Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

変身

変身といえばカフカのイメージが強烈なのですが、もしかして仮面ライダーという人も多いのでしょうか。今日の変身は、東野圭吾さんの小説です。脳の移植手術を受けた人の人格が変わっていくという、何でしょうね、ホラーっぽい感じもしますが。Wikipedia にはサスペンスと書いてありました。

腎臓や角膜のような部位の移植だと、移植する人とされる人の区別はある意味明確なのですが、脳を移植したらそれはどっちの人なのか、という難問が発生します。

この小説、本人が知らないところで人格が混在しているのでいろいろややこしい現象が起きます。

こんな朝は鏡を見る時に緊張する。そこに知らない人間が映るような気がするのだ。
(p.98)

徐々に人格が変化するというのは他の小説でもあったような気がしますが、もしかしたらマンガかもしれません。

変化していく人格がちょっと独特で、キレたところがあります。この性格も怖いです。

仮に死刑という判決が下されても構わない。どうせ人間はいつか死ぬ。それが早いか遅いかというだけのことだ。人間の命なんてものは、血相を変えてまで延ばすほど値打ちのあるものじゃない。
(p.334)

人格が変わるといえば、こんなシーンもあります。

「待て」と番場がいった。奴は斜めに構えて俺を見た。「おまえ、何者だ?」
(p.287)

三葉ではないようですね。

最後に、これはそうだな、と思った一言を紹介します。

弱い人は本当のことをいわれるのをひどく嫌う。そして本当のことをいう人間を憎む。
(p.176)

人間は本当のことを言われると怒るそうです。

 

変身
東野 圭吾 著
講談社文庫
ISBN: 978-4061856981

生贄の木 (2)

今日はグダグダなので書くパワーがないので雑記レベルになりそうですが、先日紹介した「生贄の木」で書きそびれていたことを付けたします。

今回のゲスト役のココは孤児になってしまい、巡査部長のマロリーに懐くのですが、最後に養父母を希望する夫妻が現れて、マロリーは身を引きます。この後、ココが夫妻に初めて会った時に、自分を全力で売り込みます。

ココはすぐさま――仮に心からのものでないとしても――大きなまばゆいほほえみを浮かべ、ネズミが線ペストのキャリアーであることをハーヴェイ夫妻に教えた。つぎに彼女は、音楽室のピアノのところに駆けていき、弾き語りで一曲披露した。それから、踊るように居間に戻って…
(p.558)

ドラマの企業の営業部とかのシーンには上司が変わると必死で媚びる部下がいますが、何となくそのようなことを想像してしまいます。8歳の子供が生き延びるために自分をアピールするというのが、フィクションにしてはいやに生々しいのです。

この後にホタルの話が続くのですが、このあたりの数ページは何度も読み直してしまう、個人的にはクライマックスのシーンだと思っています。

格差の描写もリアルです。

ソーホー署を訪れたその中年男は、優しい笑顔の持ち主で、髭はきれいに剃ってあるし、衣類も洗濯したてなのに、ホームレスのにおいがした。ミスター・アルバートは長年、貧民中の貧民に食事を出す無料食堂を運営しており、いまではにおいも彼らと同じになっているのだった。
(p.176)

出てくる人の中には大富豪や億万長者も多いのですが、貧しい人はとことん貧しくて、両極端な世界なのですが、ニューヨークというのは確かにそういう町なのかもしれません。日本というのはそういう点ではどうなんだろ、というのはちょっと気になりました。

 

生贄の木
キャロル・オコンネル 著
務台 夏子 翻訳
創元推理文庫
ISBN: 978-4488195182

雑記

今週はずっと体調は良くないのですが、頭は冴えているという謎の状態が続いているのです。頭だけ悪いというのが普通(笑)なのですが、何か違和感があります。

クトゥルフは第一部は読破して第二部をちょっと読んでますが、今日読んでいたのはコーランです。中巻を半分程度まで読みました。

夕食は豚肉でした。

 

雑記

今日は何となく調子がおかしかったのですが、頭だけなぜか冴えていて不思議な気分でした。本ですが、これをもう少しで読み切る所です。

こういうストーリーを読んで感情移入するので調子が狂うのかもしれません。

 

クトゥルフ少女戦隊 第一部
(The Cthulhu Mythos Files)
山田正紀
猫将軍 イラスト
創土社
ISBN: 978-4798830193

 

生贄の木

今日はとにかく「生贄の木」を紹介したいのですが、まあ酷い作品です。いきなりネズミの大群が現れて老婦人がショックで死んでしまう。子供を狙う殺人鬼が掃除のおばさんのバットで殴られる。いきなりグダグダです。

誘拐されて逃げて来た子供の名前はココ、ウィリアムズ症候群とかで話がなかなかかみ合わない。

酷いというのは犯罪がです。子供が狙われます。子供が子供を攻撃します。大人も汚いです。警察や弁護士が冤罪をでっちあげて事件をもみ消します。無茶苦茶です。しかしミステリーとしては珠玉作です。読み始めると600ページを超えるような長編を一気に読んでしまいたくなります。

生贄の木というタイトルは、殺害方法を示しています。被害者は身動きできないようにされて袋の中に閉じ込められて木の上に吊るされます。水も飲めないので三日で死んでしまいます。死にかけている所にネズミがやってきてかじる、というのは他のミステリでもあったネタですが、もう死んでいると思って降ろしてしばらくしてから目を開けて悲鳴を上げたりされるのは怖いどころではありません。

「殺人は人を狂わせるんだね」〝死んだアーネスト〟が言った。
ううん、連中は狂ってなんかいない――ただ残忍なだけだ。
(p.363)

主人公は女巡査部長のマロリーと相棒のライカー。二人ともハッタリと度胸で勝負するタイプです。最後の最後はトランプでギャンブル勝負までやります。

ウィリアムズ症候群というのはよく知らないのですが、独特の感性を持っているようですね。音楽を聴いた後で、

「あのサキソフォンがお父さんだとしたら」ココが言った。「そのお父さんは死んじゃったんだよ」
(p.409)

大人がぶんぶん振り回されるのが面白いです。子供の感性は理解し難いのですが、ココは妄想を言っているわけではなく、事実をココの言葉で教えているのです。そこがこのストーリーの一番のポイントかもしれません。

読み返すつもりなので、気分が向いたらもう少し書きます。

 

生贄の木
キャロル・オコンネル 著
務台 夏子 翻訳
創元推理文庫
ISBN: 978-4488195182

雑記

今日は昨日に続いて「生贄の木」を読んでいました。300ページあたりまで来ましたが、想像通りというか、いい意味でヒドいストーリーです。しかしまだ半分位って、この先どういうどんでん返しがあるのか楽しみです。

雑記

今日はキャロル・オコンネルさんの「生贄の木」を少し読み始めました。先日紹介した「ウィンター家の少女」より前に発表された作品です。

マロリー巡査部長が出てくるシリーズです。まだちょっとしか読んでないのですが、情報収集中に少年の携帯をスリ取って池に投げ込んでスケボーをカートで踏みつぶすとか、既に破壊力半端ないです。