Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

自警録

面白いので昨日の続きで書いてしまいます。新渡戸稲造さんの「自警録」です。「心のもちかた」という副題が付いていますが、人間はどう生きるべきかという啓蒙書です。

一度は読んでおくべき一冊かもしれません。といいつつ私はこの歳【謎】になるまで読んだことがなかったのですが。十代で読みたかったです。

かつまた人を威して克つのは、みずから恥ずべき下劣なる勝利である。
(p.55)

これは「文明時代の強き力」というタイトルが付いた節ですが、力で勝つのは最低の勝ち方だというのです。確かにヤクザなやり方ですね。あるいは外交的な。

もっとも、教条主義的な話だけでなく、結構俗な主張が出てくるのが面白い。

僕の信ずるところでは、世の中のことは判然たる意志を持つ必要のないことが多い。換言すればどちらでもよいことが多い。
(p.74)

これは「世の中には譲って差支えないことが多い」という節ですが、何でもかんでも固執するなということですかね。個人的には「~ですが、こだわりません」という表現が好みで、多用していますが、こだわりませんと書くと却って拘っているようなイメージがありますよね。レトリックとして使っているのです。

相手の人を疑うことなれ、相手の人に好意をもってすれば、彼らもまた君に対し好意を懐くものであると。
(p.93)

個人的には、むやみに他人を信用しては危険だと思います。信用することは理想かもしれませんが、悪意を持つ人がいることも事実だし、そのことは新渡戸さんも承知しているのですが、その上でなお「疑うなかれ」と言い切ってしまうのはスゴイと思います。

次回に続きます。


自警録
新渡戸 稲造 著
講談社学術文庫
ISBN: 978-4061585676

雑記

今日は「自警録」を少し読んでみた。いろいろ面白い例が出てくるから面白い。

「ロシア人は死するも活くるも神の力により、働くも働かぬも神のためなりと、こう考えていたらしい。ゆえに卑怯者もたくさんあったが、何ごとなりとも目例を受くると、人が居ろうと居るまいとを問わず、神のためと思ってその任務を果たすことにつとめた。しかるに日本兵は煽てなければ働かない。決死隊と称するものも、何人か彼らの花のごとく散るありさまを目撃する者がなければ、ことに将校が現場に居る場合でなければ、士気ははなはだ振わなかった」(p.60)

満州における日露兵の比較だという。もう百年ほど前の話だし、今の感覚からはかけ離れているかもしれないが、ロシア人が神のために働くというのもピンと来ないのに比べて、日本人が誰か見てないと仕事しないというのは、ありそうなだなという気がした。

その割には、勉強するところはあまり見られたくないという人がいる。勉強しなくても成績がいい、というのが理想らしい。勉強しなければ成績が悪くなるのは道理なのだが、勉強しなくて成績がいいというのは原理的にあり得ない。ならば勉強しているところを見られても気にする必要はないと思うのだが、何か勉強すること自体が恥ずかしいとか、そういう感覚があるのかというと、それはないような気もする。何かよく分からない。

 自警録
新渡戸 稲造 著
講談社学術文庫
ISBN: 978-4061585676

 

雑記

話の中にやたら英語とか入れて喋る人、いるじゃないですか。誰とはいいませんが、最近読んだ本に、こういうことが書いてあった。

少し気をつけて御覧なさい、やたらに漢語や英語を使いたがる人にかぎって、無学で、そしてみえ坊です。
(文章の話、里見弴、岩波文庫、p.56)

 私の持っているのは 1993 年に発行されたものだが、この本の最初の版は昭和12年(1937年)4月に発行されたらしい。人間の行動は、その頃から大して変わっていないってことか。ただし、歌詞に出てくる英語に関しては、最近はちょっと雰囲気が変わってきたような気もする。

 

雑記

勉強法で、寝る前に暗記するのがいいというのは本当か、という話があって、これは脳科学的には本当である。ていうか、寝ているときに記憶が定着することは分かっているので、寝る前に暗記したら忘れないうちに定着するという仕組みなのだが、これを逆手にとって、眠くなったら勉強するという勉強法があったはずだ。ところが、このネタの出所が分からない。

ということで、あちこち探し回ったらやっと見つけた。PHP文庫の「東大生が選んだ勉強法」だった。

眠くなったら、英文リスニングの用意をし、聞きながら寝るというのを日課にしていた。
(p.37)

この本、割とあり得ないような勉強法が載っていて、本当にそれで勉強したのかと疑えるところが面白い。

坊っちゃん

夏目漱石の「坊っちゃん」には、中学校の生徒と師範学校の生徒による大乱闘シーンがある。つまり喧嘩だ。昔は番長というコミックのカテゴリがあって、学校同士が喧嘩で上下を決めるという不文律があったらしいが、現実にそんな世界があったかどうかは定かではない。今では生徒が先生を殴る蹴るの暴行をした挙句に動画をネットに晒して自爆するのが流行りらしい。しかもそこの学校が何を考えているのか知らないが、他の学校の謝罪文をパクって公式サイトに掲示したのではないかという指摘があり、ネットのあちこちで非難が大量発生して収拾しようもない。

坊っちゃんが会議での話を聞いて感心する場面がある。狸というのは中学校の校長先生だ。某党の代表が緑のたぬきと呼ばれているそうだが、それはどうでもいい。

おれは校長の言葉を聞いて、なるほど校長だの狸だのというものは、えらい事をいうもんだと感心した。こう校長が何もかも責任を受けて、自分の咎だとか、不徳だとかいう位なら、生徒を処分するのは、やめにして、自分から先へ免職になったら、よさそうなもんだ。
(p.66)

確かに生徒が悪いことをしたというので責任を取って辞任する校長は見たことがない。昨今は暴力反対平和主義とかが幅を利かせていて、ちょっと手を上げたらモンスターペアレントが大騒ぎする、マスコミが便乗する、教師は謝罪会見をしないと訴えられるし、しても訴えられる、そのようなパターンが構築されている。謝罪は自己保身が目的であって、要するに形に過ぎない。

人を殴るのは実によくないことだ。しかし何であれ良いところもあり悪いところもある。殴ることにも利点がある。特に重要なのはまず殴られたら痛いという当たり前のことを体で理解できることだ。もちろん痛みは殴られる側にまわらないと分からないが、殴る人は大抵殴られることもあるものだ。中学生、高校生がトラブルに巻き込まれて殺される、というような事件が後を絶たない。昔も多少はあったのかもしれないが、今程ではなかったように思う。どう殴ればどれだけ痛いとか、どんな怪我をするとか、分かっていて殴るのなら滅多なことでは死なない。加減が分かっていないと痛い目にあわせるつもりで殴って殺してしまう。もう一つの重要なことはメンタルだ。虐待はいけない。不条理な暴力は精神を破壊するそうだ。しかし悪いことをしたから殴られるという因果には道理がある。その痛みに耐えることでメンタルはそれなりに鍛えられることがある。

この小説は坊っちゃんの述懐というスタイルで書かれている。小説が読んでもらえる最低限の条件の一つは面白いということだ。話を面白くするには面白い人物が必要である。坊っちゃんの発想は極論で頑固親父的で、そこが面白さになっている。こんなことを言う。

いっそ思い切って学校で嘘をつく法とか、人を信じない術とか、人を乗せる策を教授する方が、世のためにも当人のためにもなるだろう。
(p.56)

確かに大学には経済学部や商学部はあるが詐欺学部犯罪学部はない。人間を信用するなという超基本原理を学校で教えないのは、そんなことを教えたら生徒は先生の言うことを信用しなくなるから仕方ないが、せめてどうすれば人を騙せるかを教えたら、その対策もできるのではないか。しかし坊っちゃんには騙すという発想がない。そこに自分のルールを勝手に決めてぶれる要素が微塵もない。だから赤シャツのような騙しの上手い人物とは相性がとてつもなく悪い。

おれなんぞは、いくら、いたずらをしたって潔白なものだ。嘘を吐いて罰を逃げる位なら、始めからいたずらなんかやるものか。
(p.40)

しかしよく考えてみるまでもなく、そもそもいたずらをする時点で悪いのである。既に間違っている。罰を逃げるのがいいとか悪いの次元ではない。普通の感覚ならそこを反省すべきものだが、いたずらを潔白と開き直っている。こんな人間が実在したら喧嘩になるに決まっている。何か長くなったので今日はここで止めておく。ナイスと思った文を最後に引用しておく。

誰が見たって、不都合としか思われない事件に会議をするのは暇潰しだ。
(p.64)

確かに、結論が最初から決まっているのなら会議をする必要はないよね。


坊っちゃん
夏目漱石 著
岩波文庫
ISBN: 978-4003101032

雑記

2日前だったと思うが、テレビのクイズ番組で「東大生&京大生が選んだ『スゴイ本』」というのがあった。どんな本が選ばれたのかと思ったら、ナルホドというのもあったが、「走れメロス」とか「坊ちゃん」というのが少し意外だった。

私の感覚では、このあたりの本は中学生レベルなのだが、そんなに素晴らしい内容なのだろうか。「ごんぎつね」ともなると、もう何かスゴイの感覚が違うような気がする。シェイクスピア三島由紀夫なんて、今の学生にはウケないのか。葉隠を読むような硬派【謎】がいないのはまだ分かるが。

坊っちゃん、ってどういうオチだったのか忘れていたのでちょっと読み直してみた。読んでみたらそうか、そうだったと思い出した。我輩は猫であるの最後は番組でも紹介していたが、こっちは何故か覚えていた。

雑記

今日は久しぶりに…といっても1週間ぶり程度ですが、ブックオフに行ってきました。時間があればもう少しあれこれ本を探すのですが、ちょっと時間がなかったので108円で Web デザインの本だけ買ってきました。もうちょっと古典的な文学作品を買いたかったのですが。

大学入試向けの参考書コーナーに勉強法の本が置いてあるのですが、中年男性が熱心に見ていました。なぜ大学入試なのか謎です。人のことは言えませんが。