Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

天冥の標IX PART2──ヒトであるヒトとないヒトと

ということで今日は天冥の標、Ⅸ。「ヒトであるヒトとないヒトと」の PART2。

前半は舌戦シーン。論説バトルです。セアキ、カドム、アクリラという主役達がエランカ率いる政府を説得するシーンや、カドムが《救世群》相手に冥王班が治るという切り札を使って味方に引き入れるシーンなど。駆け引きの会話が面白いです。しかし実際に現場でこんなにうまく行くことは稀じゃないでしょうか。

その中で言葉では解決しないのが《海の一統》。

アクリラはショッカー…じゃなくてカルミアンに改造されてモンスター化しているのですが、それを知らないで支配権を乗っ取ろうと企んだのがスリーピーヘッド。名前からして賢くなさそうですが。

口先ばかりの艦長なんかに用はありませんや。話をするのは勝った人間だ。あんたの父親が領主に勝たせてやったときみたいにな。
(p.122)

大見得を切って武力行使で勝つ予定なのに、相手が最強なので逆に爽快にコテンパンにやられます(笑)。絶対強者のアクリラの落ち着きぶりが面白いです。

アクリラはその後スリーピーヘッドを航海長に指名します。それなりに力はあるし、支持基盤もあるので、追放しないで重用した方が役に立つわけです。実力主義者というのは、強い奴の下に付き、弱い奴は叩く、というポリシーを持っているので扱いやすいということもありますかね。

PART2の後半は《咀嚼者》の本拠地フォートピークに突入作戦。バトルシーンです。潜入しているイサリと合流してミヒルを倒して制圧するというミッションです。突入するときのセリフ。

「少なくともリスクに見合ったリターンはありそうですがね。そのリスクのど真ん中にひっぱりこまれるとは思いませんでしたよ」
(p.343)

対策を考えるときは、常に最悪を想定すべきなのです。想定リスク通りなら、想定を超えた雨が降ってアタフタするどこかの国よりはマシなようですね。


天冥の標IX PART2──ヒトであるヒトとないヒトと
小川 一水 著
ハヤカワ文庫
ISBN: 978-4150312312

天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと

今日は天冥の標、Ⅸ。「ヒトであるヒトとないヒトと」。PART1 と PART2 の2冊に別れていますが、とりあえず PART1 の方から。

奇妙なサブタイトルですが、この物語に出てくる人間は、《酸素いらず》や《海の一統》のように電気代謝能力を持っていたり、《恋人たち》のようなアンドロイドだったり、イサリのように硬殻体に改造されたり、いろんなタイプに進化しています。その結果、枝葉に分かれたヒトが、お互い人間じゃないか…と納得できたら話は簡単なんですが、そう簡単には行かないみたいな話です。

今回は次章のフィナーレ、宇宙大戦争の準備段階のシーン。イサリがマヒルを追い詰めるあたりの話です。新政府の大統領のエランカが頑張り、超絶強くなったアクリラは《海の一統》をまとめ直して戦いに備えるのです。PART1 では、《恋人たち》がドタバタします。星連軍という新しい戦力も登場しますが、

星連軍というのは、正式には二惑星天体連合軍、地球・火星・その他の小天体の勢力が条約を結んで設置した軍ですね。
(p.110)

どんどん話がデカくなっていくようです。

《救世群》は体を改造する時点で殆どの人が不妊化されてしまってパニックになっているのですが、そうなった理由が宇宙人カルミアンの勘違い、という発想が面白いです。

カルミアンは支配と繁殖を同列に考える種族だった。
その性質を《救世群》にも適用してしまったんだ。
(p.165)

人間がハチのような種族になってしまったわけです。惑星セレスが恒星間飛行をしている理由は、そこに体を元に戻す情報があるから、というのですが、

ふたご座ミュー星……そこへ送った情報の中に、《救世群》を元の体に戻す見取り図が含まれていたんだな?
(1, p.170)

そこにあるデータを使えば不妊化する前の体に戻ることができます。ただ、わざわざ冷凍睡眠までして取りに行かなくても、太陽系からそこへデータをアップロードできたのだから、ダウンロードして体を戻していけばいいような気もするのですが。

PART1 で印象的だったのは、アクリラが《救世群》の本拠地から逃げて来て、助けを求めるシーン。カドムやラゴスはアクリラは死んだと思っていますから、私はアクリラだと言われても信じられない。そこで、本人かどうかを確かめるような質問を考えます。

アクリラなら覚えているはず――やつと君が、セナーセーの灯台でイサリと初めて出合ったとき、イサリのどこを撃ち抜いたか?
(1, p.174)

1巻で出てきた話ですね。このことを知っているのはイサリと、その場にいたアクリラとセアキ。質問されたアクリラはこの問いを聞いて、その場にセアキがいることに気付いて喜ぶ、というなかなかいいシーンです。

てなわけで、もう一つ。羊飼いのポント大臣は、喋り方が面白い。

はあ、ダダーらぁ、確かにそのようなところがありおりますな。
(p.233)

ありおりはべりいまそかり。

(続く)


天冥の標IX PART1──ヒトであるヒトとないヒトと
小川 一水 著
ハヤカワ文庫
ISBN: 978-4150312138

あかねさす少女

今日はアニメで「あかねさす少女」。2018年の秋アニメ。dアニメストアで今月で配信終了になるので観てみました。キャラクター原案に桂正和さんが参加していますが、最初に観た時には分かりませんでした。

ジャンルはSF。あるいはヒロイン戦隊もの。並行世界に移動してドタバタやって元の世界に戻って来る、というパターンです。サブカル的に分析すると、いろいろマッチしそうな構成です。

鉱石ラヂオ研究会という部活が出てきます。ゲルマラジオって今の子供は作ることがあるのでしょうか。AM放送は民法ラジオが2028年に終了するという話もありますが、ゲルマラジオのような単純な回路で聞けるというメリットがあるので残しておいて欲しいものです。簡単とはいっても、無人島に漂流したときにゲルマラジオが作れるかというと、ちょっと無理っぽいですが。

アニメの背景には昔のラジオとか真空管アンプとか出て来て、そっちのマニアならストーリーと関係ないところで楽しいと思います。ウォークマンにカセットテープを入れると変身するという時代錯誤的なシナリオも面白い。今の若い人にはワケがわからないのでは。案外、架空のメカだと思っていたりするかもしれません。

主人公の明日架の、味噌蔵の娘という設定も珍しいですが、最後までちゃんと味噌が話に絡んでくるのも、神社と共に和風テイストの作りに味を添えていて、なかなか面白いです。

メインの5人の少女はそれぞれ個性的ですが、個人的には優が好みですね。

人類は衰退しました

今日はアニメで「人類は衰退しました」。2012年の夏アニメ。原作はラノベで、著者は田中ロミオさん。

妖精さんが出てくるのでジャンルは明らかにファンタジーだと思うのですが、その内容は風刺、パロディ。現代社会への批判(笑)に満ちた作品です。例えば #9の「妖精さんの、ひょうりゅうせいかつ」では無計画な乱開発で作物が取れなくなったりしていろいろ大変という笑えない事件が起きたりします。

主人公の「私」は妖精からは神様と呼ばれていますが、かなり人間的に冷めた感じで何事にも動じない、あわてず落ち着いてゆるゆるで受け流す感じのキャラです。妖精さんは常に想定外のことをやらかすので、事件に動じているようでは相手ができないのです。

全体的にゆるい感じのアニメですが、#11, #12 は「私」の学生生活、学校内の人間関係が描かれていて、ちょっと怖いです。内面と外面のギャップがスゴい。これがリアルだよ、という警鐘だと思うのですが、もしかすると現実はアニメよりも奇なり、という感じで衰退が進行しているのかもしれません。

天冥の標VIII ジャイアント・アーク

今日は天冥の標、Ⅷ。「ジャイアント・アーク」。PART1 と PART2 に別れています。

この章は、1章の「メニー・メニー・シープ」と同じ時間軸で進行します。1章の謎解きのような内容になっています。1章に出てきたイサリは、300年の冷凍睡眠から目ざめたところだったのです。

メニー・メニー・シープというのは何かというと、

「ここは東西南北百三十キロの、巨大な地下空洞なの。私たちは三百年間、それと知らずに人工の地下世界で暮らしてきたのよ」

(PART1, p.80)

そして、その地下世界から、天井に登ろうとする、というのがこの章のおおまかなストーリーです。メインキャスターのカドムとアクリラは殆ど死んだ状態になりますが、アニメ的にはその後超強ぇ人間【謎】として転生する…というのがありがちですが、この物語では致命的な損傷を負った内臓を機械で代用するという大技が出てきます。

ストーリーの感想を書くと訳が分からなくなるので毎度のようにパスして、興味を持ったところをいくつか紹介します。

左方向が過去で、右方向が未来に当たる。
(PART1, p.11)

左右という概念を宇宙人に説明するのはかなり難しいと思いましたが。案外サラっと左右という概念が出てきました。

奉仕は快楽だ。正解のない難問をたった一人で負わされるよりも、よく知っている仕事を手際よく仕上げて報酬を受けることのほうが簡単だ。
(PART1,p.138)

《恋人たち》の言葉。《恋人たち》は奉仕することが最優先のミッションなので、それが快楽にリンクされているのは当然の設計方針だと思います。という余談は置いといて、後半の「簡単だ」というのは、だけど面白くない、という指摘だと解釈しました。

メニー・メニー・シープでは科学は再現できなかったというネタが出てきます。これは、高度な概念が生まれても、

それを理解する研究者も奨励する政府機関もないため、未熟な独自研究の域を出ることなく、やがて細って消えた。
(PART1,p.152)

というのが原因だというあたり、凄い観察力だと思います。現実世界では、細って消えていく概念がたくさんあるのです。

最後にひとつ、これは分かるというのが。

医者には筋道立った考えをしようとするくせもあってな、
(PART2, p.273)

魔術師じゃないですからね。日常的に慣れた手順であっても論理的に治療するというのが医者なのです。多分。


天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1
小川一水
富安健一郎 イラスト
ハヤカワ文庫JA
ISBN: 978-4150311599

天冥の標VIII ジャイアント・アークPART2
ISBN: 978-4150311698

グランクレスト戦記

今日はアニメで「グランクレスト戦記」。2018年の冬~春アニメ。原作のラノベの作者は水野良さん。

主人公のテオと魔法師のシルーカが協力して混沌とした世界を統一するファンタジーです。原作は私は未読なのですが、Amazon のレビューを見ると最初の方はあらすじ的になっているという意見もあるようなので、原作を読めば省略された細かい流れが分かるのかもしれません。聖印の説明とか詳しくされても分からないような気もします。だとしてもアニメ的に雰囲気で理解できればokみたいな。

世界観としては、中世的な魔法世界があって、魔女や吸血鬼、獣人が出てくるといった感じです。種族間の確執とか因縁もありますが、いろいろ微妙に分かりにくい。登場人物も多いので、24話のアニメでは時間的にちょっと無理があるのでしょう。昔は一年かけて放送するアニメも普通にあったのですが、今は24話でも長い感じがするので、このストーリーのような壮大な原作をアニメ化するのはいろいろ難しいのでしょう。

キャラで気になったのは女司祭のプリシラ。ヒーラー役で、重要なキャラが致命傷を負ったときに、まだ死ぬ時ではないとかいって回復させてしまうのは最強です。何となくズルい気もしますが、最後のシーンは印象的です。

もう一人はミルザー。テオの宿命のライバルです。テオが対話することで信頼を得て仲間を増やしていくのに比べ、ミルザーは容赦なく力で屈服させて支配を広げていきます。最終的は一騎打ちでミルザーが敗れることになりますが、テオが説得できなかったという意味では、テオをしても勝てなかったという解釈もできそうです。

 

ダンタリアンの書架

今日はアニメで「ダンタリアンの書架」。2011年の夏アニメ。原作のラノベの著者は三雲岳斗さん。ラノベはまだ読んでませんが、これは読んでみたいです。

ジャンルはファンタジーアクション、って感じです。時代は1919~1920年のロンドン近郊っぽい場所。「幻書」というアイテムが出てきます。これは、読むことでいろんな効果が得られたり、ヤバいものの製法が書いてあったり、演奏すると聞いた人を操れるような楽譜だったり、あるべきではない本のこと。「げんしょ」と発音するので、最初は原書かと思っていました。

この本を体内に封印しているのがダンタリアン(ダリアン)。書架ですが少女の姿をしています。禁書目録みたいな感じですね。話し方は「ですます」調です。好物は揚げパン。

ダリアンの鍵を持っているのがヒューイ。結構よく撃たれたり殴られたりしますが、タフな青年です。ダリアンが許可したときは、この鍵を使って幻書を取り出し、読むことで事件を解決します。女の子の鍵穴に鍵を突っ込んで開けるというのは「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」を思い出します。

ストーリー的にはファンタジーっぽいですが、民話とか伝説的な雰囲気も混ざっていて、独自の世界になっています。