Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

雪のマズルカ

今日は「雪のマズルカ」。先日紹介した「猫とアリス」の笹野里子探偵が出てくるシリーズの一冊目です。4つの短編が入っています。ちなみにこの本、以前は「ハート・オブ・スティール」という名前だったそうです。何でタイトル変えたんですかね。

1つ目の話が本のタイトルになっている「雪のマズルカ」です。

仕事の依頼の電話がかかってくるのですが、どうも怪しいので断って切ってしまいます。同じ人からまたすぐにかかってきて、

「ぜひお願いします」
「どちらへおかけですか」
「先生。わたしくのものの言い方が悪かったのなら謝ります」
「謝ってください」
「すみませんでした。
(p.13)

本当にこういう会話は成立するんですかね。笹野の会話はクライアントに全く媚びないというか、最初から仕事を取る気がないから、完全にバカにしている感じなので、面白いです。

この世も末だと言われたら、

「今の世は末世だと千年以上前から言ってるわ」
(p.45)

キリスト教だと「神の国は近付いた」とか約二千年前から言ってますよね。

2作目の「氷の炎」は、凍野もえ、という女優が出てきます。もえちゃんが出演するドラマなんですが、

このドラマの中のドラマ――つまり劇中劇において、もえは新進の天才ピアニストだ。病を押してモーツァルトのピアノ・コンチェルト二十四番を演奏する。そして弾きおえてピアノの脇に立ち、観客のスタンディング・オベーションに応えようとしたとき、意識を失う。
(p.85)

こういうドラマありましたよね、元ネタが思い出せない。確かモーツァルトじゃなくてショパンだったような気がしますが。

3作目の「アウト・オブ・ノーウェア」は、こんな感じで、

「え、ほんとだよ」
うそだと確信した。
(p.140)

ほんとだというのは大抵ウソのときですよね。しかし、本当だと何と答えればいいのでしょうね?

4作目「「ショウダウン」の会話。

「繁村にご主人がそうおっしゃったのですから」
「どういうこと? 主人は三年前に死んだのよ」
「もちろん、亡くなる前です。
(p.204)

おかんがモナカちゃう言うてる…レベルのアホな会話ですね。


雪のマズルカ
芦原 すなお 著
創元推理文庫
ISBN: 978-4488430047

贋作師

今日の本は、篠田節子さんの「贋作師」。ミステリーです。殺人事件です。

主人公の栗本成美は修復家。絵を修復するのが仕事です。成美は日本洋画家界の大御所、高岡荘三郎画伯が亡くなった後、その作品の修復を依頼されます。保管状態が杜撰でかなり劣化しているのです。その高岡画伯が生前に成美に修復を指名していたために成美に仕事がやってくるのですが、指名される理由が分からないし、その絵がどうも怪しい。絵を相続した大沢芳子と心理的駆け引き満載の会話をしつつ、ストーリーが進んでいきます。

このストーリーの中で気になるのは同業者の滝沢才一。男なんですが、

「あたしは嫌だわ。なんだか爬虫類っぽくって、彼は生理的に嫌。抱かれたくないわね。それにしても、四十も年下の女性を妻にするっていうのは抵抗感があるわ」
「あんたよりは、正常だと思うけど」
(p.88)

最初に言ってるのが才一、後のツッコミは成美です。まあオカマさんですね。昨日、半沢直樹で黒崎のセリフを散々読んでいたので違和感はありませんでしたけど。

キーになる人物は阿佐村慧。成美の同級生でしたが、どうしてもオリジナリティを掴めないというところが成美と似た者同士というシナリオです。模写は完璧に仕上げる力があるわけです。この慧の変態プレイが凄いんですが、まあ大変です。

最後のシーンは大クライマックスという感じで、映画にすると盛り上がりそうな気がします。火炎ビンの作り方を知ってるなんて、只者ではないですね。


贋作師
講談社文庫
篠田 節子 著
ISBN: 978-4062631440

半沢直樹 4 銀翼のイカロス

このブログ、まず原稿のファイルを作って、それを python で処理してぐりぐり、みたいなことやって投稿してるんだけど、今日は時間ないから直で書いています。多分推敲もしない(笑)。ていうか雑記でいいやと思ったけど、折角読んだから、倍返しシリーズ【謎】から「半沢直樹4 銀翼のイカロス」を。

いやしかし敵多いなー、半沢さん。こんなの全部倍にして返してたら時間が足りないんじゃないかと思うが、今回は相手に政治家まで出てくるのです。たかが銀行マンが政治家に倍返しって、小説だからアリだけど実例はあるのかな。

政治家だからいつもより奥が深いキャラが出てきます。例えば代議士の箕部。

そもそも、箕部は人というものを信用しない。箕部にとって、人とは裏切るものであり、そして自分もまた人を裏切ってきた。
(p.358)

いいねー。その感覚。私も人間は信用しない。だって自分が信じられないからね、何で自分が信じられないのに他人を信じることができるのか。信じられるのはプログラムだけなのだ。バグだらけでも可。ちょっとイヤかも。

今回出てきたキャラでオモロイのはトミさんこと富岡。検査部という出向候補の部署に居座って、柳生の草みたいな感じで密かに銀行の内部調査をしています。役員しか入れないような所に入る権限を持っていたりもします。そういえば「特命係長 只野仁」ってありましたね。こういうの、リアルの銀行にもいるんですかね。

もういい加減、諦めろ。人間、時には開き直りも大事だぞ。
(p.376)

富岡が灰谷という敵側のキーマンを追い詰めていろいろ白状させているシーン。しかし、往生際が悪い奴ってリアルにいますね。これは絶対いる。

今回、白井という女性の国土交通大臣が出てきますが、

白井は華やかなテレビ業界でキャリアを積んで政界へ進出、転がり込んできた政権交代劇の流れに乗ってとんとん拍子に大臣の椅子を手に入れたサクセス・ストーリーの主人公である。
(p.81)

何となく誰かの顔が思い浮かぶのですが…ヤメておきましょう。この大臣、すぐムキーとなる性格なんですけど、女性の大臣っていつも穏やかでニコニコしている方が100倍怖いような気がしませんか。

そして、あのオネエ言葉の黒崎がまた出てきます。黒崎って言ってることが全部正論なのが一番ムカつきますよね(笑)。これが今回、半沢をこっそり利用する的なオモチロイことをやる。結果 Win-Win みたいなオチでいいんでしょうか。このキャラ、普段はどんな趣味なのか知りたいです。かなりサブカル方向に行ってるような気がするんですよね。

 

半沢直樹 4 銀翼のイカロス
池井戸 潤 著
講談社文庫
ISBN: 978-4065182574

半沢直樹 3 ロスジェネの逆襲

今日は倍返しシリーズ【謎】行きましょうか、半沢直樹3、ロスジェネの逆襲。

ロスジェネというはロスアンゼルスにあるジェネリック医薬品の会社ではありません。ロストジェネレーション、

一九九四年から二〇〇四年に亘る就職氷河期に世の中に出た若者たち。その彼らを、後に某全国紙の命名により、「ロスト・ジェネレーション」、略してロスジェネ世代と呼ぶようになる。
(p.31)

ジェネレーションって世代ですよね。ってことはロスジェネ世代って、ロスト世代世代ですか、ハンドルネームみたいな。まあいいでしょう。ストーリーは企業買収バトルなのです。公開買い付け。最近だとコクヨぺんてるが戦っていたアレですね。途中、ホワイトナイト役の企業も出てきますが、最近はホワイトナイトと言われても Matt さんしか頭に浮かんでこない。

半沢は今回、東京セントラル証券という出向先の会社の部長として頑張ります。IT企業へのアドバイザーの立ち位置です。敵は何と出向元の東京中央銀行

証券子会社が親の銀行に真っ向から戦いを挑む。そんなおもしろいことを考える人間は、私の知る限り半沢さんしかいません。
(p.309)

こう言ってるのは某週刊誌の記者です。半沢は情報をリークして株価を上げようという魂胆です。いいんですかね(笑)。

今回は教訓的な言葉が目立ちます。ITベンチャーがメインの話だからでしょうか。ITベンチャーで生きてきた私としてはすごく共感があります。半沢は出向先で部下となった森山にこんなことを言います。

全ての働く人は、自分を必要とされる場所にいて、そこで活躍するのが一番幸せなんだ。
(p.272)

でも半沢って、いつもある意味必要とされてない場所で活躍してますよね。

仕事の質は、人生そのものの質に直結しますから
(p.372)

これは玉置という、電脳雑技集団というベンチャーの元財務部長の言葉。この人は、社長のデタラメぶりに限界が来たので辞めたのです。個人的にはデタラメが通用するのって、ベンチャーじゃなくて一流大企業しかあり得ないというような先入観があります。ベンチャーはヘタを打つと簡単に潰れますから。

で、東京スパイラルという、いかにもグルグルしそうなベンチャー会社の社長の瀬名の言葉。

いまこうしている間にも、同じようなアイデアを持っている人間が世の中に十人はいると思ったほうがいい。
(p.444)

おっと、何か慌てて作らないといけないような気がしてきました。例のアプリとか。ということで今日はこの辺で。


半沢直樹 3 ロスジェネの逆襲
池井戸 潤 著
講談社文庫
ISBN: 978-4065182567

猫とアリス

今日は芦原すなおさんの「猫とアリス」。「雪のマズルカ」の続編だそうですが、そちらは未読です。

巻末の解説に

ハードボイルドの女性私立探偵小説
(p.268)

と書いてある通り、主人公の笹野里子は格闘技もそれなりにこなして時には拳銃もぶっ放すという日本にはあるまじき女性探偵です。勘はかなりいいようで、

そしてそのとき、わたしの直感が、しっかりとわたしに、これまでになかったくらいはっきりと、警告したのだ。気ィつけや、この男は、ヤバいで、と。わたしの直感はときどき大阪弁で喋る。
(p.180)

大阪弁になるメカニズムは、ほんまわかりまへん。それはおいといて、笹野は攻撃力も十分あります。ジムで格闘技を習っているのです。そのジムのトレーナーのジェイソンは、世界中を格闘技を追い求めて旅をしたというわけのわからない本格派です。そういえば、スピニング・トーホールドの話が出てくるのですが、

「確かドリー・ファンク・ジュニアの得意技よね」
(p.250)

これ言ってるのは笹野なんですが、時代設定とか一体どうなっているのでしょう。ちなみに、この技はリミッターを外してかけたら大変なことになるそうです。

本のタイトル、「猫とアリス」と言われるとシュレディンガーのチェシャ猫しか思いつかないのですが、実は猫は名前があって是次郎。アリスというのはゲイのナイトクラブのホスト、ホステス? よくわかりませんが、その人の呼び名です。猫もアリスも行方不明なので探してくれという依頼が来ます。この時に一緒に仕事をするのが同業者のふーちゃん。つまり仲間の探偵ですね。

「こうして世界はだんだんぼくのやれる仕事が少なくなってくるんだね」
「ひとごとみたいに。それは世界のせいじゃなくて、ふーちゃんのせいなんだよ」
(p.25)

ちょっとヘンなメンタル入ってます。健康的に病んだ感じの人が出てくるのがこの作品の特徴ですかね。探偵物語ですが、ミステリーというよりは、やはりハードボイルド。どうなるのかな、と思ったら誰か死んでるみたいな。

舞台は六本木とか、その周辺。六本木って、

日本はほんとに豊かな国だと、ここだけ見たらそう思えてくる。見せ掛けの街だ。
(p.43)

てな感じでケチョンケチョンに言われてますが、まあいい街ですよね。あそこは。オリンピックに向けて整備しているのか、何か最近ちょっと変わった気がしますけど。

登場人物で面白いのが、笹野に気があるという設定の遠藤警部。

「銃撃されなければ、首を一回りさせられて死んでいたでしょう。本人はだから撃たれて幸せだったのかも」
「この世には色んな幸せの形がありますなあ」
(p.82)

最初のセリフは笹野。後が遠藤ですが、ボケっぷりが流石です。何となくコロンボのイメージを感じます。ボーッと生きているように見えて、案外鋭い。

さて、この作品は青蛇という謎の人物を追いかけるストーリー。青蛇の生い立ちは壮絶です。そんな不条理なことがあっていいのかと思うと同時に、ありそうだなというのが現実でもあります。最後のシーン、

わたしには青蛇の苦しみはわからない。だけど、わたしはあなたの味方だよと、心の中でつぶやいて、声を上げずに泣いた。
(p.267)

ここまで読めたら、一緒に泣いてあげてください。


猫とアリス
芦原 すなお 著
創元推理文庫
ISBN: 978-4488430078

英単語ターゲット1900 6訂版

今日は、本というか、参考書というか、いわゆる受験用の単語帳では定番の、英単語ターゲット1900。

試験に出る順に1900単語を選んだというのですが、今年6訂版というのが出て、単語が入れ替わりました。5訂版と比較して数えたところ、325個の単語が入れ替わっていました。雑に数えたので多少は間違えているかもしれません。新たにベスト10にランクインしたのが、create (1)、mean (4)、own (5) です。5訂版でトップ1900に入っていなかったというのが不思議です。

1711番に入ったのが tweet。意味は「ツイートする」です。ざっと見た感じ、IT系の単語が結構入っているようです。

 

英単語ターゲット1900 6訂版
大学JUKEN新書
ターゲット編集部 編集
ISBN: 978-4010346464

京都府警あやかし課の事件簿 2 祇園祭の奇跡

今日は引き続きということで、「京都府警あやかし課の事件簿2」です。第一話と第二話が独立した短編で、第三話、第四話、終章の3つは祇園祭の話で、この3つでシリーズという感じですね。祇園祭はいいですよね。って、はて、私、行ったことありましたっけ?

第一話「都ノ名宝、宇治ニアリ」は、化け猫の月詠が出てきます。猫耳モード?

「君達は、検非違使だね?」
(p.30)

時代感がおかしいですが、一応合ってますか、当時の警察ですよね。で、今回はバトルの相手が結構強敵です。まさるが戦うのですが負けてしまい、女性の姿に戻ってしまいます。相手が言うには

美少女剣士としては、まぁ及第点、かな。
(p.39)

月にかわっておしおきは出来なかったようですが。残念。今回はゲストで在原業平が出てきます。この人の笛が騒動の元ネタなんですが、笛を見せると、

「あっ。こりゃあ、私の笛じゃないか。懐かしいなぁ。千年と、二百年ぶりくらいかね?」
(p.57)

そういう時間感覚って持てるものなのか? この話、カーアクションも圧巻です。

後方から、ヘッドライトを点けた巨大な牛車が、牛を使わず自力で追いかけてくる。
(p.70)

想像できませんけど、猫バスみたいな感じですかね。

第二話の「嵐山天泣物語」はコイバナ。ていうか失恋物語なんですが、野宮大黒天さまのお言葉。

『あんたのよこしまな願いは聞かれへん』って、追い返したんや。
(p.167)

日本の神様は、いい願いしか叶えてくれないのです。このあたり、ランプの精とはちょっと違うようです。しかし何がよこしまなのか、判断基準はどこなんですかね。

終章では素戔嗚尊(すさのをのみこと)さまが出てきます。物凄い威圧感のようで、顔も見ることができないのですが、そういえば神様ってアニメとかでは現代日本語を話しますが、実際【謎】はどうなんでしょう。神代の言葉と今の言葉は、かなり違うような気もします。

 

京都府警あやかし課の事件簿 2 祇園祭の奇跡
天花寺さやか 著
ショウイチ イラスト
PHP文芸文庫
ISBN: 978-4569769417