Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

ヘンな論文

論文というと難しい、読んでも分からない、という先入観があるかもしれませんが、それどころではないという現実を指摘してくれる本です。

論文とは何ぞや。それは最初に解説があって、

世間一般で言われる「論文」というのは、修士号取得以降の研究者が書いた、雑誌に掲載された論文のことを指す。
(p.19)

これ以外にも学内の論文、形式的な論文というのはありますが、内容が正しいかどうか素人には分からない。だからプロの目で判定してもらうのが重要なんですね。もちろんこの本で紹介されているのは世間一般で言われる論文です。つまり雑誌に掲載された査読済みのものです。内容はこんな感じ、というのをイメージしてもらうため、見出しを紹介します。
一本目 「世間話」の研究
二本目 公園の斜面に座る「カップルの観察」
三本目 「浮気男」の頭の中
四本目 「あくび」はなぜうつる?
五本目 「コーヒーカップ」の音の科学
六本目 女子高生と「男子の目」
七本目 「猫の癒し」効果
八本目 「なぞかけ」の法則
九本目 「元近鉄ファン」の生態を探れ
十本目 現役「床山」アンケート
十一本目 「しりとり」はどれまで続く?
十二本目 「おっぱいの揺れ」とブラのずれ
十三本目 「湯たんぽ」異聞

論文は一本、二本と数えます。どんな雑誌に掲載されたのか気になりますよね。 ちなみに、これはあくまで見出しであって、論文のタイトルではありません。例えば、三本目の「浮気男」の頭の中、に紹介されている論文のタイトルは、

「婚外恋愛継続時における男性の恋愛関係安定化意味付け作業―グランデッド・セオリー・アプローチによる理論生成―」
(p.37)

こんなのです。論文っぽいですよね。 ちなみに、この本には最近続編が発売されました。「もっとヘンな論文」です。

こちらの目次はこんな感じです。
一本目 プロ野球選手と結婚する方法
二本目 「追いかけてくるもの」研究
三本目 徹底調査! 縄文時代の栗サイズ
四本目 かぐや姫のおじいさんは何歳か
五本目 大人が本気でカブトムシ観察
六本目 競艇場のユルさについて
七本目 前世の記憶をもつ子ども
八本目 鍼灸はマンガにどれだけ出てくるか
九本目 花札図像学的考察
十本目 その1 「坊ちゃん」と瀬戸内航路
十本目 その2 「坊ちゃん」と瀬戸内航路 後日譚

この本の内容は論文解説というよりも、一本目のテーマになっている世間話に近いもので、とっても気軽に読めます。雑学本のノリでokです。 例えば、「ヘンな論文」四本目のあくびの話ですが、あくびって二酸化炭素が多くなってくると頻発するという話、聞いたことありませんか。これを検証した論文が別にあって、

その結果、「まるで変わらない」というデータが得られた。
(p.56)

二酸化炭素の濃度とあくびの頻度は無関係なんだって。知りませんでした。でもこの論文はその話ではなく、あくびがうつる現象を調査したものです。あくびをする映像を見たり話を聞いたりするとあくびが出るのか、という調査結果があって、

・4歳までは一切あくびはうつらない
・映像を見てあくびがうつるのは5歳から
・話を聞いてあくびがうつるのは6歳から
(p.62)

心理的要因なのでしょうか。この後イヌの話とか書いてありますが。

六本目の女子高生の話も気になりますね。女子高と共学の比較とか紹介されていますが、この種のネタは女子高あるある系の本にも出てるのかな。知らんけど。

女子高の生徒は、登下校中は上下とも制服を着用するが、学校に到着すると、スカートから動きやすい運動着に着替える。
(p.92)

そうなの? この後、共学だと着替えないという話が出てくるけど、これは女子高生にとって女子高はウチであって、共学の生徒にとって学校はソト、という感じの結論になっているようです。 この論文は女子高から共学になった学校の比較調査なので、卒アル(卒業アルバム)を比較したところ、

「女子高」時代より「共学化後」のほうが、体を少し斜めに写っている女子が多い!
(p.96)

という結果が出たそうです。これを『ぶりっ子スタイル』というらしい。斜メ? 

こんな感じで驚きの世界が垣間見られる本です。著者のサンキュータツオさんは早稲田大学を出ているそうで、論文の表現についても詳しいようです。論文には「かもしれない」のような非断定的な表現が多いのですが、これについてハッキリしろという人に対して、

「かもしれない」「可能性がある」「と思われる」とハッキリ言っているのだ。
(pp.186-187)

この主張は面白いと思いました。確かに断定できないということがハッキリとしています。こういうのは論文者視点じゃないとピンと来ないのかもしれません。


ヘンな論文
サンキュータツオ
KADOKAWA 発行
ISBN: 978-4046544518


もっとヘンな論文
サンキュータツオ
KADOKAWA 発行
ISBN: 978-4044000981

広告を非表示にする