Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

侵入 レベル7 (1)

今日は昨日紹介した「侵入 レベル7」について、少し書きます。

ストーリーとしてはサイバー小説というよりはSFです。物理学的根拠から逸脱した現実性のなさそうな設定ですが、世の中案外ヘンなことが普通に進行しているので、既に謎のネットワークがインターネットとは違う世界で暗躍していても別に不思議ではないです。裏インターネット。

いろんな固有名詞が出てくるので、知っていれば面白いのですが、知らないと分からないところも多々あります。

地球が静止する日』という映画だ。
(p.69)

この映画は 2017年現在「地球の静止する日」と呼ばれています。「地球が静止する日」は2008年に発表された、同じストーリーのリメイク版がそう呼ばれています。ややこしや。この小説は 1987 年に書かれているのです。

主人公のピーター・キャシディは物理学者。見た感じはハッカーというよりエンジニアですね。情報工学

ピーターには覚えられるものと、覚えられないものがあった。
(p.12)

誰だってそうかもしれませんが。ちなみに、私は人名が覚えられません。顔はすぐ覚えるのですが。このピーターがアカウントを盗まれてしまって大犯罪の犯人と誤解されてしまいます。それも本人が制御できない問題ならともかく、

あのときキャプテンと……そう、デヴィッドの二人が肩ごしにスクリーンをのぞいて……ぼくのIDコードを記憶したんだ。
(p.193)

こんなマヌケなやり方で盗まれたのでは言い訳のしようもありません。このIDは踏み台になるだけで、さらにレベル7にアクセスするためには、ハント・コードというどこでもドアみたいな最強アカウントが必要なのですが、そちらも管理者が漏らしたのではないか、という話になっています。パスワードをコンピュータを使って破ったらカッコイイのかもしれませんが、パスワードを除き見で盗む、というのはリアルなんです。

この話の年代はまだ今のようにインターネットがインフラとして成熟していないので、パソコン・ネットワーク(p.75) のようなモノが出てきます。今の人にはパソコン通信なんて通じないでしょうから、時代の進化速度はたいしたものです。

この秘密の端末の周波数と信号波の特徴を知っていて
(p.124)

といわれてもピンと来ないでしょう。モデムとか使う人、今はいませんからね。しかし(多分)今も変わらないのはハッカーとかクラッカーの皆さんの精神構造です。

彼らは“データを発見できる者は、データを所有してよい”という倫理規範にしたがって行動した。
(p.95)

誰でもアクセスできるデータは公開されている、自由に参照できる、というのはある意味インターネットの大原則ですが、間違って公開してしまったデータもそうなのか、という所で倫理観が分かれるはずです。

長くなりそうなので、明日に続きます。


侵入 レベル7
扶桑社ミステリー
ダーク ハンソン 著
天野 隆司 訳
ISBN: 978-4594003937

雑記

今日は移動日でちょっと疲れたのか体調が良くないのでパスです。寝たら直るような気がします。電車の中で読んでいたのはダークハンソンさんの「侵入」。

コンピュータに侵入されて、それに使われたアカウントの持ち主が犯人と疑われて逃げまくりながら真犯人を探すというストーリー。これを最初に読んだときに比べるとインターネットが進化しすぎて逆にピンと来なくなってしまったところがあるような。

インターネットって、全部一斉に利用不能になることはない、という前提で使っていると思うのですが、本当にそうなのかな。現実的には全部どころか twitter だけが壊れるだけでも世界がパニックになるような気もしますが。

雑記

今日も時間がないので書評はお休み。といいつつ何冊か読んでいるのだが、いまいち本気になれない。タイトルを考えるのも案外大変なので、これからは思いつかないときは「雑記」と書くことにする。

今日読んだ本の中の一冊が、コクトー作「恐るべき子供たち」、これなどは「おそる」がうまく変換できない時点でもう評を書く気が0に落ち込んでしまうのだが、どうもこの作品を読むとエリザベートばかりが気になってしまって全体が見渡せなくなってしまうので困る。

 

五番街を歩こう

自選集という文庫本コミックの4巻目です。タイトルになっている「五番街を歩こう」は3話のオムニバス、少女マンガ的な大人が出てくるのが面白いです。

岩館さんといえば登場する女性がとてつもなくズレているというか天然度が高いのですが、この本では特に浮き足立っている【謎】のが「きみは3丁目の月」に出てくる恩田ルツと日野みどり。ルツは忘れ物を弟の彰に取ってくるよう頼むのですが、彰は途中で倒れていた女の子を背負って帰ってきます。

あたし
女の子を
持って来いなんて
いわなかったわ
(p.177)

そういう問題じゃないと思うのですが、ベッドで横になっているみどりは、ルツが覗き見しているのに気付いて、こんなことを。

へびのような目で
にらんでいるわ
(p.180)

なかなかいい勝負。他人だと思っていたら兄妹だった、というのは「コクリコ坂から」だけど、血縁関係があると思っていたら他人だったというのは少女マンガのストーリーとしてはたくさんありますね。現実的にそういうヤヤコシイ話はどれ位あるのでしょうか。

この本の最後の作品「鏡の中の華子へ」はスズメを探してください。


岩館真理子自選集 (4) 五番街を歩こう
岩館 真理子 著
集英社文庫
ISBN: 978-4086172318

宇宙をぼくの手の上に

SF。作者フレドリック・ブラウン氏は、序文にこんなことを書いている。

わたしは、ものを書くのが大嫌いなのである。
(p.10)

どこまで本気にしていいのか分からないが…

この後ブラウン氏は、SFなら非科学的なことでも強引に世界を作って完成できるからいいというようなSF作家らしからぬことを主張しているのだが、個人的には、SFこそ非科学的であれ合理的な一貫性が余計に必要とされるような気がするのだ。猛烈に。だって現実的世界においては、どんなに非科学的で不条理であっても「現にそうだから」という誤解を理由に片付けることができるではないか。

例えばこの短編集の先頭を飾っている「緑の地球」では、地球に帰ることだけを心の支えにして生き続けてきた宇宙漂流者が主人公になっている。主人公に

今じゃ、地球にはだれも住んでいないんです
(p.26)

という事実を告げるとどうなるのか、少し意表を突いたエンディングかもしれないが、あるだろと言われたら実にありそうなオチで締めくくられている。そこにあるのは合理的結論だ。あくまでSFは合理性が必然なのである。あるいは「一九九九年」に出てくるセリフ、

どっちが大事なんです、犯罪者を罰することと、犯罪をなくすことと。
(p.69)

現代の社会常識からいえば罰することが大事に決まっているが、これはSFだから犯罪をなくすことが大事だという非常識だが合理的な結論で幕を引くことができるのである。

「すべて善きベムたち」に出てくるベムや、「星ねずみ」のプルクスルで生き延びている地球外生命体は、高度に発達した知的な存在でありながら、ありそうなオチを予測できずに結局やらかしてしまうという不思議な立ち位置にいる。今の地球の流れならあらゆる結末をシミュレーションで計算し尽くしていそうなものだが、この小説が書かれた当時はAIを使ったディープラーニングなんてSFの世界にもおそらく登場していなかったので仕方ない。あるいは、不完全な存在であることは、生き延びるための必須条件なのかもしれない。やりすぎてしまうと全てが終わってしまい、それ以上続ける意味がなくなるのだ。

ただ、この短編集の中で「さあ、気ちがいに」※だけはちょっとだけ疑問が残った。この話は、ナポレオンの精神が1944年に交通事故から目覚めた男にコピーされてしまうという設定なのだが、その時点で既に、この男が「私はナポレオンだ」と正常な精神状態に基づく主張をし始めたら精神病だと診断されて病院から出られなくなるというオチが必然的に予想できてしまったからである。それを予想しないでノコノコと精神病院に取材入院するというのはちょっとあり得ない話というか、マヌケすぎるような気がしないでもない。

もっとも、この男は宇宙の真実を理解してまさに発狂し、最終的には病院から出てくる。自分はナポレオンだという真実を放棄し、新聞記者ジョージ・ヴァインだという妄想を持つに至った時点で、

精神病院当局もまた、彼をジョージ・ヴァインだと考えていたので、それが妄想であることに気づかず、結局、彼を退院させ、彼が正気であるという証明書を交付したのだった。
(p.376)

という結末に至るのだが、結局狂っているのは社会の方で、正常なのは狂人扱いされる側だというのは現実を批判しているというよりは現実そのものに酷似しているようで、その点は実に面白い。こんな書評を書いたら病院に入れられてしまうのではないかと若干心配になってきた。

※表現としては不適切かもしれませんが、作品名のため、あえて原文のままと致しました。


宇宙をぼくの手の上に
フレドリック・ブラウン
中村 保男 翻訳
創元推理文庫 605-5
ISBN: 4488605052

蒼のファンファーレ

今日紹介するのは競馬小説。

舞台は地方競馬、広島の鈴田競馬場で最も小さい緑川厩舎は、

藻屑の漂流先――。どこの競馬場でも、使いものにならなかった人や馬が流れ着く。
(p.016)

酷い言われようです。ヘンな人が集まる謎スポット。主人公は芦原瑞穂、この漂流先から19歳の女性ジョッキーがGIに挑むというストーリーです。じゃじゃ馬の瑞穂ちゃんは

熱血の薔薇騎士ミズホちゃん
(p.094)

とか言われていて、さながら魔法少女、要するに客寄せパンダにされている現状に常にイラっとしている感じですが、実はイライラは生まれつきですかね。主馬公【謎】はフィッシュアイズ。タイトルの「蒼のファンファーレ」の蒼は、

爛々と光る両の目は蒼い。
(p.005)

ということで、この馬の目の色からきています。性格も、

どうしようもない暴れ馬だった
(p.014)

やんちゃです。それをいかに調教するかという見せ場が各所に出てきてハラハラします。登場人物も、イケメン風水師のワン失声症で声が出ない木崎、馬方のジジイのカニ爺、ベテラン女性ジョッキーの二階堂冴香、アイドル少女ジョッキーの木下愛子、皆さん個性派揃いですが、さらにこの小説は馬の描写がなかなかいいです。フィッシュアイズのライバル馬のティエレンがレボルティオと駆けあうシーン。レボルティオは鈴田競馬場では連戦連勝で、乗っているのはベテラレジョッキーの浅井環。

 環が歯を食いしばり、力一杯鞭を入れる。押し出されるように、レボルティオが前に出た。
 すると、ティエレンも同じだけ前に出る。再び、環が鞭を振り上げた。鞭を風車のように回転させ、レボルティオを連打する。レボルティオが泡を吹きながら、必死に足を伸ばした。それをあざ笑うように、ティエレンも同じだけ前に出る。
(p.113)

本気で走ってもちょっとだけ勝てないというのはキツそうです。こういう勝負で負けた馬は潰れるというのですが、

タフであればあるほど、試されるのは気力だ。
(p.281)

強者の勝負は人間以上に厳しそうですね。最後のGIのバトルは写真判定


蒼のファンファーレ
古内 一絵 著
小学館
ISBN: 978-4093864725

世界の中心で愛を叫んだけもの

今日は「世界の中心で愛を叫んだけもの」を少し読み直したのだが、うまくまとまらない。書評はまた明日にしたいのだが、途中まで書いておく。

作者のハーラン・エリスン氏はこの本のまえがきで、

世界の中心で愛を叫んだけもの」のような小説を書いたがため、また『危険なヴィジョン』のようなアンソロジイ小説を編んだがため、ぼくもこのどうしようもなく人工的な袋小路に押し込められた作家のひとりである。
(p.9)

このように自己紹介している。「世界の中心で愛を叫んだけもの」の最初にでてくる無差別大量殺人の reason をこの小説はコントロール不可能な別次元のモノとして描こうとしているようだが、どうもそこがよく分からない。背景にあるものは宗教的なような気もすれば、科学的・理論的な必然であると主張したいようにも見えるし、あるいは偶然だといいたいような気もしてくる。


世界の中心で愛を叫んだけもの
ハーラン・エリスン
浅倉 久志伊藤典夫
ハヤカワ文庫
ISBN: 978-4150103309