んだことがあります。ここで、情報公開してもただちに中毒者が増えるわけではないという件。

酒の広告が世界一多いこの日本で、僕のようにアル中になる人間が二百二十万人。つまり残りの一億数千万人は中毒にならずに過ごしているのだ。
(p.101)

確かに。でも他の国はどうなんだ、というのも知りたいですね。ググってみるとアメリカは810万人という数字が出てきました。アメリカの人口が3億3千万人とすれば、約40人に1人。日本は先の数字で概算すると55人に1人ですか。アメリカよりは少ないみたいですが、感覚的に多いのか少ないのか分からない。私の身近な100人の中にはアル中の人はいないと思うのですが、実は1人いてもおかしくない数字ですね。

ドラッグ七「有機溶剤」はシンナーとかの話。ここでは、実際に経験してみないと、

見えるものも見えてこない。
(p.131)

という話が出てきます。一体何が見えてくるのか。でもその見えているのはおそらく幻覚です。ところで、

毛沢東インドシナの米軍に対してダウナー系のヘロインを大量に渡らせるように仕向けた。
(p.134)

このような知識は役に立ちそう【なにが】なので、教科書にしっかり書いて欲しいです。アメリカの退役軍人が廃人っぽくなっているのはそのせいでしょうか。現代の戦争だとどんな薬が使われているのでしょうか。

ドラッグ八の「ハシシュ」では京大の話が出てきます。百万遍あたりは森見さんや万城目さんの話にも出てきそうな場所ですが、そこに住んでいたドイツ人が、

そこにときどきUFOがくる、とドイツ人が言っていた。
(p.151)

森見さんの小説とか、案外実話なのかも。

ドラッグの九「大麻」では、

「赤。それは赤という色のさまざまなニュアンスの一つ一つにとまりながら飛び回っている蝶々みたいなものだ」
(p.163)

ちょっと何言ってるのかわかりません。

この回には握薬療法というのが出てきます。これは薬の入った包みを手に握らせておくだけで効果が得られるというスゴい療法なのですが、さらにスゴいのがあって、

薬の名を書いた紙片を握らせるだけで効果が表れる
(p.171)

効果があることは医師が確認しているので本当らしいのですが、

それがなぜ効くのかよくわからない
(p.171)

さうですか。

ドラッグの十二「クスリ話」では、澁澤龍彦さんの話が紹介されています。

「滝に打たれて十年で得られる感覚が、ドラッグによって得られるなら、それはまったく同じことなのであって、ドラッグをどうこういう筋ではない」
(p.196)

滝行はその途中経過が重要じゃないのか、という疑問を感じますが、チートとしてはどうなのだろう。


アマニタ・パンセリナ
中島 らも 著
集英社文庫
ISBN: 978-4087470253

インフィニット・デンドログラム

今日はアニメで「インフィニット・デンドログラム」。2020年の冬アニメ。原作のラノベの著者は海道左近さん。

ジャンルはVRMMO系。ゲームの世界の中でバトルします。主人公のレイはパートナーのネメシスと共にレベルアップして強者になっていきます。ネメシスは普段は少女形態ですが、バトル時には武器や防具に変形します。ゾンビを怖がったりするのがお茶目です。

リアルの世界で実の兄のシュウが同じゲームでプレイしていて超絶強い。熊の着ぐるみというのは、何か最近流行っているのでしょうか。ていうか私もソシャゲでは「くま」か。この「くま」は PostPet のピンクのクマのイメージなのですが。

個人的にはアニメのラスボス、Mr.フランクリンが軽薄というか、精神的に子供で全然面白くも何ともないのが気になりました。このキャラがいなければもう少し面白くなったのに、という感じです。単に相性が悪いのかもしれませんが。

ラノベは未読ですが、アニメを観た感じではかなり省略されたりしていそうなので、これも原作を読んでみたい作品です。

 

蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-

今日はアニメで「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」。2013年の秋アニメ。原作はマンガで、作者は Ark Performance さん。

未来の軍艦バトル系。霧の艦隊という謎の艦隊と人類が戦います。AIが意志を持って戦うというのはやや現実味が出て来たといっていいでしょうか。マンガは読んでないのですが、アニメ版で少し変わっているようなので、これは読んでみたいですね。

主人公は誰なんだろ、Wikipedia では艦長の千早群像となっていますが、個人的には潜水艦イ401のメンタルモデル、イオナが主人公のように見えます。メンタルモデルというのはナノマテリアルという物質(?)によって人間タイプに実体化したオブジェクトで、いわゆる擬人化です。

見所は戦略なのだと思いますが、兵器が非現実的なので、沈黙の艦隊のような潜水艦バトルに比べるとリアルさに欠けているというか、SFロボットアニメ的な雰囲気で、派手さはありますが、インパクトは弱いような感じがしました。

船のナノマテリアルが擬人化すると女性になるのは何故か、という話が出てくるのですが、船の名前が女性だからそうなった、というのは面白い。ヤマトみたいなのはどんな人間になるのでしょうか。武蔵なんてのは強そうです。

龍ヶ嬢七々々の埋蔵金

今日はアニメで「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」。2014年の春アニメです。原作のラノベの作者は鳳乃一真さん。

ジャンルは謎解き、ミステリー、ファンタジー等々。主人公の八真重護が借りたアパートには地縛霊の龍ヶ嬢七々々が住み憑いています。といってもホラー的な感じは皆無なのですが。ストーリーは七々々コレクションという魔力を持ったアイテムを宝探しするというミッションで進んでいきます。埋蔵金というタイトルですが、金じゃなくてマジックアイテムですね。

個性的なキャラがたくさん出てくるので説明も面倒なのですが、個人的に気に入っているのは名探偵の壱級天災。謎を簡単にズバズバ解いていきますが、ロジック的には杜撰というか説得力がないのが面白い。でもアニメなので推理は全部当たります(笑)。

お宝が隠されているダンジョンには罠がわんさか仕掛けられているのですが、どうやって作ったのか全く想像できないというか、作っている途中で作業員が死にそうなのがたくさんあって面白い。