Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇 (2)

今日は昨日と同じ本から「黒蜥蜴」を紹介します。原作は江戸川乱歩さん、明智探偵が活躍する推理小説ですが、三島由紀夫さんがこれを戯曲にアレンジしました。Wikipedia によれば江戸川乱歩先生もとても気に入っていたようですね。

テーマはなかなか奥が深いようです。緑川夫人、実は黒蜥蜴のこのセリフ。

ダイヤでもサファイヤでも、宝石の中をのぞいてごらんなさい。奥底まで透明で、心なんか持ってやしないわ。ダイヤがいつまでも輝いていていつまでも若いのはそのせいよ。(p.146)

心を否定しています。つまり人間否定です。実際、人間なんて信用できない。そういったシーンがたくさん出てきます。裏切りは人間のお家芸ですからね。解説は次のようにこの作品を評しています。

この戯曲は、小説もそうなのだが、本物と贋物がとが入り混じる話である。
(p.396)

本物と思えば贋物、というのが混じりすぎると贋物と本物の境界線がだんだん分からなくなる。誘拐されるお嬢様の贋物役となる早苗と、黒蜥蜴の忠実な下僕のような振りをして最後に裏切る雨宮の掛け合いが、

雨宮 …僕たちは贋物の恋人だ。君は贋物の早苗。
早苗 あなたは贋物の奴隷ね。
雨宮 僕たちは贋物の愛で結ばれて、贋物の情死をする。
(p.259)

ここまで来ると本物の恋人と一体何が違うのか全く分からない。贋物の贋物が本物になるわけではありませんが、この戯曲では明智小五郎も探偵なのか悪党なのか分からない立ち位置のような気がしてきます。だって、明智は事件を楽しんでいます。

もし最終的な解決があったら、そのとき僕の生甲斐の風船も、たちまち空気が抜けてしぼんでしまいそうな気がする。
(p.214)

昨日は「若人よ蘇れ」で、戦争が終わってうろたえているようだと書きましたが、犯罪が解決するのを恐れている探偵に見えるのは、同じテーマに切り込んでいるからでしょうか。黒蜥蜴も明智(実は身代わり)を殺しながら、それを残念がっています。戦った後の結果よりも戦うことそのものが重要だというのは、現実のようでありながら非現実的な夢物語のような気がします。

 

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇
三島 由紀夫 著
岩波文庫
ISBN: 978-4003121924

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇

今日は電車の中でちょっと読みました。三島です。

若人よ蘇れ、は終戦前後の大学生がグダグダするという戯曲で、新喜劇みたいな感じで読めてしまうのですが、暗い時代ですから悲劇的な空気が混ざっています。ハイになった暗さ、みたいな感じです。例えば。

知識なんて、何の役に立つんだか、よく分かりませんね。
(p.19)

大学生の言うことじゃないでしょう。だから本なんか読まないというわけです。実際、三島由紀夫さんはどれ位読んだのでしょうね。本。

学生と混じって教授も出てきます。

諸君はまだ若い。まだ自分の本当の力を知っていない。もっともそれが分かる時分には、その力がもうなくなっているのが、人間の常ですがね。
(pp.35-36)

それダメじゃね?

戦時中なので、学生も強制的に働かされています。監禁もされています。工場は徹夜で何かしています。徴用工にされといって騒いだら裁判に勝てますかね? 女子も働かされていました。

女子挺身隊で死んだ女の子たちのなかにも、きっと美人が沢山いる筈です。
(p.89)

これは、これから決死の作戦を行うので、許嫁ともうこの世で会えないなあ、と言った人に対して返答したセリフです。死んでもあの世にだって美人がいる、なんて全然慰めになっていませんが。この戯曲、何が言いたいのか漠然としてはいますが、少なくとも死と恋はテーマの一つのようです。戦争云々じゃないわけです。

僕と彼女は自分の青春を、思い出のほうから見て、いちばん美しく見えるように作り上げたんだ。
(p.97)

生き続けるよりも死んだ方が安心できるというのですが、戦時中の異常心理というか、社会的反逆の一種のようにも見えます。三島由紀夫自身、最後は切腹死しますが、だからといって命を軽視しているようには見えないのと似ています。

何でも分からんやつは、殴ったらわかるようになるだろう。
(p.98)

殴られて分かるというのは実際あるものなのですが、今の日本は殴るのはどんな理由があっても悪という話になってきましたね。その割に過激な動画が拡散したりしていますが、話しても分からない相手にはどうやって対応すればいいのでしょうか、これだけは誰か教えて欲しいです。

それはさておき、この作品は途中で終戦、戦争は終わります。だからといって敗戦は悔しいが平和になったのはバンザイ、というような単純な話ではありません。先に紹介したような死んだ方がいい的な頭の人物もあれば、

われわれは将来どっちみち、銀行か役所かどこかの会社の机に、三、四十年しがみついているだけのことじゃないですか。
(p.120)

平和が何だ、みたいなヤケッパチになっています。ウロボロスというファンタジーでも、最後に平和になってしまって生き甲斐が失われてしまう、という何ともおかしなバッドエンドがありますが、戦争が終わってうろたえているというのは何なんでしょうね。戦争は悲劇であるべきなのに、この戯曲では自決する特攻隊の士官さえも何か滑稽だから不思議なものです。

 

若人よ蘇れ・黒蜥蜴 他一篇
三島 由紀夫 著
岩波文庫
ISBN: 978-4003121924

雑記

風邪はかなり良くなりました。風邪薬で騙しているような気もしますけど。

とある chat で医師いじめの村というのが話題になったのですが、それでちょっと気になったのは「風立ちぬ」の次に読んでいる「美しい村」です。本当は「美しい村」の続きが「風立ちぬ」という時系列なので、こちらを先に読むべきなのですが、理由があって「風立ちぬ」を読もうとしたので、逆転するという結果になりました。

その「美しい村」には、こんな記述があります。

爺やとの話は、私の展開さすべく悩んでいた物語のもう一人の人物の上にも思いがけない光を投げた。それはあの四十年近くもこの村に住んでいるレエノルズ博士が村中の者からずっと憎まれ通しであると言うことだった。或る年の冬、その老医師の自宅が留守中に火事を起したことや、しかし村の者は誰一人それを消し止めようとはしなかったことや、そのために老医師が二十数年もかかって研究して書いていた論文がすっかり灰燼に帰したことなどを話した、爺やの話の様子では、どうも村の者が放火したらしくも見える。(何故そんなにその老医師が村の者から憎まれるようになったかは爺やの話だけではよく分からなかったけれど、私もまたそれを執拗に尋ねようとはしなかった。)――それ以来、老医師はその妻子だけを瑞西に帰してしまい、そうして今だにどういう気なのか頑固に一人きりで看護婦を相手に暮しているのだった。……私はそんな話をしている爺やの無表情な顔のなかに、嘗つて彼自身もその老外人に一種の敵意をもっていたらしいことが、一つの傷のように残っているのを私は認めた。それは村の者の愚かしさの印しであろうか、それともその老外人の頑な気質のためであろうか?
(美しい村、堀辰雄青空文庫)

小説は所詮小説かもしれませんが、おそらくモデルになった人物がいたのではないでしょうか。村落が閉鎖的だというのは今でも同じことでしょう。

風立ちぬ・美しい村
堀 辰雄 著
岩波文庫
ISBN: 978-4003108918

雑記

今日は風邪っぽいのでパスします。ちなみに「風立ちぬ」は読み切りました。八ヶ岳のあたりとか、割と知っている方なので、雰囲気が何か分かるような気もします。

ところで、はてなさん【誰】からメールが来ていて、「Phinlodaのいつか読んだ本」を開設して2年経過したそうです。何日かミスって書かなかった日があるのですが、結構本を読んでいるというのもあって、案外続いていますね。雑記にしてサボる(笑)のがコツのようです。

からくり民主主義

何回か「からくり民主主義」を読んでいると雑記に書いたのですが、読み終わっているので紹介しましょう。この本を読むきっかけは、バカの壁。その中でこの本のネタが紹介されていたのです。調べてみると第九章の「ぶら下がり天国」が青木ヶ原の樹海の話。

自殺にもさまざまなスタイルがある。結構場所で大まかに分けると、約五割が在宅で首吊り、薬物。四割が近場の高層ビルや線路などで投身。残りの一割弱が海、山へ出かける。
(p.224)

日本は首吊りが多いんですね。アメリカだと銃が多いのではないかと想像しますが、首を吊るというのはどこから仕入れたノウハウなんでしょうか。謎です。個人的には、青木ヶ原の自殺というと、樹海に迷い込んで餓死するようなイメージでしたが、

ぶら下がりの位置はだいたい決まっているんです。道からほんの一〇メートルくらい。日光が差し込んで明るく平らでいい場所ですよ。ほんと、入ってすぐです。
(p.228)

実際は、入ってすぐの所で首を吊るそうです。確かにその方が確実に死ねそうですね。砂漠じゃなくて樹海ですから、食べるものとか水とかありそうだし。

こんな感じでいろいろハッとするような話が出てきて、目から鱗が落ちるのかといえば、そうではなくむしろ、ああそれ当たり前だよね、みたいな感覚で自分の中でオチが付いてしまう、そんな本です。

そもそも、報道と現実が違うなんて、実際に現場で報道された経験があったら誰だって分かると思うのです。報道されない真実とか、偏向した報道とか。有明海のノリの話はちょこっと紹介していますが、報道では開門派と閉門派がドンパチ闘っていたような印象がありましたよね、実は、

闘いは「ごく一部」の中の「またごく一部」だった。テレビ映像にインパクトがあったのはその〝慣れ〟のため。
(p.88)

演出だったってことですよね。プロ市民というか、選挙前になったら政治家が演説をするところに出て行ってヤジをするのが仕事の人とか、いますよね。新宿とかで、朝早くそれなりの場所に行けば、どこから集められたのか知らないけど、ミーティングしてたりしますよね。

で、有明海の話では、ノリが不作になったという報道が面白いです。

例えば佐賀県でも、福岡寄りは六割も減ったが諫早湾寄りの地域では一割減だった。関係者によると、佐賀中西部などは堤防閉め切り後、以前よりノリの出来がよいらしいのだ。
(p.88)

門が出来てノリがよく採れるようになったなんて、そんなこと報道したらシナリオぶち怖しになってしまう。マスコミはそこまでノリノリじゃないから、都合の悪いことは無視します。これが情報操作の基本です。今だと勝手に動画を YouTube にアゲてしまうような人もいるから、状況が変わっていると信じたいです。ただ、昔よりもさらに混乱しているような気がしないでもない。マスコミがやってた偏向報道を誰でも出来るようになった(笑)。

しかしマスコミだって、味方に付けたら鬼に金棒というか、ありがたいという話も出てきます。

非常に強力な機関誌を私達は持っとります。朝日新聞という機関誌でありまして(笑)、(昭和)四十八年の十月以降ですネ、朝日新聞、一貫してですネ、私達のいわゆる宣伝しに成り下がりじゃなくて成り上がっています(笑)。
(p.106)

朝日新聞のおかげで、ムツゴロウを守れという全国運動が盛り上がったのだそうです。農民はどうでもいいからムツゴロウを守れ。ま、日本ってそういう国ですよね。被害者はいつも救われない。ところで肝心のムツゴロウはどうなったのかな。あれって普通に魚だから、捕って食うんですよね。増えたら珍味になる運命。私は食べたことがないです、多分。

第五章の「ガリバーの王国」はオウムのサティアンの話です。 当時の現地の住民にインタビューしてみると、

――いや、当時のことですが……。
「当時も別になかったです」
――しかし、オウムがいなくなって、村も変わったでしょう。
「いやあ、別にあまり変わらんです」
(p.118)

報道されていたのは、新興宗教が大勢やってきて、静かな村に住み着いて、大いに迷惑している…みたいな話だったと思ったのですが、全然違うんですね。この本によると共産党とか絡んでしまってどうしても縺れた謎が解けない。

この本には大きなネタがどんどん出てきますが、例えば、沖縄の基地問題。これは今もやってますよね。沖縄で活動しているのはプロ市民【謎】という噂は有名なのですが、

町民に訊くと、「あの中に町の人はひとりもいませんよ」とのこと。
(p.136)

マジすか。しかし報道では住民がやったことになっていますよね。マスコミ、すごいです。もっとも、この本が本当なのかと突っ込まれたら、まあ確かに私はどちらも検証してないです。矛盾した報道があったら両方疑うのが基本なのですが。

ただ、ロジックとしてはこの本の方が合理的、理屈に合っているように見えるのです。これなんてとても怖い話なのですが、

聞き取り調査をしても、本で読んだ話を自分の体験のように語る
(p.147)

ありがちなことです。基本的に、人間はウソをつきます。ウソとまでは行かなくても、誇張したがります。意識的にやってなくても、無意識に脳がそう錯覚します。そうなると何が真実なのか本人でも分からなくなります。

そもそもヘリポート基地が普天間からここに移設になったのは、地元の人がうるさい、うるさいと訴えたからってことになってるでしょ。もともと地元の人はそんなこと言ってないですよ。皆、慣れてますからね。
(p.151)

しかも、普天間の町の歴史なんですが、

しかし考えてみれば、市街地ができたのは基地が建設された後である。
(p.152)

基地が出来たので、その周囲に街が発展したというのです。だったらアブナイから基地は出て行けというのは本末転倒というか、何か話がおかしくありませんかね。

紹介されている問題を比較してみると、共通点として、〇〇問題というのは結局お金が重要だ、というパターンが見えてきます。補助金が出るから人が動く、この構図です。基地問題もそうだし、典型的なのが、原発問題です。

原発ができたことで、町には巨額な交付金が入った。
(p.188)

原発反対で町長がリコールされて辞任します。工事中断派の町長が選ばれて、工事は中断しますが、なぜかそこで反対運動が消滅し、町長も結局工事を再開します。補償金が増額されたのです。中断派の町長を支持した町民はどうなのかというと、補償金が増えたので満足しているわけです。ま、そのための補償金ですから、別におかしな話というわけでもありません。逆に、原発を誘致しないとお金がもらえないから困るんじゃないの、という流れまであるのです。

ところで、原発というとガンが話題になるというシナリオもあるわけですが、

原発ができて、ガンが増えた」と公言している、大飯原発近くの永谷医院であらためて集計してもらったが、一九九二年から一九九六年の間のガン死亡率は、十五パーセント、十九パーセント、十一パーセント、二二パーセント、十九パーセントとなっており、これは全国平均(二八パーセント)以下だった。
(p.177)

まあ増えたことは増えたんですよね。全国平均以下というのは余計なことだから言わないだけで。口は災いの元ということで。

からくり民主主義
高橋 秀実 著
草思社
ISBN: 978-4794211361

雑記

今日は何も読んでいません(笑)。といっても、「失踪」を3、4ページ程度は読んだので「何も」ではないのですが、四捨五入したら0です。

図書館からは「風立ちぬ」を借りてきました。読む時間がないのになぜ借りる、といわれたら何故か全然分かりませんが、本に呼ばれたような気がしたのです。ちなみに、昨日は本を大量に買う夢を見ました。雑誌を数百冊です。あんなに買ったら置く場所に困ります。

お前ら全員めんどくさい! (9)

今日は殆ど何も読んでいません。ちょっと花粉症っぽい症状も出ているのですが、薬で対応しています。で、今日は読んでいないのですが、先日買ったのがこれです。

9巻は修学旅行です。榎本さんがちょっと頑張っています。少し性格変わりましたかね。10巻で完結らしいですが、この展開では一体どうなるのか全然分かりませんね。

そういえば修学旅行といえば入浴シーンですが(笑)、なぜか私はそういう記憶が全くありません。謎です。

 

お前ら全員めんどくさい! (9)
メテオCOMICS
TOBI 著
ISBN: 978-4866750491