Phinlodaのいつか読んだ本

実際に読んでみた本の寸評・奇評(笑)

雑記

雑記

今日もドタバタしていたので本はあまり読みませんでした。といいつつ定常的に読んでいる Python データサイエンスハンドブックは、機械学習のところまで来ました。今日ちゃちゃっと速読して片付けたのは、この本。 別に医学部を受験するわけではありませんが…

雑記

今日はちょっと体調がヘンなのでお休みします。「星の巡礼」は今日読み終えたので、そのうち評を書きます。今日は、あとがきに引用されているルーズベルト大統領のスピーチの一部、後半を紹介する。 しかし、実際によい行ないをするために努力する者、情熱と…

雑記

今日は少しグダグダだったので、不戦日記は明日に延期します。 昨日の、履物を盗まれる話。裸足で行くのではなく、何か履いて行って、盗まれたら他のを履いて帰ればいい、という案が出ているのですが、確かにそうです。最後の人に泣いてもらうロジックですね…

雑記

今日は打ち合わせとかありましたが、電車の中や待ち時間の間に不戦日記を、大空襲で大学が疎開するあたりまで読みました。これはそろそろ紹介を始めないといけないような気がしてきました。 ちょっと最近チラっと読んだのがこの本。 この種の本はいくつかあ…

雑記

昨日でこのブログが連続365日投稿になったようです。1年間毎日書いたということになりますが、雑記が案外多いので、何冊紹介できたかは謎ですね。といいつつ、今日も雑記ですが。 戦中派不戦日記の最初の方は、東京の大空襲のシーンが出てきますが、 勿論、…

雑記

毎度のことだが、今日も忙しくて本を読む暇はなかった。といいつつ最近読んでいる本なのだが。 どれか1つに集中すればいいのに、いろいろ手を出すから話がややこしくなってしまうのである。 星の巡礼Anniversary Edition 文庫パウロ・コエーリョ 著山川 紘矢…

雑記

今日は戦中派不戦日記を100ページまで読んだ。この本はまだ戦争中、空襲の場面とか出てくるのでなかなか進めない。 まだまとめる時間もないので、1つだけシーンを紹介しておく。 疎開の空地には、何万人という避難民がのたうち回って、火の海の熱気に泣き叫…

雑記

今日は「戦中派不戦日記」を少し読み始めましたが、これはまた重いですね。読破にかなりかかりそうです。 昨日紹介した「恋は雨上がりのように 10」の話を少し。このマンガには芥川龍之介の「羅生門」が出てきます。10巻は再掲なのですが、確か国語の補習の…

雑記 (Pythonデータサイエンスハンドブック)

今日はこの本を買いました。 買った後で気付いたのですが、結構カラーページが入ってますね。この種の本だと、カラーは光沢紙というものもありますが、普通紙にカラーなので買う時には気付きませんでした。 PythonデータサイエンスハンドブックJupyter、NumP…

雑記

今日もまだ風邪ぽなので、お休みです。 最近、掲示板を見ていると、SEになりたいという高校生が増えてきているような気がするのですが、何かネタでもあるのでしょうかね。今日はブラックは嫌なのでSEになりたい、みたいな質問があったような気がしますが、SE…

雑記

風邪はかなりやっつけました。まだ咳が出るのと、どうにも汗をかくので困ったものですが。今日も殆ど本は読んでいませんが、「デザインの作法」をちょっとだけ。 「作法」ですが、ソフトウェア作法(さくほう)というプログラマーの間では伝説の本があるので、…

雑記

これはいけません。風邪が悪化してきました。ということで今日は本格的にパスさせていただきます。 なお、先日購入した「詳解 OpenCV 3」ですが、今日は16章の「キーポイントと記述子」あたりを読みました。

雑記

今日も調子がアレなので書評はお休みでございます。そして本日読んでいたのはこの本。 割と小柄な本なのだが、定価:本体2,300円というのはちょっと意外だ。しかし中はなかなか面白い。 デザインの作法: 本は明るいおもちゃである松田 行正 著平凡社ISBN: 978…

雑記

今日はちょっとドタバタしたのでお休みです。OpenCV3の本は到着したので読み始めていますが、900ページほどあるのでそう簡単には終わらないような気がします。オライリーの OpenCV、前の版も持っているので、比較して紹介する予定です。

雑記 (詳解 OpenCV 3)

今日は電車の中で「教養としての10年代アニメ」を途中まで読んだ。この本、まとめようと最初は思っていたが、それはちょっと勘違いがあったようだ。この本は最初からまとめられているのである。だからまとめるのは無理だ。 ということで、もう少し読んだらま…

雑記

今日は何冊か本を買ったけど読む暇がありませんでした(笑)。買った本はこういうものです。 サラっと見たけど、なかなか面白いです。何で勉強するの、という質問への答は私の解釈と一致していたのでホッとしました。これも後日紹介したいです。 高3から追い抜…

雑記

毎日暇なしで申し訳ないですが、ん、何が申し訳ないのだろう。よくわからない話で申し訳ない。 今日はうっかりオフィスに置いてきてしまったのが、この本。 横山大観さんの絵の紹介というよりは伝記です。山アリ谷アリなのが面白いですが、後日ちゃんと紹介…

雑記

今日もアレなので雑記になります。図書館から借りてきた本が一冊あるのですが、読みきるのに時間がかかりそうです。 今日は久しぶりにWebでマンガを読みました。最近はマンガ喫茶に行ってないので、いくつか読んでおきたいのが溜まっているのですが、このよ…

雑記

今日は五月祭に行ってきたので読書なしです。歩数計を見ると12,005歩になっていました。本郷はだだっ広いので結構歩き回ったようです。古本を売っているコーナーがあったのですが、あまり見る暇もありませんでした。 何をしに行ったのかというと、栞を売って…

雑記

今日は教養としての10年代アニメ反逆編を最後まで読んで読み直したのですが、この本はかなり濃いので厳しいです。 大学の講義レベルということですが、哲学用語が散発的に出てくるとなかなかピンと来ないわけです。私の場合、デリダは読んでいるから脱構築あ…

雑記

今日も本を読んでいないので、そろそろ禁断症状が出るんじゃないか、という雰囲気のところで、今日サラっと読んだというか読み直していたのがコレです。 TensorFlow開発入門というタイトルですが、TenserFlow に対する入門ということで、Python や機械学習に…

雑記

今日も本を読んでいないので雑記になりますが、ちょっと見ていたのはこの雑誌。 この雑誌はたまにしか買わないのですが、今回は「Ruby最前線」を見たくて買ったのです。「Ruby2.5 での変更点」はコンパクトにまとまっていて、第4章「パフォーマンス改善 高速…

雑記

今日は本当に本を読まなかったような気がする。かなり珍しいことだ。で、本のネタがないので、国際信州学院大学の話を書きたいのだが、知ってますよね、じゃあ書かなくてもいいか(笑)。 本気で騙された人がいるというのが、この例のような場合ならともかく、…

雑記

今日は移動で忙しかったので本を読む暇は…ありましたけど(笑)。移動中は読めますねぇ、西行花伝は読破しました。もう一冊、別の本も読みました。そして今日紹介するのは、それとも違うこの本。 かなり疲れる本なので、これもサクっと読むわけにいかず、時間…

雑記

今日は「西行花伝」を50ページ程読みました。保元の乱の後崇徳上皇が崩御して祟るあたりのシーンです。あと1日あれば何とか読めそうな感じですが、これは評するのが難しいようです。 全体的には禅的な思想がベースになっているので個人的には分かりやすいの…

雑記

今日は「西行花伝」を少し読みましたが、まあほぼ読んでいないのでこのペースだと連休中に終わるかどうか。今は十四の帖に入ったところ、新院が讃岐に配流されたあたりです。全部で約700ページ程度の5/7 といったところですね。 一つ面白いと思ったところを…

雑記

今日はちょっと疲れたのでパス。今読んでいるのはコレ。 歌を一つ紹介 身を捨つる 人はまことに 捨つるかは 捨てぬ人こそ 捨つるなりけれ(p.379) この本、p.379でまだ半分位なんですよ。先は長い。 西行花伝新潮文庫辻 邦生 著ISBN: 978-4101068107

雑記

今日は休日なのでお休みということで、とりあえず最近読んだ本をちらっと紹介します。 既に解けている歴史的な難問を集めたものです。例えばこんな問題。 i^i の値は?(p.185) アイアイでおさるさん、じゃないですね。iのi乗です。i は虚数単位、2乗したら -1…

雑記

今日はいろいろコードを書いたりしたので本を読む暇は…ていうか雨で水濡れの本を作ってしまってかなりがっかりしている。 ということで、何となく紹介したいのは、ここではまだ出してなかったかな、月刊誌の「家主と地主」。 ネーミングからしてキャッチーで…

雑記

今日はいろいろやることがあって、銀行に行ったり、散髪に行ったりで、本を読む暇もなかったはずなのだが、実は2冊読んでるというのはおいといて、山田風太郎さんの「戦中派焼け跡日記」をちょろちょろと読み進めているので、そこから1つ紹介したい。 激変の…