Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

マエストロ・ガールズ このコルネット、憑いてます。

今日の本は天沢夏月さんの「マエストロ・ガールズ」。高校生向けかな。

この本はノーヒントで実際に読んで欲しいので内容に関しては特に書きませんが、一つだけ。タイトルに「憑いてます」と書いてありますが、この物語に出てくるメインキャラは、主人公の七瀬美香、最初から最後まで絡んで来る男子の川崎、もう一人の紫乃が幽霊です。コルネットという楽器に憑いていて、拾った美香の体を借りて演奏するのですが、

健康だけが取り柄みたいなあたしにとって、死なんてものは日頃は意識にすら入ってこない。十七歳で死ぬ人生なんて、想像もつかない。
(p.020)

高校生の頃に死なんて普通は意識しませんよね。身近にいる誰かが死んだ時位のものでしょうか。私は結構そういうことはあったのですが、それでも十七のときに自分が死ぬことなんて考えてなかったですね。

吹奏楽部が舞台なので、楽器がそれなりに出てきます。演奏するときにはいろんな楽器の知識が必要だという話があって、

その知識は演奏のためには不要かもしれない。でもそれを知っているのと、知らないのとでは、音の聴こえ方が変わる。
(p.111)

私はオケの楽器は殆ど何も知りませんが、中学生の頃からギターを弾いているので、知っている楽器の聴こえ方が変わるというのは感覚的に分かるような気がします。自分が演奏できる楽器は、自分だったらこう弾くとか、こんな弾き方があるのかとか、余計なことを考えてしまうからかもしれませんが。

メインキャラを三人紹介しましたが、

川崎って、氷属性なんだよね。紫乃の音って、光みたいだと思うから、相性いいのかもね。透明な氷に光が反射して、きらきらする。
(p.117)

私の演奏は闇属性なので多分合いませんね。本には威風堂々とか出てくるので、クラシックでも聴きながら読めばいいのかもしれませんが、私は今日はずっと Genesis 聴いてたし。


エストロ・ガールズ このコルネット、憑いてます。
天沢 夏月 著
小学館文庫キャラブン!
ISBN: 978-4094066906

掟上今日子の旅行記

今日は忘却探偵シリーズから「掟上今日子の旅行記」。ガリバー旅行記みたいな?

と思いましたが全然違いました。今回の舞台はフランス。エッフェル塔を盗むという予告状に掟上さんが挑むというお話です。てなわけでフランス出張です。それにしても寝たら忘れてしまうという体質なのに海外旅行なんかして、起きた途端に「ここはどこ、わたしは誰」状態にならないのですかね。

言わんこっちゃないというか、今日子さんは眠らされて記憶を失った上に、怪盗淑女になってしまいまうのですが。

私は掟上今日子。怪盗。
一日ごとに記憶がリセットされる。
(p.58)

「探偵」と書いてあるところを上書きされて「怪盗」になっているのを今日子さんが鵜呑みにしたのです。そんなことができるのなら、魔女とか大天使とかにもなれるかもです。ところが、今回の相棒の厄介さんはその筆跡がおかしいので誰かに工作されていることを見抜く、というネタバレなのですが、そんなウマイ話、ありますかね。本人が筆跡の違いに気づかないのに他の人が気付く。そもそも、私なんかだと自分が書いた字が読めないので、自分が書いたのかと言われても分からないです。案外、第三者の方が信用できるのか。

ところで、エッフェル塔を建てたのはエッフェル氏なんですね。実はフェルト製で「えっ、フェルト?」という話ではありません。くだらない冗談はさておき、

エッフェル氏は、なんと身に覚えのない冤罪をかけられたことがあるらしい
(p.116)

わざわざ覚えがないと力説するということは、身に覚えのある冤罪とかあり得るのですかね? 犯人なのに無罪にされてしまうとか。

塔を盗むアイデアも微妙な感じがします。これなら Google Mapsエッフェル塔の場所を書き換えてしまう、みたいな程度でも盗んだことになってしまいそうです。ヴァーチャル泥棒ですね。あるいは完全に復元可能な設計図を手に入れる、例えば細部までを撮影し3D化したデータを作ってしまえば、物理的にはアレでも情報としては盗んだも同然。あとは巨大3Dプリンタでもあればいくらでも複製できますから…。


掟上今日子の旅行記
西尾 維新 著
VOFAN
講談社
ISBN: 978-4062203760

人類最強のときめき

今日は「人類最強のときめき」。この本には、中編が3つと、失敗シリーズが3作入っています。割と薄い本です。Kindle だと気付かないかな。ちょっと値段が安いところで気付く?

まず、「人類最強のときめき」は、何がときめきなのか未だに分かっていません。

ちょっとときめいちまった
(p.19)

という表現があるのでコレか、という感じはしますが、二葉を見てときめくというのが謎。エネルギー保存というキーワードも出てくるのですが、この島、猛烈な勢いで植物が育つというシナリオになっています。どこからそんなエネルギーが出てくるのかも謎。潤は食料を探していたはずなのですが、そんなエネルギッシュな植物なら食えばいいに、なにくわぬ顔をして、食わない。

この調子で植物が育ち続ければ、遠からず島は海に沈むことになるだろう
(p.30)

ということはつまり、植物の重量成分は空気中の二酸化炭素を固定したことになるのかな。そんなスゴい植物があれば、CO2排出量問題は瞬時に解決しますね。

2つ目の作品は「人類最強のよろめき」。よろめきって、何か昼ドラのイメージなんですけど、昼ドラって今もやってるのかな。読み始めたら止められなくて飲食を忘れて死んでしまう本と戦うストーリーです。戦っていたっけ。

この本を開発した、ドクター・コーヒーテーブルは、

事実は小説より奇なりって言いますけれど、本当に事実が小説より奇だったことって、ありますか?
(p.83)

あるねぇ。本には書けないことってあるから。表現の不自由展なんかに展示できるレベルのものなんか、大したことはない。

で、短編はまず「Miss/ion 3. 死ぬほど幸せ」。飛び降り自殺の動機が分からないので、調べてくれ。他殺じゃないのか、というようなネタです。人生には死にたくなるような瞬間がよくあるよね、という話も出てきて、

人生ってのは、その『死にたくなるような瞬間』を如何にやり過ごすかというのがテーマみたいなところがあるからな
(p.113)

根性しかないですかね。してみると、鈍感というのは才能のような気もします。

次の短編「Miss/ion 4. デジタル探偵との知恵比べ」より、この科白。

まあ電子書籍が発展しない理由は、もうちょっと別なんだけどなー
(p.139)

高すぎるし、読みたいときに読めないというのはどうしようもないですね、バッテリー斬り~。ってギター侍って今何やってます?

最後は「Miss/ion 5. 不敗のギャンブラーと失敗の請負人」。運がいいギャンブラーとの勝負です。相手は流れを読む能力、つまり、次にどの目が出るからを予測する能力があります。そこは科学じゃなくて「運」の一言で片づけているのですが、運って何だよ。

あたしだって、勝つときには勝つ理由があるし、負けるときには負ける理由があるぜ。勝つはずだったのに負けた、負けるはずなのに勝った、なんてことは一度もねーよ」
(p.158)

確かに。ていうか、勝ったときに負ける理由を分析するとか、負けたときに勝てる要素を調べ上げるような人はあまりいませんよね。勝った時は勝因だけに注目する。だから勝って当たり前のような錯覚をしがちですが、実際は偶然勝っただけで、負けてもおかしくないことだってありそうな気がします。thin ice の上に立っていても、割れて落ちなければ気付かない。


人類最強のときめき
西尾 維新 著
竹 著
講談社ノベルス
ISBN: 978-4062990936

学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」

今日はブルーバックスから、数学者の広中平祐の「学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」」です。

ブルーバックスなので数学ネタかと思いきや、人生論的な話が満載で、いろいろ考えさせらる本です。例えば、

人間は親を選択することはできないが、友を選ぶ自由は認められている。
(p.46)

だからいい友達を選べ、という話なのですが、数学とは関係ないですよね。

あるいは、何で勉強するのかという問いに対して、

 私は、学生からこうたずねられると、「それは知恵を身につけるためではないか」と答えることにしているのだ。つまり、学ぶことの中には知恵という、目には見えないが生きていく上に非常に大切なものがつくられていくと思うのである。
(p.53)

だそうです。知恵という表現がいいですね。私は「考え方を高めるため」という言い方をよくします。機械学習が進んで判断ができるようになるイメージです。勉強することで、知識だけでなく思考回路が最適化されるのです。

この話は禅的です。広中さんが家庭教師で小学生に教えていたとき、なかなか覚えないので、なぜ覚えられないのだと怒ったら、

「ぼく、アホやし」
(p.110)

と言われたという話。逆に教えられたのが、

どうせ私はアホなのだから、できなくて当然、できたら儲けものといった気持ちになるのである。
(pp.110-111)

人間って、つい自分は何でもできるとか、そこまで慢心しなくても、頑張ればできるかもとか思いがちなのですが、実際は大抵のことはうまく出来なかったりするのです。その時に「どうせ」という考え方が案外役立つのです。

数学の話も、もちろん出てきますが、意表を突いたものが多いです。例えばこれは有名な数学者、岡潔先生のお言葉だというのですが、

「数学上の問題を解くには、方程式を書いてコツコツやってもはじまらない。仏の境地に達すれば、何だってスラスラ解けるものだ」
(p.136)

マジですか。やはりどの世界でも達人はスゴいのですね。


学問の発見 数学者が語る「考えること・学ぶこと」
広中平祐
ブルーバックス
ISBN: 978-4065124970

掟上今日子の婚姻届

こっちのシリーズも既に順番が何だか分からなくなっていますが、今日は「掟上今日子の婚姻届」。

ゲストキャラは常連の隠館厄介。冤罪体質の人です。この厄介に破滅体質の囲井都市子がプロポーズするというのがメインストーリーです。それはそれで面白いので今回も全部スルーするとして、気になったところのツッコミだけ入れてみます。まず、忘却探偵である掟上さんの特性について。

積み重なった記憶がないということは、その分、脳のリソースを思考に割くことができるという意味
(p.13)

その可能性もありますが、1日分のデータを入れたら memory full になってしまうので寝てリセットして空きを作っている、という可能性もありますよね。実在するサーバーだとそういうのが多そうです。

次は厄介が仕事をクビになったときに呟く言葉。

生きているだけでマイナスとは、なんて人生だろう。
これでは死んでいるほうが効率がいいということになりかねない。
(p.42)

マイナスだとそこで死んでいるような気がするのですが、収入から生活費を引いたらマイナスになるって、どうやれば実現できますかね。普通、ゼロスタートで収入から生活費を引いてマイナスというのはあり得なくて、マイナスになる前に餓死とか凍死しそうな感じですが、最近はニートという人達もいるし、そうでもないのか。資産家の息子で最初から預金があるとか。

次のコレは、先入観の法則とでも呼びましょうか。

『以前に理不尽に疑われたことがある』という事実が、更なる疑いを招く
(p.52)

疑われる奴だから悪いことしているだろう、という話です。疑われているやつは、疑われているという理由で信じてもらえなくなるのです。まあ世の中その程度のものなんですが、ゴーンさんは結構頑張ってますね。この法則も絶賛発動中なので、誰も信用してないように見えますけど。アレを信用する人っているんですかね。証拠を出すといってスクリーンに出した書類の画像が読めないというのは面白かったですけど、アレを信用する人っているんですかね?

最後に、コツコツやることについて。

いつの日か百万円に達することを夢見て、何年もかけてちまちまと五百円玉貯金をしていたところに、突然、宝くじで三億円当たってしまったようなものだ――これでは人生の意味を見失う。
(p.200)

そういう人は三億円当ててもちまちまと五百円玉貯金を続けると思います。ていうか500円を2000回入れたら100万円ですから、案外達成しやすい目標です。インフレで物価が100倍になった方がダメージは大きいでしょう。


掟上今日子の婚姻届
西尾 維新 著
VOFAN
講談社
ISBN: 978-4062200714

BIG ISSUE 373, スペシャルインタビュー, 水曜日のカンパネラ, コムアイ

今日は BIG ISSUE JAPAN の 373号、表紙がコムアイさんだったので久々に買ってみました。というのが昨年末頃のことで、どこかに埋もれていたのが今頃出てきました。

水曜日のカンパネラコムアイさんといえば、

舞台上でシカの解体ショーも行ってしまう
(p.04)

というのが有名ですが(そうでもない?)、それって解体後はおいしくいただきました、ということなんでしょうか。私は昔、鹿の刺身を昔食べたことがありますが、ちょっとアブラののったトロみたいな感じ。

理想は江戸時代の長屋生活
(p.04)

これは、何か分かるような気がします。江戸の長屋は知らないけどね。誰か江戸時代生まれの人いないかな。

もちろん、コムアイさんは猟師でも解体師でもなく、江戸の長屋の用心棒でもなく、歌手なわけで、

声って、思ったこと、感じたことをそのまま音にして出せる、最高の楽器だ
(p.05)

ま、プロですからね。私なんかだと思った音程が出ないところで既に最低なんです。それにしてもまだまだ修行中のようで、

最近は能の謡(うたい)を習っているんです。
(p.07)

そういえば、世阿弥って歌ありますね。能能とした感じの歌ですが。ラジオを聴いていて思ったのですが、コムアイさんの場合、他人の言うことを参考にするとかじゃなくて、ボクの後に道は出来る的な、我が道を行くイメージだったのですが、

人って結局、他人に言われたくらいじゃ変われなくって、自分の気づきがあってこそ進むことができるんじゃないかなって。
(p.07)

やっぱり、って感じです。でも実は世の中には他人に言われたくらいでコロコロ変わってしまう人だって大勢います。とても怖いことだと思います。

最後に、なかなかインパクトのある言葉を紹介しておきます。

たとえ無差別テロ犯であっても、その人なりの行動の背景にあるものを想像できないとダメだと思うんですよ
(p.07)


BIG ISSUE JAPAN
373
スペシャルインタビュー
水曜日のカンパネラ
コムアイ

思考の飛躍―アインシュタインの頭脳

今日の本は吉田伸夫さんの「思考の飛躍―アインシュタインの頭脳」。

特殊相対論、一般相対論、ブラウン運動量子論量子力学批判、統一場の理論、ということでアインシュタインが思考してきた理論について、周囲の人達を巻き込んだ論争とともに歴史的な経緯が紹介されている。数式もたくさん出てくるが、それがどう受け入れられたとか、反発されたとか、対人的な関係が時代ごとに紹介されていて、なかなか厳しい道のりだったことが分かる。

アインシュタインヒルベルトのバトルとか、はたまたボーアとのバトルとか、膠着状態になってなかなか決着がつかないところが面白い。流石のアインシュタインヒルベルトと数学で戦うのは苦戦したようで、結構計算ミスすることがあったという話も出てくる。

ボーアとの論争は、最後にボーアが無茶苦茶な反論をしたというのが面白い。アインシュタインも、そんなことを言われたら話にならないということで論争を放棄したらしいが、

多くの物理学者はボーアを尊敬しているのであまりはっきりとは言わないが、この反論は、とても正当化できるものではない。
(p.187)

量子物理学の世界では、議論の内容まで不確定性を持ってしまうようである。

 

思考の飛躍―アインシュタインの頭脳
吉田 伸夫 著
新潮選書
ISBN: 978-4106036606