読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」の公式ビジュアルガイドです。

かなり小さいコマが多いですが、映画のシーンが多数収録されています。三葉の通っていた高校の正式名称が出ているシーンがなかったっけ、と思って確認したかったのですが、見つかりませんでした。映画でも出てこないかもしれませんけど。ちなみに瀧くんの高校は東京都立神宮高校学校ですね。

コラム「〈とりかえばや〉のサブテキスト」に、とりかえばや物語が出てくるのはいいとして「ぼくは麻理のなか」が出てくるのは驚いたな。ちなみに男性が片思いの女性の体に入ってしまうという話で、本当にそんなことがあったら実際にやりそうなことはだいたいやってます。変態マンガです(笑)。もちろん「君の名は。」にはそんなシーンはありません。私は「とりかえばや物語」は古文で読んだのですが途中で挫折…いや、読んでいる途中です。

他には声優さんの対談記事や、RADWIMPS さんのインタビュー記事、新海誠監督のインタビューなど、いわゆるこの種の公式ガイドブックに出ていそうなネタはだいたい出ています。

ただ、ある見方をすれば、あのラストはスタートに過ぎなくて、その先がすべて約束されているわけじゃない、(略)
(p.60)

監督さんのインタビューに出てくる内容ですが、それは新たなる戦いの始まりに過ぎない的なモチーフなんですよね。

こういう本はアニオタじゃないとあまり興味ないような内容で、ストーリーとか知りたいのなら文庫本を買った方がいいと思いますが、この本で役に立ちそうなのは62ページから65ページの「東京ロケーションMAP」かな。例えば代々木駅なら「新宿から千葉方面に向かう総武線のホーム」(p.64)というレベルで説明が出ています。私は東京は長いし新宿は拠点なので映画の光景も知っている所が多いのですが、東京に行ったことがなくて聖地巡礼したい人なら、役に立つかもしれません。

写真は最近ミュシャ展を見に行ったときに撮ったサロン・ド・テロンドです。恥ずかしながら、映画見てから初めて行ったので、映画を見ていたときには全然気付きませんでしたが。私は奥寺先輩推しなので、デートの場面を知らなかったというのは残念です。

f:id:Phinloda:20170507172904j:plain


新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
KADOKAWA/角川書店
ISBN: 978-4041047804